脱毛後の運動を避けるべき理由

運動を避ける

施術後の運動を避けるべき理由

サロンや医療クリニックで施術してもらった後、「しばらく激しい運動は避けるようにして下さい」と注意されることがあります。

「大きな手術を受けたわけでもあるまいし、なぜ脱毛の施術で運動を禁じられるんだろう」と不思議に感じる人もいるかもしれません。

もちろん、これには然るべき理由があります。

まず、運動を避けるべき理由というのは「運動そのもの」にあるわけではありません。運動によって血行が良くなること、そして汗をかくことが問題なのです。

サロンでの光脱毛にしろ、医療クリニックでのレーザー脱毛にしろ、脱毛の原理は同じです。メラニン色素に反応する特殊な光(レーザー)によって毛根部分に熱を与え、毛乳頭や毛母細胞を弱体化。そのことで発毛を阻害します。

毛根部分だけがダメージを受ければいいのですが、その熱は毛穴や周辺の皮膚にまで伝わり、軽いやけど状態となります。

こうなると肌の潤いは失われ、バリア機能は低下。非常にデリケートな状態になり、わずかな刺激でも赤みやかゆみなどが生じやすいのです。

熱が伝わるのを防ぐために、ほとんどのサロンやクリニックでは肌を冷やしながら照射を行ったり、施術後も冷却ジェルを用いて肌をクールダウンしてくれます。

このように肌の熱を下げようとしているのに、その直後に激しい運動を行うと血行が良くなって体温が上がってしまい、苦労してクールダウンしていたことが無意味になってしまいます。

また、運動をすると汗が出てきますが、汗のせいで肌に雑菌が繁殖しやすくなります。

施術後は上記のように肌のバリア機能が低下しているため、雑菌が開いた毛穴に入りこむと、肌トラブルにつながります。

要するに、なぜ施術後の運動を禁じているのかというと、体温の上昇と雑菌による肌トラブルの発生・悪化を予防するためです。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