脱毛コラム

脱毛のデメリット

デメリット

脱毛に関するデメリットって?

最近は有名タレントを起用したCMもテレビで流れるようになり、すっかり脱毛は一般女性に定着したようです。
以前のようにワキ・足ばかりでなく、デリケートゾーンの脱毛にも人気が集まり、それを売りにしたサロンまで登場しています。

脱毛をすすめる記事や広告も雑誌・ネットにあふれていて、メリットばかりが強調されているのですが、もちろんいくつかのデメリットも存在します。

広告では言及されないデメリットとはどんなものなのか、簡単にまとめてみました——

脱毛が完了するまでに日数がかかる

サロンの場合、脱毛完了までの施術の回数は12〜18回前後といわれています。

これだけ聞くと「1週間に1度の頻度で通えば3ヶ月くらいで終わる」と勘違いしてしまう人がいるかもしれません。ところが一般の脱毛サロンでは、毛が生え変わるサイクルに合わせて施術するため、2ヶ月に1度のペースでしか来店できないのです。

つまり脱毛が終わるまで、2年以上のサロン通いを覚悟する必要があります。

料金が思ったよりも高くつく

これは上記の「日数がかかる」にも関連するのですが、安上がりだと思って月額制プランを選ぶ場合は注意が必要です。

月額プランの場合、部位を分けて施術を行います。これだと、1回の施術範囲が狭いと終了までの日数が長くなり、料金も上がってしまいます。

1回ごとの金額は確かに回数プランよりもリーズナブルなのですが、2〜3年も続くとその合計額は25万円近くになるでしょう。決して安い金額とはいえません。

肌への刺激を感じやすくなる

毛は別に意味なく生えているわけではありません。元々皮膚を保護する役割を持っています。そのため、脱毛後は肌への刺激を感じやすくなるようです。

いかがでしょうか。脱毛の際は、以上のようなデメリットも考慮に入れて下さい。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の服装について

施術時にふさわしい服装はあるの?

サロンや医療クリニックでは、ワキやデリケートゾーンなど、普段人があまりジロジロと観察しないところも施術してもらうことになります。

脱毛に慣れていない人などは、施術部位を見せやすい服で行くべきなのか、迷ってしまうかもしれません。

結論を先に述べれば、脱毛サロンや医療クリニックに出かける時の服装は基本的にどんなものでもかまいません。
特にサロンなど、施術用に特別なガウンを用意しているところが多く、施術前にはその服装に着替えることになります。

ただ、脱毛サロンは予約が詰まっており、施術スケジュールは厳格に決められています。
その時間が狂ってくると店のスタッフが嫌がることが多いので、念のために短い時間で着替えられる服装で行く方がいいでしょう。

施術後は肌への刺激に注意する

脱毛の施術では光やレーザーを照射し、毛乳頭や毛母細胞といった毛根の組織に高熱を加えるため、周辺の毛穴が軽いやけど状態になります。そのため、脱毛後の肌はバリア機能が低下し、非常にデリケートな状態におちいります。

このため、普段から肌が敏感だという人は、かゆみ、炎症などの肌トラブルを起こしかねません。

サロンやクリニックへ行く時の服装は別になんでもかまわないのですが、施術後の無用な肌トラブルを回避するには、なるべく肌への負担が少ない、ゆったりとしたものを着るべきです。

さらに、「通気性を良くする」「刺激の少ない天然素材の生地を選ぶ」「日焼けを防止するため、露出の多い服はやめる」など、デリケートな肌を守る工夫をしましょう。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の副作用

副作用を気にする

施術による副作用にはどんなものがあるの?

現在サロンや医療クリニックで主におこなわれている脱毛法は、光やレーザーによってムダ毛の毛乳頭や毛母細胞に損傷を与えるというもの。高熱を加えますから、周りの皮膚への影響がどうしても生じてしまいます。

もちろん冷やしたジェルなどで熱が上がりすぎないように対応はしているのですが、ある程度の副作用は避けられません。

ではどんな副作用があるのでしょうか——

皮膚の炎症(赤み)

上記のようにサロンやクリニックでは施術時に特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー)を肌に照射します。
その光はメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化。その高熱によって毛根組織にダメージを与え、発毛機能を衰えさせることで脱毛効果を得ます。

このため、毛根の周りの皮膚にも熱が移って、どうしても軽い炎症が起こります。
確かに副作用なのですが、毛根への効果が上がっている証拠でもあります。

やけど

施術者が調整を間違えて照射威力を上げすぎてしまうと、毛根部分ばかりでなく周辺の肌へもダメージを与え、軽い炎症ばかりでなく、やけどの症状を起こすことがあります。

また肌の乾燥が進んでコンディションが良くない人の場合、やけどのリスクが高まります。

もし施術後に肌がずっとヒリヒリするようでしたら、すぐにサロンやクリニックに連絡し、適切な対策を取ってもらうようにしましょう。

硬毛化

光やレーザーの刺激によって産毛などの細い毛が太くなってしまう現象が「硬毛化」です。

これについては自然現象なので予防しようがありません。
ただ、再び脱毛処理を行えば解決できることが多いようです。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛のoラインについて

恥ずかしい

Oラインの脱毛って恥ずかしい?

