脱毛コラム

メンズ脱毛サロンをどう選ぶか

かつて脱毛は、高い料金、施術の特殊さなどのせいで「お金持ちのぜいたく」というイメージがありました。その後、少し料金が下がりましたが、相変わらず「施術の痛みがひどい」「勧誘が悪質でしつこい」などの悪い口コミもあり、一般の人間とは無縁な美容術にとどまっていました。

ところが近年は事情が一変。
美容意識の向上もあってクリニックやサロンが急増し、OLはもちろん、十代の女の子までが施術に通う時代になっています。

しかもこの脱毛人気は女性だけにとどまらず、男性も例外ではないとか……。実際、男性も通える脱毛サロンが何軒かオープンし、かなりの繁盛ぶりを見せています。

体毛やヒゲの濃い男性などは「一度自分も脱毛にトライしてみたい」と思っているでしょうが、脱毛に関する知識が乏しいために迷っている人も多いようです。

そこでこのサイトでは、メンズ脱毛サロンにスポットを当て、様々な情報を紹介してみたいと思います。脱毛未経験者の男性は、ぜひ店舗選びの参考にしてください。

脱毛の歴史と光脱毛

脱毛の歴史
20年前までは脱毛というと、「毛穴に針を挿入し、そこに電気を通す」という施術場面を想像する人が結構いました。

実はこのイメージは間違いではありません。実際に20世紀末まで、サロンでは針に似た電極を毛穴に差し込むという原始的ともいえる方法で、ムダ毛の脱毛をおこなっていたのです。

ここで少しだけ脱毛の歴史を振り返ってみましょう。

紀元前4000年からおこなわれていた脱毛

ムダ毛を脱毛するという行為は文明の始まりとともにおこなわれていました。紀元前3000〜4000年頃の古代オリエントや地中海地方では、石灰や硫黄を材料とした脱毛剤が用いられていたことが、古い文献の解読で分かっています。

そして紀元前1500年ごろは、蓮の葉、油、カバの脂肪を混ぜ合わせた脱毛剤がエジプトで使われ、紀元前30年の同じ地でも、あのクレオパトラが当時の薬で脱毛をおこなっていました。

以後、近代文明が到来するまで、ムダ毛処理は延々と続けられてきますが、どれも自然由来の材料を使うか、毛抜のようなツールを用いるものばかり……。
紀元前の方法とそれほど異なるものではありませんでした。

電気を用いた脱毛の始まり

しかし19世紀末となり、ようやく脱毛にも科学的な方法がとられるようになります。その始まりとなったのが、アメリカの眼科医チャールズ・ミッチェルが提唱した「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスの開業医だったミッチェルは、逆さまつ毛の治療のために細い電極を使い、毛根の水酸化ナトリウムを凝固化させることに成功します。これで発毛機能は破壊され、逆さまつ毛が伸びなくなったのです。

この方法を記した論文が1875年になって発表されると、同じ手法で他の部位の毛を処理する医師が現れ、徐々に「電気分解脱毛法」は合衆国全体に広がっていきます。しかし、この脱毛方法は電極を手作業で毛穴に入れていくため、手間と時間がかかりました。

それでも半永久的に毛が生えてこないためにこの方法は人気となり、マシンとなったものが改良の末、日本にも輸入されました。
そして二昔前まで「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれて代表的な脱毛方法となってきたのです。

光を用いた脱毛方法の考案

ところがこの美容電気脱毛に取って代わる方法が出現します。それが特殊な光線を用いた脱毛方法です。

この方法は、毛根に直接的なアプローチをしない、という点で革命的でした。波長を調節された光は、ひとつの色だけに作用する性質を持っています。この特性を利用し、ムダ毛に含有されているメラニン色素にその光を反応させます。
すると毛根は高熱に包まれ、その熱によって発毛機能がダメージを受けてしまうのです。

この光を用いた脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに大別されます。

そしてすべての脱毛サロンで使用されているのが、光脱毛の方です。

光脱毛にはどんなものがある?

光脱毛にはどんなものがある?
ここで光脱毛について、さらに細かく見ていきましょう。

光脱毛の光線には様々なものが使われますが、いずれも肌に射出されると毛に3%含まれるメラニンに吸収されます(この時、周りの組織に悪い影響は与えません)。

光線は吸収されると高熱に変化。その熱が毛根にダメージを与え、発毛を阻害するわけです。この熱によって生えている毛も抜けてしまい、施術を繰り返すごとに本数が減少していき、狭いパーツなら10回もいかないうちに無毛状態になります。

現在、光脱毛には「IPL方式」、「SSC方式」、「ハイパースキン法」、「SHR方式」の4種類があります。順番に解説しましょう。

最初に、IPL方式。これはサロンで最もよく導入されている脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」とも言われています)。照射の標的とするのは発毛をうながす毛乳頭とその周辺の細胞で、2、3ヶ月に1回というペースで照射をおこなっているうちに、段々と脱毛効果が出てきます。

欠点は少し痛みがあること。ただ輪ゴムで弾いたような軽いもので、我慢できないほどではありません。

次にSSC方式。この方式の最大の特徴は使用されるライトです。IPL方式ではキセノンランプというものを使い、インテンスパルスライトという光線を射出します。そしてSSC方式では、クリプトンライトという光線を使います。

