どうやって損をしないように家庭用脱毛器を選ぶか

脱毛が最近、ちょっとしたブームで、新規の脱毛サロンや医療クリニックが数え切れないほど増えています。
また、ムダ毛を自分自身で上手に処理しようと、家庭用脱毛器を買ってみる人も多くなっているようです。

「楽にムダ毛処理できるなら、自分も買ってみようかな」と考えている人もいるでしょうが、安い買い物とは決していえませんし、機器の種類も多くて目移りするくらいです。
その効果やメリットとデメリット、また自分に合うかどうかもきちんとわきまえておかないと、後悔することになりかねません。

そこでこのページを作ってみました。以下、家庭用脱毛器を使ってみたいという人のために、その選び方などについて詳細に解説していこうと思います。

そもそも家庭用脱毛器ってどんな器具?

家庭用脱毛器ってどんな器具?
以前はムダ毛の自己処理といえば、毛抜き、カミソリ、除毛クリーム、脱毛テープ、ワックスといった簡易な方法を使うしかありませんでした。

それらの方法は確かにすべて手軽ではありますが、毛穴や肌への刺激が強いのが欠点です。長期に渡って用いていると、肌荒れ、くすみ、黒ずみ(色素沈着)のほか、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルを生じがちです。

それがイヤな場合は、ムダ毛の専門家のいるサロンや医療クリニックで施術を受けるわけですが、何しろ最低でも数ヶ月、下手をすると数年に渡って店や医院に通い続ける必要があります。
それが面倒だという人も多いですし、その料金も安いとは言い難いものです。

家庭用脱毛器の登場は、そんな人たちにとってグッドニュースでした。家庭用脱毛器というのはカミソリや毛抜きとは違い、脱毛原理がサロンか医療クリニックと同じです。つまりメラニン色素に反応する光によって、毛根だけに損傷を与えるため、肌への負担がはるかに軽くてすみます。

ムダ毛を自己処理しても黒ずみなどを心配する必要がないというのは画期的で、家庭用脱毛器があっという間に購買層を獲得したのも当然のことでしょう。

価格に関しても、もちろんサロンや医療クリニックと契約するよりもリーズナブルですみます。ただ、本体だけでも最低2万円近くするために、いざ買うということになるとどうしても慎重になります。

以下の情報をしっかりと頭に入れ、自分の予算や体質に合うものを選びましょう。

家庭用脱毛器を選ぶときのコツは?

選ぶときのコツ
家庭用脱毛器はあくまで実用品ですから、「デザインが素晴らしいから」「製品が有名だから」などの理由で購入すると、失敗することが多いようです。

家庭用脱毛器選びで後悔しないためのポイントをいくつか挙げてみます——

使い勝手は優れているか?

ネットで家庭用脱毛器の口コミをチェックすると、

「効果が高いという評判だったので購入。ところが、実際に使用すると持ち手の部分が重くて疲れてしまう」

「照射面積が小さいので処理に時間がかかる上、打ち漏れが出る」

「動作音がうるさいので夜中には使えない」

といった書き込みが結構あります。以上のような使用感の悪さから、せっかく買ったのにいつの間にか使わなくなった、という人もいるようです。

こんなことを避けるために、購入する前に照射面積、最大出力レベル、連射機能について必ずチェックしましょう。また、近くに家電店があれば製品を実際に触り、その重さなどを調べた方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

家庭用脱毛器を買う時にありがちなのは、本体の価格だけをチェックして購入し、後悔してしまうパターン。

本体価格に関しては2万円台のリーズナブルなものから、10万円を越える高級品までいろいろありますが、使用するたびに消耗していくカートリッジなどのコストを忘れてはいけません。

購入前には、本体価格に加えてランニングコストがどれくらいになるかをチェックしましょう。

脱毛効果をよく知る

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛の方式が違いますが、家庭用脱毛器でも製品によって脱毛方式が異なります。現在メインなのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式といったところですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛したいパーツやどういう効果を上げたいのかは各自で違いますから、それらの脱毛方式の特徴を知っておいた方がいいでしょう。

