全身脱毛の施術って寒いの?

寒い

全身脱毛の施術って寒いの?

脱毛サロンには全身脱毛を売りにしているところが多く、中にはコロリーのように全身脱毛のコースしかない店まであります。

それだけ全身脱毛自体に人気があるわけですが、ネットで口コミや体験談をチェックしていると「施術中、すごく寒さを感じた」という感想が目につきます。

なぜ寒く感じてしまったのでしょうか?

サロンで行なわれている脱毛法というのは、現在、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法、と4つあります。このうち、主流となっているのがIPL脱毛です。

IPLは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略。広帯域の光エネルギーがメラニン色素に作用し、毛根を弱体化させて毛を生やさないようにします。

光が毛根に当たると熱エネルギーに変わって組織にダメージを与えるのですが、この時、肌に日焼け跡があったりするとそこにも反応して熱を発することがあります。

熱が上がりすぎるとやけど状態になるため、それを防ぐために施術前に冷やしたジェルを置いたりしますが、数箇所を施術するだけならまだしも、全身脱毛の場合は全裸に近い状態で順番に冷却ジェルを置いていくわけです。これでは寒いと感じるのも当たり前です。

また施術後にもクールダウンのためにジェルを使うので、冷え性の人でなくても体が芯まで冷えてしまいます。

このような寒さの対策としては、スタッフに「寒いので部屋の温度をあげて下さい」と頼むのが1番。
店側でも慣れているのですぐに応じてくれます。

またジェルを使わない脱毛サロンもありますので、そちらを選ぶというのもひとつの方法です。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