キセノンランプはそれ自体に脱毛効果が備わっていますが、クリプトンライトは単独では効果をもちません。

ではどうやって施術するのかというと、まず肌に専用のジェルを塗ります。

その上で光線を当てると毛根部分が損傷を受け、発毛が止まるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光のパワーが弱くても効果がある、という点。ジェルとの併用によって効果を上げるため、高熱にしなくても問題ありません。したがって痛みも軽減されるわけです。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」は最も新しい脱毛方法。両方とも毛根の一部であるバルジ領域を標的にするところが、これまでの方法と違うところです。

特にハイパースキン法はメラニン色素とは無関係に脱毛できるのが長所。痛みが皆無なため、子供さんでも施術が可能です。

医療脱毛との相違点

医療脱毛との相違点
上の項目では、脱毛方法の変遷と光脱毛の種類について解説しました。そこで書いた通り、現在では大部分の脱毛サロンで光脱毛による施術がおこなわれています。

ところで、今メインになっている脱毛方法には、上記の光脱毛のほかに、「レーザー脱毛」があります。これは光脱毛とどういう点が違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、その名が示す通り、レーザー光線を使った脱毛方法。もともとレーザー光線は、波長に応じて一定の色に作用する性質を備えています。つまり、青、黒、赤といった色のついたモノがあれば、局所的に熱を加え、その組織にダメージを与えることができるわけです。医療現場でもこの特性を用いて手術がおこなわれています。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな相違点は、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えるパワーにあります。

レーザー光というのは、光脱毛の光線よりも波長が長く、肌の奥の毛根部分にしっかり到達します。
そのため、発毛機能は完全に破壊されることが多く、脱毛効果が一生続く確率が高くなります。

それだけレーザーのパワーは強いため、医師免許を持った人でないと施術はできません。

ただレーザーの施術は強い痛みが伴うことが多く、肌トラブルが生じる可能性もあります。

光脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

光脱毛の1番の利点は、何と言っても施術コストが安いこと。

医療クリニックのレーザー脱毛と比較すると、1回の施術コストが2分の1以下の場合もあります。

また、光脱毛の機器を操作するのに特別な資格は必要ありません。上で記したように医療レーザー脱毛の場合は医師でなければ施術不可ですが、サロンなら多くのエステティシャンが施術できます。つまり、たくさんの顧客に対応できるため、予約が入れやすいということ。

クリニックの大きなデメリットは予約がすぐ埋まってしまうところですが、光脱毛なら最初の施術が1ヶ月も先になる、ということもまずありません。

次の利点は肌に刺激が少なく、施術時の痛みがほとんどないこと。そのため、肌が敏感な人、痛みが苦手な人には光脱毛がもってこいです。

レーザー脱毛は光線にパワーがあるために痛みも激烈になります。そのため、施術時には笑気麻酔などの軽い麻酔を使う場合もありますが、光脱毛ではそんな心配はありません。

麻酔を使うとなると追加料金がかかることが多いので、その点でも光脱毛は助かります。

そして最後の利点ですが、光脱毛にはコースが豊富なため、自分に合った施術内容にできます。

部分脱毛、全身脱毛の選択はもちろん、店舗によっては他のエステコースと組み合わせることもできます。

難点

光脱毛は「脱毛」と名前はついていますが、実は「抑毛」あるいは「減毛」という方がよく、施術した後、一生毛が伸びてこないわけではありません。その点、クリニックのレーザー脱毛は半永久的な脱毛ができます。

ただ再生するにしても、毛が細くなったり、発毛機能が弱体化したりするので、減毛効果はちゃんとあります。

また、光脱毛だと納得できる効果を得られるまで日数がかかります。光脱毛はレーザー脱毛よりもパワーが抑えられているため、1回の施術で期待できる成果はさほどでもありません。痛みが少ないという点はいいのですが、施術回数が多くなるのはデメリットです。
コースによっては、クリニックの数倍ほどサロンに出かける必要が出てきます。

通う回数が多くなると、下手をするとレーザー脱毛より高額になることもあるので注意が必要です。

そしてもうひとつの難点に、産毛への効果が出にくいことが挙げられます。

産毛はメラニン色素の含有量が少なく、光線が作用しにくくなっています。サロンでどうしても脱毛しきれない場合は、ニードル脱毛かレーザー脱毛に頼らなければなりません。

サロン選びの留意点

サロン選びの留意点

料金の体系は?

サロンは多種多様な店があるだけに、料金体系も色々です。ただ大雑把に分けると、「月額制」と「ローン」の2つになります。

月額で定額制なら安心と見なされがちですが、施術期間が長くなるとかえって高額になる可能性もあります。

また「月額制で回数も無制限」だとものすごくお得な感じがしますが、どれくらいのペースで施術してもらえるかによってお得感は変わります。「1回あたり何分」なのかもチェックが必要でしょう。

たとえば1回10分で、施術が1週間に1度だと、「1ヶ月あたり40分」が実際の施術時間となります。40分でどれくらいの面積を処理できるかによって、安いか高いかの判断がつきます。

また、顧客の多いサロンは予約が取りにくいケースが多いので、結果的に月4回も施術できないことになりがち。

契約してから「しまった」と思わないためにも、事前にできるだけ情報を確認しておきましょう。

希望部位の価格を確認する

サロンで「〇〇を脱毛してもらうと、いくらかかりますか?」と聞くと、「普通は〇円です」などという答えが戻ってくると思います。ただ女性客の多いサロンだと注意が必要です。

というのも男性の場合は毛が女性より太く、量も多いので、普通よりも施術コストがかかることが多いのです。

毛質や毛の量を調べて、なるべく正しい費用を教えてくれるサロンもあるかもしれませんが、女性より高額になりがちだということを覚悟しておく方がいいでしょう。

「追加料金」は発生する?