脱毛サロンもここ数年急激に数が増えましたが、「VIO脱毛が可能」ということを盛んにアピールしている店も多いようです。

VIOというのは——

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(粘膜部分を除いた小陰唇・大陰唇の周辺)
・Oライン(肛門を中心とした直径6センチくらいの部分)

の3つです。これで分かる通り、VIO脱毛はアンダーヘアの脱毛を指します。

このうち、VラインとIラインは鏡を使えば自分でも様子がよく見える部分ということもあって、アンケートでも「処理してもらいたい部位」として上位にきます。

ところが、Oラインは自分では全く見えませんから、「特にムダ毛処理する必要はないのでは?」と思い込んでしまうようです。

ただ、肛門周りを脱毛すると、ムレの不快感やニオイも軽減でき、衛生的です。

また、エッチの時も体位によってはOラインのムダ毛は目立ってきますので、脱毛しておく方がパートナーに不快感を与えないですみます。

サロンで実際に施術してもらう際は、店側が用意した紙パンツを着用します。それをスタッフがずらし、手でお尻を広げながら、IPL(フラッシュ)を照射していくわけです。

サロンによって体勢は違いますが、「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらかになるようです。うつ伏せの方が恥ずかしさがマシなので、スタッフの人にリクエストするといいでしょう。

施術そのものは10分〜15分と短かめ。その間は恥ずかしくても我慢して下さい。また、繰り返し施術していくうちに、見られることにも抵抗がなくなります。

わずかの施術によって肛門周りが衛生的になるので、Oライン脱毛はおすすめです。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ワキガの悪臭を改善してくれるワキ脱毛

ワキガの悪臭を改善

ワキガの悪臭に悩む
脇の下からは、たまに悪臭が生じています。人によっては、ワキガなどで悩んでいる事もあるでしょう。

ところでその悪臭は、脇の下に存在する体毛と大きな関連性があります。もしも悪臭を改善したいと望むなら、脇脱毛を前向きに検討してみるのが良いでしょう。それは、雑菌類の温床に関わってくるからです。

そもそも悪臭が生じてしまう理由は、たいてい体の周辺に存在する悪玉菌です。人体の周辺には、必ずと言って良いほど多数の菌類が存在します。それで厄介なのは、悪玉というタイプなのです。

そのタイプは、常に悪い臭いを放出しています。ワキガなどの不快な臭いも、たいていは悪玉菌に原因があります。

このため悪玉菌を減少させるのが大切なのですが、そのためには悪玉菌の温床を知っておく必要はあります。脇の下に存在する体毛が、その1つなのです。

ワキガの状態が悪化

やはり脇の下に多くの体毛が存在すると、悪玉菌は繁殖しやすくなります。それでワキガの状態が悪化してしまう訳です。

ところが脇の下に対する脱毛を行ってあげると、純粋に脇の下に存在する体毛のボリュームは、大きく減少するでしょう。脱毛サロンなどで何回か施術を受け続けると、自然と自己処理も不要になります。

つまり脇脱毛を行えば、ワキガの臭いも解消されると見込まれるのです。ですから悪臭を何とかしたい時には、脇脱毛を検討してみると良いでしょう。

脱毛サロンの勧誘を断るには他のサロンと比較してからと言う

勧誘を上手く断るテクニック

勧誘を上手く断る
脱毛サロンでは施術をしているときにいろいろな勧誘を受ける可能性があります。

そういったときに備えてあらかじめ勧誘を上手く断るテクニックを備えておくと良いと言えます。

しかし、具体的にはどういうテクニックがあるのでしょうか?1つ重要なのは、ここで即決できないという態度を示すということです。

そうすれば、脱毛サロンのスタッフもそれ以上の勧誘をする意味がないと考えて、しつこい勧誘をしてこないと言えるのではないか?と思うのです。

では、この場では即決できないという態度はどうやって示すべきなのか?というと、他の脱毛サロンも体験してから決めたいということを言うと良いと思います。

つまり、勧誘に興味を示しつつも、他のサロンにも行ってみて、そこと比較したいと言えば、この場では絶対に決められません。

どうしても断りたいときには、、、

したがって、そういう言い方をすると脱毛サロンの人間も諦めてくれる可能性が高くなると言えると思います。

実際、そういう人は多いと思いますし、脱毛サロンを利用する人の行動としては自然だと思いますから、疑われることもないのではないか?と思います。

脱毛サロンでしつこい勧誘を受けて、どうしても断りたいときにはこういった手を使うと、すんなり勧誘が終わる可能性があるので、こういうテクニックは覚えておくと良いと思います。

埋没毛ができて肌を見せたくない 処理するにはどうしたらいい?