また、「打ち漏れなく脱毛できるか」「顔やデリケートゾーンにも使えるか」などの細かい点も、できるだけ把握しておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3ポイントはきっちり押さえておいてください。

家庭用脱毛器を使う上での長所と短所

長所と短所

家庭用脱毛器の長所

・自分の好きな時間に、好きなパーツのムダ毛を処理できる
・サロンや医療クリニックへ行く面倒がなく、費用も安い
・脱毛器の出力レベルを自由に変えられるので、痛みが軽くてすむ

家庭用脱毛器の短所

・本体価格が廉価とはいえない上に、カートリッジを買い続ける必要がある
・海外の製品は日本人の肌向けに作られていないため、安全面での不安がある
・サロンや医療クリニックでの施術と比べると脱毛効果が低い
・手の届きにくい部位(背中など)は他人に手伝ってもらわないと脱毛できない
・もし処理中に炎症や火傷といったトラブルが生じても自己責任になってしまう

家庭用脱毛器によって永久脱毛はできる?

永久脱毛はできる?
家庭用脱毛器は、脱毛サロンや医療クリニックで使われている器械と原理的には同じものです。

毛根にダメージを与える特別な光を用いるわけですが、その照射出力は危険を及ぼさないように抑えられているので、現在のところ永久脱毛はできません。

なお、サロンで行っている脱毛は正確には抑毛です。したがって数年経つとまたムダ毛が生えてきます。

永久脱毛を希望するなら、医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器で用いられる脱毛方式は?

家庭用脱毛器で用いられる脱毛方式
家庭用脱毛器で用いられる脱毛方式には以下のものがあります——

フラッシュ式

フラッシュ式は全身を脱毛したい人に向いています。

こちらはサロンのマシンと仕組みが同じです。IPLという光を照射し、毛母細胞、毛乳頭などに損傷を与えて脱毛します。

フラッシュ式の長所のひとつは、他の方式のマシンより照射口が広いこと。

つまり1回で照射できる範囲が大きく、ショット数が少なくても広範囲の脱毛ができるということです。手間と費用が節約できるため、全身脱毛などにはピッタリ。

レーザー式より出力パワーは抑えられていて、肌が高温になることもないので、処理時の痛みもほとんど感じずにすみます。

完全な脱毛までに時間がかかる点が短所ですが、それでも約1年で自己処理が不要になります。

レーザー式

短期間で部分的にムダ毛処理をしたい、という場合はレーザー式がいいでしょう。

レーザー式脱毛器は医療クリニックのマシンと同じ仕組みです。IPL同様、光はムダ毛のメラニン色素だけに反応し、熱エネルギーへと変化。毛根部位に熱による損傷を与えます。

照射パワーは強く、脱毛効果はフラッシュ式よりも高くなります。

レーザー式脱毛器は照射口が小さく、狭い部位の毛根に損傷を及ぼすため、顔や指のムダ毛に向いています。

強い照射パワーのせいで脱毛期間も短くてすみ、2週間に1回のペースだと3ヶ月ほどで効果が実感できます。

ただ、広範囲の脱毛を行う場合、1回あたりの照射には時間が必要となります。

また、大きな欠点となるのが照射時の痛みです。「フラッシュ式よりはるかに強い」という感想が多く、痛みが苦手な人は忍耐が必要かもしれません。そのため、VIOのような肌の薄いパーツでは使いにくいでしょう。

また、シミ、ホクロ、日焼けといった色の濃いところだとレーザーが反応して火傷が生じることがあるので、それらの部分を避けて照射するようにしてください。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピンセットのようにムダ毛を挟んで脱毛処理をします。光は使わないので、目への影響が心配な顔の脱毛に向いています。