月額制やローンの金額以外に、追加料金が発生するかどうか、しっかり調べておきましょう。

サロンで脱毛する場合、「ホームケア用品を購入してください」と言われる場合があります。それがコース料金に入っているのかいないのか、チェックしておくことが大事です。

延長する場合の費用はどうなっているか?

契約金額分の施術を受けた後、まだ納得できない人は、追加で施術してもらえます。

その際、ローンだと「最初の契約はいくら、追加施術をするといくら」と料金が決まっているサロンがあります。
追加施術があまりに高額だと困りますので、あらかじめ確認してください。

以上、脱毛未経験の男性のために、脱毛全般とメンズ脱毛サロンの情報を詳しく紹介してみました。

冒頭で述べたように、現在、脱毛はブームと言っていい状況です。それだけサロンの数も増え、競争も激化しています。
ディスカウントなどのサービスも目白押しなので、公式サイトなどを比較しながら、上手に脱毛してもらうようにしましょう。

医療脱毛クリニックをどう選ぶか

以前は「金持ちのぜいたくだ」と見なされていた脱毛も、料金の値下げと美容意識の向上もあって、かなり一般的なものになりました。駅のホームや電車内の広告、タレントを使ったテレビのコマーシャルなどを見て、「自分も施術してもらおうか」と考える人もいるでしょう。

いざ施術してもらうとなったら、脱毛サロンか医療クリニックのどちらかと契約することになります。
店舗数が多いことから、以前はサロンを選ぶ人が多かったのですが、近年は医療クリニックの利点を知る人が多くなり、その利用者も増えてきています。

そこでこのサイトでは、脱毛の初心者のため、医療クリニックについて解説することにしました。
その脱毛方法や利点・難点、クリニックを選ぶ際のポイントなどについて、以下の項目で詳しく書いていきます。

医療クリニックでの脱毛について

医療クリニック
上で書いたように、プロに脱毛してもらうためにはサロンか医療クリニックに出かける必要があります。どちらも特殊なマシンを使ってムダ毛処理をしてくれるところは同じなのですが、異なる点もずいぶんあります。

では、サロンと異なる医療クリニックの特徴とは、どんなところなのでしょう?

1)レーザー光線で施術をおこなう

まず第1の特徴ですが、医療クリニックではレーザー光線を用いて脱毛の施術をおこないます。
このレーザー脱毛という技術は、ハーバード大学のアンダーソン教授による「選択的光熱凝固理論」を応用して開発されたもので、脱毛の歴史に革命を起こしました。

それまでの脱毛というのは、主にプローブという電気針を使ったもので、美容電気脱毛(ニードル脱毛)と名付けられていました。これはアメリカで逆さまつ毛を処理するのに使われたのが始まりで(150年近く前です)、プローブを毛穴に直接刺し、電気を通して毛根部位を破壊します。

この方法は脱毛効果は群を抜いているのですが、なにしろ手作業で毛の1本1本を処理するために手間がかかり、それだけ施術費用も高くなってしまいます。
しかも針を刺して電気を流す痛みというのがかなりのもので、施術を受ける側はそれに耐えなければなりません。

この状況に変革をもたらしたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛というのは、単一の波長のライト(レーザー)を増幅し、直接肌に当てる方法です。元来レーザー光線は、波長の長さの違いにより、別々の色や物質に作用する性質を持っています。つまり、赤、青、黒といった色のついたモノがあれば、そこだけに熱を集中的に加え、その組織に損傷を与えることができるわけです。
医療現場でも、このレーザーの性質を使って色々な手術がおこなわれています。

脱毛では、皮下の毛に含有される黒いメラニン色素が対象物になるよう、波長を調整します。そのレーザー光線を当てると、皮下のメラニン色素に熱が吸収されます。すると毛が伝導体となり、その熱が毛包全体に伝わっていきます。やがてその熱がさらに広がっていくと、毛の成長をつかさどる毛球部の毛母細胞を破壊することになり、発毛をストップできるのです。

この方法の利点は、レーザーの波長が単一ということでメラニン色素のみに作用し、表皮や周りの細胞を破壊することがないという点。
おかげで直接肌にレーザー光線を照射することができ、スピーディーに施術がおこなえます。

発明された時はレーザーの種類はひとつだけでしたが、現在ではアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど、何種類もの光線を照射できる機器がそろっていて、手入れする部位や個人の毛の性質に合わせて選択できるようになっています。

2)永久脱毛ができる

脱毛というと「一旦施術してしまえば、その部位からは二度とムダ毛が生えてこなくなる」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛根というのはかなり頑丈な器官で、その発毛機能は多少のダメージではビクともしません。1回レーザーを当てたくらいでは効果が低い上に、毛には発毛のサイクル(毛周期)があるため、それに合わせて何回も施術をおこなう必要があります。そうやって長期間に渡って照射を繰り返すうちに毛が薄くなり、部位が無毛状態になってきます。

サロンでの施術でも、クリニックと同様、マシンの光を使って脱毛を行ないますが、その照射出力が段違いに低いため、発毛器官はただちょっと衰えるだけです。そのために数年くらいすると毛根が活力を取り戻し、毛がまた成長してしまいます。

その点、医療クリニックではパワーの強いレーザー光線を使うため、照射された部位のムダ毛が再生する可能性は低くなっています。
つまりいわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)必ず医師がマシンを操作する

上でも書きましたが、サロンで使用されているマシンは光を使って毛根に損傷を与えるものではありますが、レーザー脱毛ではありません。その光とレーザー光線では、損傷力において銃弾と砲弾ほどの相違があります。「危険性が低い」とされているので、サロンでは機器を扱うのに特別の資格はいりません。

