脱毛の副作用

副作用を気にする

施術による副作用にはどんなものがあるの?

現在サロンや医療クリニックで主におこなわれている脱毛法は、光やレーザーによってムダ毛の毛乳頭や毛母細胞に損傷を与えるというもの。高熱を加えますから、周りの皮膚への影響がどうしても生じてしまいます。

もちろん冷やしたジェルなどで熱が上がりすぎないように対応はしているのですが、ある程度の副作用は避けられません。

ではどんな副作用があるのでしょうか——

皮膚の炎症(赤み)

上記のようにサロンやクリニックでは施術時に特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー)を肌に照射します。
その光はメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化。その高熱によって毛根組織にダメージを与え、発毛機能を衰えさせることで脱毛効果を得ます。

このため、毛根の周りの皮膚にも熱が移って、どうしても軽い炎症が起こります。
確かに副作用なのですが、毛根への効果が上がっている証拠でもあります。

やけど

施術者が調整を間違えて照射威力を上げすぎてしまうと、毛根部分ばかりでなく周辺の肌へもダメージを与え、軽い炎症ばかりでなく、やけどの症状を起こすことがあります。

また肌の乾燥が進んでコンディションが良くない人の場合、やけどのリスクが高まります。

もし施術後に肌がずっとヒリヒリするようでしたら、すぐにサロンやクリニックに連絡し、適切な対策を取ってもらうようにしましょう。

硬毛化

光やレーザーの刺激によって産毛などの細い毛が太くなってしまう現象が「硬毛化」です。

これについては自然現象なので予防しようがありません。
ただ、再び脱毛処理を行えば解決できることが多いようです。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