また、高周波によってムダ毛が抜けていくという方式なので、毛穴に損傷を与えずに脱毛ができます。ただ一本ずつ処理するため、広範囲の脱毛だと時間がかかります。習慣的に脱毛を行うなら、フラッシュ式やレーザー式の脱毛器の方がいいでしょう。

なお、上記のものと種類は違うのですが、「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても述べておきましょう。

サーミコン式脱毛器は、サーミコン(熱線)の熱がムダ毛を処理してくれます。フラッシュ式やレーザー式のように毛根にダメージを及ぼすものではありません。カミソリやクリームのように表面の毛を一時的に除去するだけです。

ただ毛先を丸くすることが可能なので、カミソリのようなチクチク感はありません。

そして「ローラー式」ですが、肌にローラーのついたヘッドを滑らせて毛を挟み、そのまま引き抜く、という脱毛方法を取っています。

要するに毛抜と同じですが、広範囲を一気に脱毛できる点がメリットです。もちろん毛抜同様、肌に負担をかけることになるため、あまりおすすめはしません。

家庭用脱毛器の価格はいくらくらい?

価格はいくらくらい?
家庭用脱毛器というのは、いくらくらいで売っているのでしょうか?

公式サイトなどを参照しながら、人気のある家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

ノーノーヘア…12,800円

エピレタ…17,800円

センスエピX…29,800円

ラヴィ(lavie)…39,800円

トリア…54,800円

ローワン…54,800円

フィリップス…66,880円

2PSクリスタル…69,800円

ケノン…69,800円

ダブルエピ…81,000円

レイボーテグランデ…108,000円

以上のデータで分かるように、脱毛器と言っても値段は様々です。
2万以下で購入できるノーノーヘアのような格安品から、10万円を越えるレイボーテグランデのようなものまで、自分の予算に合わせて選べるようになっています。

このうち、ほとんどがフラッシュ式のものですが、トリアだけがレーザー式、そしてノーノーヘアがサーミコン(熱線)式です。

買う際は本体価格だけに注意しがちですが、脱毛器の場合は消耗品であるカートリッジなどの付属品を忘れてはいけません。これらの付属品がないと脱毛そのものができなくなりますから、長く使おうとするなら必ず補給する必要があります。

本体を買う前に、その価格のほかに消耗品のランニングコストがどれぐらいになるか、自分で細かくチェックしておきましょう。その結果を参考にしながら、納得できる価格帯の機器を選ぶことが大事です。

たとえば上記の脱毛器のうち、特にポピュラーな4機種についてそのランニングコストを記してみると——

・ケノン
ワンショットの単価…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの単価…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの単価…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの単価…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

これらを見て、「ワンショットあたりの値段の違いは、たった0.05〜0.1円か」と思う人がいるかもしれません。しかし家庭用脱毛器でムダ毛処理をする場合、効果を上げるために同じパーツに2週間に1度は光を照射し続ける必要があります。つまり、たった0.1円と考えていても、そのランニングコストは徐々に上乗せされていくわけです。

また、しばしば見落とされがちなのが「照射範囲」です。ワンショットごとの照射範囲が広ければ広いほど、ショット数は減少していきますから、それだけランニングコストは節約されます。レーザー式のトリアなどはレーザーを狭い範囲にしか照射できず、フラッシュ式であるケノンやラヴィと比較すると、その照射面積は2分の1以下になってしまいます。

ムダ毛を処理したい肌の面積が広い人は、機種によってワンショットごとの単価と照射面積がどれくらいかをよくチェックしておきましょう。その上でなるべくリーズナブルなものを選んで下さい。

以上、損をしない家庭用脱毛器の選び方について解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で書いたように、家庭用脱毛器はフラッシュ式、レーザー式などの脱毛方式によって効果がかなり異なります。
また本体の値段だけでなく、使い続ける際のランニングコストをよく考慮するのも大事です。

このサイトの情報を参考にしながら自分の予算や目的に合ったものを選び、上手にムダ毛処理をするようにしてください。