ところがレーザー脱毛の場合、毛根を死滅させるほどの威力を持っていますから、操作ミスをすると大変なトラブルにつながりかねません。そのため機器を扱うのは、いざという時に対応可能な医師に限られています。もちろん、ケガなどへの応急処置ができる設備もそろっていますから、その点は安心です。

医療脱毛の利点・難点

医療脱毛の利点・難点

利点

・医者が常に側にいるために安心感が違う
・施術による効果が群を抜いていて、肌が確実に無毛状態になる
・脱毛完了までの回数がサロンよりもずっと少なく、日数も短い

難点

・サロンと比べて、はるかに施術料が高い
・レーザー光線を当てられた時の痛みが相当強い
・「美容クリニック」という名がついていると、「整形をやっている」と勘違いされる

医療クリニックと脱毛サロンはどの点が違うのか?

どの点が違うのか?
上の文章で、クリニックと脱毛サロンの違いについて少しだけ触れましたが、ここでさらにいくつかの相違をまとめておきます——

料金

脱毛サロンは競うように雑誌に宣伝を載せていますが、そこにはビックリするような値下げ価格が大きく書かれています。それでお分かりのように、サロンの主要なセールスポイントはその施術料にあります。

一方、医療脱毛クリニックの費用はめったにディスカウントされず、上記の「難点」のセクションで述べたように決して格安とは言えません。

ここで具体的に、脱毛サロン、医療クリニックの2つについて、脱毛完了までの費用の相場がどれくらいなのかを列記してみましょう。

まず脱毛サロンです。全国展開をしている計20社のウェブサイトから、部位ごとの平均施術料を出してみたところ——

・全身……¥164,700
・ワキ……¥16,833
・顔……¥41,033
・VIO……¥58,633
・腕(ヒジ上)……¥47,800
・腕(ヒジ下)……¥48,600
・足(ヒザ上)……¥56,300
・足(ヒザ下)……¥55,100
・背中(上下)……¥71,600
・うなじ……¥19,000

ということになりました。

次に医療クリニックです。こちらもネットにおける感想件数の多いクリニック20院の平均費用を出してみると——

・全身……¥401,945
・ワキ……¥14,825
・顔……¥131,325
・VIO……¥67,975
・腕(ヒジ上)……¥83,375
・腕(ヒジ下)……¥82,500
・足(ヒザ上)……¥108,750
・足(ヒザ下)……¥100,500
・背中(上下)……¥91,917
・うなじ……¥57,250

という結果になりました。

以上で分かる通り、医療クリニックの方が脱毛サロンよりもはるかに費用が高くなっています。
特に顔脱毛に関しては、クリニックで脱毛してもらうとサロンの3倍以上の料金となります。

効果

上のセクションで述べたように、脱毛サロンと医療クリニックでは使用されているマシン、つまり脱毛方法が違い、したがってその効果にも相違があります。

脱毛サロンの場合、現在メインで使われているのは、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛は1回の照射範囲が広く、広い部位のムダ毛を処理することができます。そのために施術が素早くでき、しかも光の出力が抑えられているために痛みも軽微。サロンの脱毛方法で最も広く使われているもので、フラッシュ脱毛、光脱毛という別名があります。

さらに各方法によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、サロンの場合は脱毛というより、毛根を弱体化する「減毛」にすぎず、無毛状態になったとしても、その状態は数年しかもちません。

一方、上記のように医療クリニックでは施術にレーザー光線が用いられています。

レーザー光線には、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどの種類があり、各自違った波長を備えていますが、いずれもそのパワーはサロンとは比較になりません。

確実にムダ毛を処理したいなら、やはりクリニックで脱毛すべきです。

保証

保証については、脱毛サロンと医療クリニックでさほどの違いはありません。

十分満足できるまで何年間も施術に通うことが可能な「永久保証」、有効期限を所定の日数だけ延長できる「期間保証」、コース解約の時に余った費用を返してくれる「返金保証」などは、サロン、クリニックの両方でおこなっています。

ただ当然ですが、店舗や医院によってその保証の数や条件が違いますので、事前に公式サイトなどを調べておくことが大切です。

その他

サロンと医療クリニックの違いに関して、意外に見落とされがちなのが、支店(支院)の数についてです。

「そこの何が重要なの?」と戸惑われるかもしれませんが、脱毛というのは毛周期に合わせてムダ毛処理をおこなうため、どうしても完了までの日数が長くなります。つまり、最低数ヶ月、さらに全身脱毛のような大掛かりなプランになると、数年間はサロンやクリニックに通うことが避けられません。

それほどの日数になると、通う側の生活環境が変わってしまうことがあります。
引っ越し・転勤などがそうですが、遠い場所へ移るとなると、今まで施術してもらっていたサロンやクリニックの支店・支院がなく、それまでに支払った施術料、あるいは契約料が無駄になってしまう可能性があります。

全身脱毛ともなると前払いでも10万円を越える費用が求められますから、引っ越しなどによってそれをドブに捨てる羽目におちいりかねません。

サロンだと、名前の知られた店は北海道から九州沖縄まで支店を展開していることが多く、どこに移っても脱毛を続けられます。ところがクリニックの場合はそれほどの規模のところはめったになく、支院数は大都市を中心にほんの数院という場合が多いようです。

その点を考えれば、仕事の関係で引っ越しが多い人など、大抵の都道府県に支店のあるサロンの方がいいかもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時に注意したいポイント

注意したいポイント

費用がリーズナブルか?

