脱毛の基本知識

脱毛の後遺症について

安全性を考える

クリニックのレーザー脱毛って安全なの?

現在の脱毛の施術では、光を使った脱毛法が使われています。

脱毛サロンではIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つの脱毛法がありますが、いずれも毛根、あるいは毛包とよばれるところに光を照射。それらの組織を弱体化させて脱毛効果を得ています。

医療クリニックでは、アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどのレーザー光を使用。サロンと同じように光をメラニン色素に反応させて毛根の組織を破壊し、毛が生えないようにします。

照射威力の強い方はレーザーで、毛根が完全に破壊されることもあって再びムダ毛が生えてくる確率はグッと少なくなります。

ただ威力が強いだけあって、脱毛の初心者の中には以下のような不安を抱く人もいるようです——

「レーザーで施術してもらうと皮膚癌になりやすくなるのでは?」
「内臓に悪い影響がありそう」
「レーザーを照射しすぎるとシミが残ってしまうって本当なの?」

以上のようなことが本当なのか、日本医学脱毛協会に聞いてみたところ、まず医療用のレーザーで皮膚癌が発生することはありません。逆に皮膚癌の原因とされるシミやほくろが薄くなる場合もあるそうです。

またレーザーに関しても、YAGを除けばすべて可視光線で波長が短く、皮膚の表面までしか届きません。ですから、内臓に悪い影響を及ぼすことはあり得ないわけです。

確かにレーザーは照射パワーが強いため、時には肌に炎症を起こしたり、赤み、むくみなどの副作用が起こることもありますが、施術を担当しているのは医師免許を持っている人ですから、適切な処置を即座に受けることができます。

後遺症の心配もありませんので、永久脱毛を考えている人はクリニックで施術してもらうといいでしょう。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

メンズ脱毛

メンズ脱毛について考える

メンズ脱毛に関するQ&A

Q.男の脱毛は女性より痛いの?

男性の毛は女性よりも太くしっかり生えていますから、どうしても処理の時に光の照射が強くなり、痛みを感じる場合が多いようです。
特に鼻下当たりは痛みを感じやすい部位になっています。

痛みを軽減したいなら、医療クリニックではなく、サロンの光脱毛の施術にした方がいいでしょう。ただ、照射威力は弱いので、脱毛完了までに時間がかかってしまいます。

Q.脱毛が終わるまで何回通えばいいの?

部位や個人の体質によって差があるのですが、毛が薄い人ならサロンの光脱毛で10回、クリニックのレーザー脱毛なら5回の照射で脱毛が完了するといわれています。

毛が濃い人の場合は、光脱毛で18回、レーザー脱毛で8回ほどでしょうか。

回数はそれぐらいですみますが、毛周期のサイクルを待つ必要があるので、施術の間隔は1ヶ月から2ヶ月ほど必要です。
ですから、脱毛完了までは最短でも1年ほどかかると考えた方がいいでしょう。

Q.完全なツルツルではなく、ちょっと薄くする感じにできる?

スネやVラインは、あまりツルツルにはしたくない部位です。ちょっと薄くするということは照射回数によって可能ですから、最初のカウンセリングの時にスタッフにリクエストすればいいでしょう。

Q.また毛は復活できる?

医療クリニックでレーザー脱毛をすると毛乳頭が完全に破壊されてしまい、毛が生えてくることはなくなります。もしまた生やしたいと思うなら、脱毛サロンで光脱毛の施術を受けるべきです。

Q.男でもVIO脱毛をする人はいるの?

男性へのアンケートでも、VIOはヒゲに続いて「脱毛したい」部位として人気です。
特にOラインは見栄えを良くするため、脱毛処理してもらう人が増えているようです。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

デリケートゾーンの脱毛

人気を呼ぶ

人気を呼ぶVIO脱毛とは?

脱毛する人が急増し、専門のサロンも乱立するようになりました。
それらのサロンの多くが「VIO脱毛」ができることを大きく宣伝しています。

VIOとは、デリケートゾーンの3つの部位。つまり、VIO脱毛というのはアンダーヘアの脱毛を指します。「ハイジニーナ脱毛」という名前でも知られ、こちらは「hygiene」(「衛生」)から派生した造語。その名の通り、デリケートゾーンを脱毛で衛生的にする意味が込められています。

VIOについてもっと詳しく説明すると——

Vライン

デリケートゾーンの上部、ビキニラインのこと。下着・水着のラインからアンダーヘアがはみ出ないように脱毛します。

Iライン

足の付け根と陰部の間の部位を指します。脱毛によって、生理中のムレ・かぶれ、におい、雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

Oライン

肛門の周囲のこと。Iラインと同じく、脱毛することで菌を減らして衛生的にします。

なお、Vラインの処理範囲はほとんどのサロンで調整ができます。

不自然さがない「逆三角形」、丸みがあってフェミニンな「オーバル型」、脚が長く見える「Iライン型」、逆三角形を細めにした「Uライン型」など、自分の好みの形に脱毛していくことができるので、ぜひカウンセリングの際、スタッフと相談してみましょう。

脱毛にかかる日数ですが、デリケートゾーンは太い毛が多いこともあって、他の部位に比べると長くなってしまいます。
個人差はありますが、3ヶ月ごとに6回〜12回くらい通えばいいでしょう。

VIO脱毛によってムレ・かぶれから解放され、露出度の高い下着・水着も気楽に着られるようになります。
女性らしさをアピールするためにも、1度挑戦してみてはどうでしょうか?

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンで脱毛するメリットとデメリット

top管理人が脱毛に通うようになって3年が経過しました。
充実に毛量は減っていて今はほとんど生えなくなってきました。
3年間体験してきての私の思うメリット、デメリットを説明します。

脱毛サロンに通うデメリット

まずはデメリットから、それは毛が抜けた部分からはなかなか生えなくなるので、
大切な用事があるという時には気にしながら調整しなくてはいけいないことです。
私は脱毛でも特にVIO脱毛をしています。毛量調整をするために全体に照射している状態です。
VIO脱毛だと照射後、数日をかけて毛が抜けてきます。
抜けたあとは、3か月くらい生えてこなくなります。
そのため、毛量を減らして、毛が生えてから形を整えるのですが…
なかなか生えてこなくなってしまうので、彼氏の前・温泉に行くときなどは、
毛が生えていないので非常に恥ずかしい思いをいします。

脱毛サロンに通うメリット

何にもよりも自分で届かない部分も綺麗になる!ということです。
そしてきれいになれば、見えない部分にも気を使わなくていいですし、手入れが不要です!
特に背中やうなじ、VIOはきれいにしておきたい場所です。
私は今はいつみられてもすべすべ状態のお肌です。
自分で処理をするには時間もかかるし、手入れにはかなりの時間を要します。
でも、脱毛ならスタッフさんが隅から隅まで手入れしてくれるので、いつでもきれいでいれます!

確実に毛量を減らしたい、毛を生えなくしたいなら絶対に脱毛サロンに通うべきです。
自分でお手入れをする時代なんてもう遅いと思います。
だれにいつみられてもいい女子としての身だしなみの一部だと思います!

浜松脱毛ランキングTOPへ