埋没毛
美容上の悩みはたくさんあります。埋没毛もその一つ。そんな困った埋没毛はなぜできてその処理はどうしたらできるのでしょうか。

埋没毛ができる理由

脇や足に黒いブツブツができて悩んでいる人がいます。それは埋没毛かもしれません。間違っている自己処理によって無駄毛を剃ったり抜いたりしたために起きている症状です。

 そのまま放置しておけば炎症になり、毛嚢炎の原因にもなってしまいます。それにできた埋没毛をピンセットなどで強引に引く抜くと、炎症が起きてブツブツやかさぶたになります。

 これでは肌を露出する事ができなくなってしまいます。

埋没毛を処理するには

 まずはクリニックでのレーザー脱毛です。これは埋没毛の処理にも有効です。医療レーザーは出力が強力ですから、深い毛根まで直接破壊する事が可能です。1度壊した毛根からは毛が生えてこなくなるので、埋没毛を解消できます。

 またクリニックによっては先に医療器具を使い埋没毛を表に出してから、レーザー照射する所もあります。自分で埋没毛を処理したい時には、スクラブを利用しましょう。スクラブとは種子や樹脂、塩などの細かい粒が含まれていて、ボディスクラブやスクラブ洗顔料が販売されています。

 スクラブで肌を擦ると、毛が伸びる事を防いでいる古い角質を除去する事ができます。その事で毛が排出されやすいのです。埋没毛が起きている人はまずはスクラブでそれでもダメならクリニックでレーザー脱毛を受けてみるといいでしょう。

産後のムダ毛は処理はかなり難しい理由

産後のムダ毛は処理

産後のムダ毛処理
妊娠中は子供のために、色々なことを我慢しているわけではありますが、妊娠中にはムダ毛が伸びてくることが多くこれを処理したいと思うわけです。

そして、産後になったときに無駄毛を処理できるからといってさろんにむかおうというようなことになるのですが、

産後に脱毛に向かうのは基本的におすすめできない理由があります。

産後の女性の身体に関しては、今まで妊娠のためのホルモンバランスになっているところが、産後になって急にバランスが変わるような譲許になっています。

ですのでホルモンバランスが通常の時よりも崩れており、とてもデリケートな状態にあります。

産後にいきなりやることは避けましょう

こういった状態で脱毛を行ったとしても、毛根細胞が機能していないものが多かったり、毛周期が乱れているのでレーザーが反応しないものもでてきます。

こういった状況では、脱毛の施術をしてもきちんと効果を得ることができない可能性がありえます。

このことはレーザー脱毛や光脱毛などといった光線を使ってムダ毛を処理する方法にはほぼあてはまるものです。

出産直後の脱毛は通常のクリニックであるのなら控えるようになっており、申し込んでもお断りされるでしょう。

やるとするのなら産後から半年〜1年経って、身体の状態が安定してからやることをお勧めします。

ですので、産後にいきなりやることは避けましょう。

アンダーヘアの脱毛にクリームを使うときの注意点

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛方法としては脱毛クリームを使うというものが1つあって、それを使って脱毛することもできますけど、注意点もあります。

脱毛クリームというのは、脱毛したい場所に専用のクリームを塗って放置してから洗い流すというシンプルな作業で済むのですが、クリームを塗るというのは意外と肌にとって刺激になることがあります。

というのも、クリームを塗るとどうしてもそのクリームが肌に合わないという可能性が出てくるのです。肌に合わないクリームを塗り続けると、当然肌に影響が出てくることになるので、それは避けた方が良いのかな?とも思えてくると思います。

ただ、これは実際にクリームを塗ってみないと分からないことでもあるので、刺激になるか?どうかも人によるということになってしまいます。

だから、脱毛クリームが合う人もいるし、合わない人もいるという話であって、全員にとって望ましくないというわけではないのです。

まずはパッチテスト

そういう部分についても知っておいてほしいのですが、過去に脱毛クリームを使って脱毛をした経験のある人であれば、恐らくそれをアンダーヘアの脱毛に使っても問題はなさそうな気がします。

だから、そういう人は良いと思いますけど、そうじゃない人はまずはパッチテストみたいなのをやってみて、それで問題なければ使うという感じにすると良いのではないか?と思います。