脱毛する時、やはり真っ先にチェックしたいのは料金です。

一般的に医療クリニックはサロンより高いのですが、たとえばコマーシャルで知られている「湘南美容外科クリニック」などは初回の部分脱毛が格安になっていて、両脇を6回施術してもらってもたった1,000円です。

その他にも部位やプランによって特別料金を設けているところがあるので、ぜひチェックしてみてください。

施術時の痛みはどうか?

医療クリニックの大きな欠点といえるのが施術時の痛みです。最近ではそれをカバーしようと、新しいマシンを使っているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では冷却しながら脱毛できる「ジェントルレーズプロ」を導入しています。これなら痛みが相当軽減できる上、麻酔も無料でかけてもらえるので、痛みに弱い人にはもってこいでしょう。

支院の数はどうか?

そのクリニックにどれだけの支院があるか、というのは重要です。

流行っているということで信頼も寄せられますし、支院が数キロ圏内にいくつかあると、予約の取りやすさが全然違います。
また「リゼクリニック」などは全国展開していて、引っ越し先でもそのまま脱毛を続けられる可能性が高くなります。

以上、医療脱毛クリニックについての情報を色々説明してみました。いかがだったでしょうか。

脱毛の未体験者にとっては、費用の高さや堅苦しい印象もあって、サロンよりもクリニックの方が敷居が高いと思います。
でも、脱毛効果を考慮すると、クリニックの利点というのは捨てがたいものです。

どうか上記の情報を参考に、自分に合ったクリニックを選んでください。

どうやって損をしないように家庭用脱毛器を選ぶか

脱毛が最近、ちょっとしたブームで、新規の脱毛サロンや医療クリニックが数え切れないほど増えています。
また、ムダ毛を自分自身で上手に処理しようと、家庭用脱毛器を買ってみる人も多くなっているようです。

「楽にムダ毛処理できるなら、自分も買ってみようかな」と考えている人もいるでしょうが、安い買い物とは決していえませんし、機器の種類も多くて目移りするくらいです。
その効果やメリットとデメリット、また自分に合うかどうかもきちんとわきまえておかないと、後悔することになりかねません。

そこでこのページを作ってみました。以下、家庭用脱毛器を使ってみたいという人のために、その選び方などについて詳細に解説していこうと思います。

そもそも家庭用脱毛器ってどんな器具?

家庭用脱毛器ってどんな器具?
以前はムダ毛の自己処理といえば、毛抜き、カミソリ、除毛クリーム、脱毛テープ、ワックスといった簡易な方法を使うしかありませんでした。

それらの方法は確かにすべて手軽ではありますが、毛穴や肌への刺激が強いのが欠点です。長期に渡って用いていると、肌荒れ、くすみ、黒ずみ(色素沈着)のほか、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルを生じがちです。

それがイヤな場合は、ムダ毛の専門家のいるサロンや医療クリニックで施術を受けるわけですが、何しろ最低でも数ヶ月、下手をすると数年に渡って店や医院に通い続ける必要があります。
それが面倒だという人も多いですし、その料金も安いとは言い難いものです。

家庭用脱毛器の登場は、そんな人たちにとってグッドニュースでした。家庭用脱毛器というのはカミソリや毛抜きとは違い、脱毛原理がサロンか医療クリニックと同じです。つまりメラニン色素に反応する光によって、毛根だけに損傷を与えるため、肌への負担がはるかに軽くてすみます。

ムダ毛を自己処理しても黒ずみなどを心配する必要がないというのは画期的で、家庭用脱毛器があっという間に購買層を獲得したのも当然のことでしょう。

価格に関しても、もちろんサロンや医療クリニックと契約するよりもリーズナブルですみます。ただ、本体だけでも最低2万円近くするために、いざ買うということになるとどうしても慎重になります。

以下の情報をしっかりと頭に入れ、自分の予算や体質に合うものを選びましょう。

家庭用脱毛器を選ぶときのコツは?

選ぶときのコツ
家庭用脱毛器はあくまで実用品ですから、「デザインが素晴らしいから」「製品が有名だから」などの理由で購入すると、失敗することが多いようです。

家庭用脱毛器選びで後悔しないためのポイントをいくつか挙げてみます——

使い勝手は優れているか?

ネットで家庭用脱毛器の口コミをチェックすると、

「効果が高いという評判だったので購入。ところが、実際に使用すると持ち手の部分が重くて疲れてしまう」

「照射面積が小さいので処理に時間がかかる上、打ち漏れが出る」

「動作音がうるさいので夜中には使えない」

といった書き込みが結構あります。以上のような使用感の悪さから、せっかく買ったのにいつの間にか使わなくなった、という人もいるようです。

こんなことを避けるために、購入する前に照射面積、最大出力レベル、連射機能について必ずチェックしましょう。また、近くに家電店があれば製品を実際に触り、その重さなどを調べた方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

家庭用脱毛器を買う時にありがちなのは、本体の価格だけをチェックして購入し、後悔してしまうパターン。

本体価格に関しては2万円台のリーズナブルなものから、10万円を越える高級品までいろいろありますが、使用するたびに消耗していくカートリッジなどのコストを忘れてはいけません。

購入前には、本体価格に加えてランニングコストがどれくらいになるかをチェックしましょう。

脱毛効果をよく知る

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛の方式が違いますが、家庭用脱毛器でも製品によって脱毛方式が異なります。現在メインなのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式といったところですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛したいパーツやどういう効果を上げたいのかは各自で違いますから、それらの脱毛方式の特徴を知っておいた方がいいでしょう。

また、「打ち漏れなく脱毛できるか」「顔やデリケートゾーンにも使えるか」などの細かい点も、できるだけ把握しておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3ポイントはきっちり押さえておいてください。

家庭用脱毛器を使う上での長所と短所

長所と短所

家庭用脱毛器の長所

・自分の好きな時間に、好きなパーツのムダ毛を処理できる
・サロンや医療クリニックへ行く面倒がなく、費用も安い
・脱毛器の出力レベルを自由に変えられるので、痛みが軽くてすむ

家庭用脱毛器の短所

・本体価格が廉価とはいえない上に、カートリッジを買い続ける必要がある
・海外の製品は日本人の肌向けに作られていないため、安全面での不安がある
・サロンや医療クリニックでの施術と比べると脱毛効果が低い
・手の届きにくい部位(背中など)は他人に手伝ってもらわないと脱毛できない
・もし処理中に炎症や火傷といったトラブルが生じても自己責任になってしまう

家庭用脱毛器によって永久脱毛はできる?

永久脱毛はできる?
家庭用脱毛器は、脱毛サロンや医療クリニックで使われている器械と原理的には同じものです。

毛根にダメージを与える特別な光を用いるわけですが、その照射出力は危険を及ぼさないように抑えられているので、現在のところ永久脱毛はできません。

なお、サロンで行っている脱毛は正確には抑毛です。したがって数年経つとまたムダ毛が生えてきます。

永久脱毛を希望するなら、医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器で用いられる脱毛方式は?

家庭用脱毛器で用いられる脱毛方式
家庭用脱毛器で用いられる脱毛方式には以下のものがあります——

フラッシュ式

フラッシュ式は全身を脱毛したい人に向いています。

こちらはサロンのマシンと仕組みが同じです。IPLという光を照射し、毛母細胞、毛乳頭などに損傷を与えて脱毛します。

フラッシュ式の長所のひとつは、他の方式のマシンより照射口が広いこと。

つまり1回で照射できる範囲が大きく、ショット数が少なくても広範囲の脱毛ができるということです。手間と費用が節約できるため、全身脱毛などにはピッタリ。

レーザー式より出力パワーは抑えられていて、肌が高温になることもないので、処理時の痛みもほとんど感じずにすみます。

完全な脱毛までに時間がかかる点が短所ですが、それでも約1年で自己処理が不要になります。

レーザー式

短期間で部分的にムダ毛処理をしたい、という場合はレーザー式がいいでしょう。

レーザー式脱毛器は医療クリニックのマシンと同じ仕組みです。IPL同様、光はムダ毛のメラニン色素だけに反応し、熱エネルギーへと変化。毛根部位に熱による損傷を与えます。

照射パワーは強く、脱毛効果はフラッシュ式よりも高くなります。

レーザー式脱毛器は照射口が小さく、狭い部位の毛根に損傷を及ぼすため、顔や指のムダ毛に向いています。

強い照射パワーのせいで脱毛期間も短くてすみ、2週間に1回のペースだと3ヶ月ほどで効果が実感できます。

ただ、広範囲の脱毛を行う場合、1回あたりの照射には時間が必要となります。

また、大きな欠点となるのが照射時の痛みです。「フラッシュ式よりはるかに強い」という感想が多く、痛みが苦手な人は忍耐が必要かもしれません。そのため、VIOのような肌の薄いパーツでは使いにくいでしょう。

また、シミ、ホクロ、日焼けといった色の濃いところだとレーザーが反応して火傷が生じることがあるので、それらの部分を避けて照射するようにしてください。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピンセットのようにムダ毛を挟んで脱毛処理をします。光は使わないので、目への影響が心配な顔の脱毛に向いています。

また、高周波によってムダ毛が抜けていくという方式なので、毛穴に損傷を与えずに脱毛ができます。ただ一本ずつ処理するため、広範囲の脱毛だと時間がかかります。習慣的に脱毛を行うなら、フラッシュ式やレーザー式の脱毛器の方がいいでしょう。

なお、上記のものと種類は違うのですが、「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても述べておきましょう。

サーミコン式脱毛器は、サーミコン(熱線)の熱がムダ毛を処理してくれます。フラッシュ式やレーザー式のように毛根にダメージを及ぼすものではありません。カミソリやクリームのように表面の毛を一時的に除去するだけです。

ただ毛先を丸くすることが可能なので、カミソリのようなチクチク感はありません。

そして「ローラー式」ですが、肌にローラーのついたヘッドを滑らせて毛を挟み、そのまま引き抜く、という脱毛方法を取っています。

要するに毛抜と同じですが、広範囲を一気に脱毛できる点がメリットです。もちろん毛抜同様、肌に負担をかけることになるため、あまりおすすめはしません。

家庭用脱毛器の価格はいくらくらい?

価格はいくらくらい?
家庭用脱毛器というのは、いくらくらいで売っているのでしょうか?

公式サイトなどを参照しながら、人気のある家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

ノーノーヘア…12,800円

エピレタ…17,800円

センスエピX…29,800円

ラヴィ(lavie)…39,800円

トリア…54,800円

ローワン…54,800円

フィリップス…66,880円

2PSクリスタル…69,800円

ケノン…69,800円

ダブルエピ…81,000円

レイボーテグランデ…108,000円

以上のデータで分かるように、脱毛器と言っても値段は様々です。
2万以下で購入できるノーノーヘアのような格安品から、10万円を越えるレイボーテグランデのようなものまで、自分の予算に合わせて選べるようになっています。

このうち、ほとんどがフラッシュ式のものですが、トリアだけがレーザー式、そしてノーノーヘアがサーミコン(熱線)式です。

買う際は本体価格だけに注意しがちですが、脱毛器の場合は消耗品であるカートリッジなどの付属品を忘れてはいけません。これらの付属品がないと脱毛そのものができなくなりますから、長く使おうとするなら必ず補給する必要があります。

本体を買う前に、その価格のほかに消耗品のランニングコストがどれぐらいになるか、自分で細かくチェックしておきましょう。その結果を参考にしながら、納得できる価格帯の機器を選ぶことが大事です。

たとえば上記の脱毛器のうち、特にポピュラーな4機種についてそのランニングコストを記してみると——

・ケノン
ワンショットの単価…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの単価…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの単価…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの単価…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

これらを見て、「ワンショットあたりの値段の違いは、たった0.05〜0.1円か」と思う人がいるかもしれません。しかし家庭用脱毛器でムダ毛処理をする場合、効果を上げるために同じパーツに2週間に1度は光を照射し続ける必要があります。つまり、たった0.1円と考えていても、そのランニングコストは徐々に上乗せされていくわけです。

また、しばしば見落とされがちなのが「照射範囲」です。ワンショットごとの照射範囲が広ければ広いほど、ショット数は減少していきますから、それだけランニングコストは節約されます。レーザー式のトリアなどはレーザーを狭い範囲にしか照射できず、フラッシュ式であるケノンやラヴィと比較すると、その照射面積は2分の1以下になってしまいます。

ムダ毛を処理したい肌の面積が広い人は、機種によってワンショットごとの単価と照射面積がどれくらいかをよくチェックしておきましょう。その上でなるべくリーズナブルなものを選んで下さい。

以上、損をしない家庭用脱毛器の選び方について解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で書いたように、家庭用脱毛器はフラッシュ式、レーザー式などの脱毛方式によって効果がかなり異なります。
また本体の値段だけでなく、使い続ける際のランニングコストをよく考慮するのも大事です。

このサイトの情報を参考にしながら自分の予算や目的に合ったものを選び、上手にムダ毛処理をするようにしてください。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@浜松

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

浜松で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

浜松にあるミュゼの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111-2
アクトタワー3F
イオン浜松西店 静岡県浜松市西区入野町6244-1
イオン浜松西3F

浜松のミュゼの店舗イメージ

浜松のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ浜松

浜松にあるジェイエステティックの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市東区上西町1020-1 浜松プラザ・フレスポ 2F
JR/遠州鉄道 浜松駅より車で約15分
東名高速道路浜松ICより車で約15分
県道45号線沿い 浜松プラザ・フレスポ 2F

浜松のジェイエステの店舗イメージ

浜松のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ浜松

浜松にある脱毛ラボの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市中区鍛冶町1-37オーシャンビル4F
新浜松駅のスクランブル交差点のシャンボール前を元イトーヨーカドー方面に数メートル進んで頂くと左手にワインバーが。そのビルの4階。

浜松の脱毛ラボの店舗イメージ

浜松の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

背中脱毛をする前に知っておきたい3つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.背中脱毛で効果を発揮できる方式とは?
3.背中脱毛についての疑問と回答

1.サロン選びの際の注意点!

背中脱毛をするなら、サロンか医療クリニックのどちらかと契約する必要があります。

比較検討するために、それぞれの施術料を一覧にしてみることにしました。

まずはサロンから。サロンで施術を受けると、脱毛完了には最低でも12回はかかりますので、12回の合計額をあげてみます。

・ジェイエステ……97,200円[-32,484円] ・エピレ……134,424円[-116,260円] ・銀座カラー(リーズナブルコース)……136,036円[+6,352円] ・ディオーネ……168,480円[+38,796円] ・ミュゼ……233,280円[+103,596円]

(カッコ内の数値は、上記5店舗の平均費用129,684円との差額)

続いてクリニックです。クリニックの場合、脱毛に最低必要なのは5回なので、5回の値段をあげてみます(ただし湘南美容クリニックは6回)。

・リゼクリニック……79,800円[-45,286円] ・アリシアクリニック……110,000円[-15,086円] ・クレアクリニック……110,592円[-14,494円] ・レジーナクリニック……116,640円[-8,446円] ・トイトイトイクリニック……135,648円[+10,562円] ・表参道スキンクリニック……160,920円[+35,834円] ・湘南美容クリニック……162,000円[+36,914円]

(カッコ内の数値は、上記7クリニックの平均費用125,086円との差額)

こうして見てみると、医療クリニックの方が回数が少なく、費用が安くつくことがわかります。

2.なぜ背中の脱毛効果は上がりにくいのか?

ほかの部位に比べると、背中脱毛は効果が中々あらわれません。

それは他の部位より背中の毛が細いのが原因です。

また脱毛サロンや医療クリニックで用いられているマシンの種類によっても、効果の優劣、そして完了までのスピードに違いが出てくる、とされています。

サロンでの脱毛には、主にIPL脱毛と呼ばれる方式が使われています。

これはもともとエステサロンで、「フォトフェイシャル」という施術のために使われていたものです。IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系のライトが、シミ、くすみ、毛穴の引き締めなどに効果を発揮していました。

ところが、その施術を受けていた客から「毛が薄くなった」という意見が多数寄せられたため、「ひょっとしたらIPLには発毛機能を阻害する効果があるかもしれない」ということになり、検証テストが行われました。そして効果が確かめられたため、サロンで脱毛用として流用されるようになったのです。

IPLは照射時間が長いため、広範囲の肌に当てることができます。ですから、背中や足などの面積の広い部位にはピッタリ。効率的ということで、施術料も安価、というメリットがあります。

ただ、もともと顔のケア用に作られただけに、毛根に作用する威力はそれほど強くありません。

一方、医療クリニックで主に使われているのは「レーザー脱毛」という方式です。これは文字通り、レーザー光を肌に照射して脱毛効果を上げる、というもの。

実は脱毛の原理自体は、レーザー脱毛もIPL脱毛も同じです。レーザー光もIPLも、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化する特徴を備えています。

直接肌に照射すると、メラニン色素を含んだ組織、つまり毛と毛根で熱に変わり、それらに大きな損傷を与えます。特に毛根には毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった組織があるので、その発毛機能が弱体化し、ムダ毛が伸びてこないようになるわけです。

ただ原理は同一でも、両者の照射パワーは比較になりません。レーザー光の場合は破壊力がものすごく、毛根の組織は完膚なきまでに壊されます。そのため、うまくいくとその部位は一生ツルツルのままになります(これがいわゆる「永久脱毛」です)。

ではレーザー光なら背中脱毛でも効果が高いのでは、と思われるでしょうが、そう簡単にはいきません。

なぜかというと、上述したように背中の毛は細いものが多く、レーザー光を照射しても肝心の熱反応が生じにくいからです。

「じゃあ効果的な脱毛方法はないのか?」ということになりますが、それは以下のセクションで解説していきます。

3.背中脱毛で効果を発揮できる方式とは?

背中脱毛の効果的な方法はいくつかあります。

それらは以下の通りです——

・サロンのS.S.C.方式での施術
・ダイオードレーザーを使った施術
・美容電気脱毛

ひとつずつ説明していきましょう。

最初に、S.S.C.方式です。これはイタリアのDEKA社が開発したもので、S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」を略したもの。

それまで主流だったIPL方式との最大の差は、機械だけでなく専用のジェルを用いること。このジェルには独自に作られた成分「フィリニーブ」が配合されています。

このフィリニーブにはサルチル酸、尿素、セイヨウシロヤナギのエキスといった天然由来の物質が含まれていて、ライトと併用されることで毛根部位に浸透。優れた脱毛効果を発揮します。

上述したようにライトだけを使う脱毛では、背中の毛にはあまり効果がありません。
しかしジェルを使うS.S.C.方式なら、メラニン色素とは無関係に脱毛できるので、背中の毛にも大きな効果が期待できます。

続いて、ダイオードレーザーを使った脱毛です。

先に述べたようにクリニックではレーザー光で脱毛しますが、使われるレーザーには次のように3つの種類があります。

・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー
・ダイオードレーザー

この3つはそれぞれ特徴を備えているのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高い出力で施術できるのが大きなメリットです。

レーザー光の基準に「パルス持続時間」がありますが、ダイオードレーザーは、3/1000秒と非常に短いため、パワーを高くできるのです(それに、毛の色や太さ、肌の色に関わりなく施術できるという特徴もあります)。

ダイオードレーザーの機種には、「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」がありますので、これらを導入している医療クリニックに通えばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。こちらは「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」とも呼ばれ、以前は脱毛といえばこの方式が取られていました。

その方法ですが、レーザー系の光線を使う現行方式とは違い、毛穴に「絶縁針」あるいは「プローブ」という特別な針を刺し、電気反応を起こして毛根部位を破壊する、というものです。

針は絶縁加工されているので、メラニン色素で熱に変わる光線とは違って、毛穴そのものには影響を及ぼしません。直接毛根に電気を流すために破壊力が大きく、効果はレーザー脱毛よりも高いと言われています。

そのために背中脱毛でも効果は群を抜いており、確実に毛を処理できます。

ただ大きな欠点は、針を刺すという方法なので、痛みがどうしても激しいということ。

また一つ一つの毛穴を処理していくので、脱毛終了までに相当な期間と費用がかかります。それらのデメリットを理解した上でこの方式をチョイスすれば、他の方法よりも効果的に脱毛できます。

以上、方法を3つ紹介しました。

このうち、最も安上がりで済むのがS.S.C.方式です。自分の毛の質を考慮し、効果が簡単に上がりそうなら、S.S.C.方式で施術してもらうのがベストでしょう。

ただ確実に脱毛したいと思ったら、美容電気脱毛が第一候補となります。

4.背中脱毛についての疑問と回答

背中脱毛をしてもらう時の疑問点についてまとめてみました。

Q.施術後、部位がかゆくなると聞いたけど?

確かに施術してもらうと肌が一時的に乾くので、部位にかゆみが起こることがあります。

かゆみを防ぐには、アフターケアに気を配っているサロンや医療クリニックを選ぶことが肝心です(サロンの場合は施術後にローションを塗るなど、ほとんどの店で保湿に気をつけているようです)。

なお、帰宅してからも、保湿ケアは続けて下さい。ひとりで背中にローションやクリームを塗るのはなかなか難しいのですが、手の届く範囲で頑張ってみましょう。

Q.硬毛化が起こりやすくなるって本当?

硬毛化というのは、本来は細い毛なのに、何かのきっかけで濃くなってしまう現象を指します。確かに脱毛すると硬毛化が起こることがありますが、科学的に施術が原因かどうかは突き止められていません。

硬毛化は避けたいことですが、一時的に毛が濃くなっても、脱毛マシンやその方法を替えるなどして施術を続ければ、他のムダ毛と同じように処理は可能です。

Q.施術で背中にあるニキビが治るって本当?

脱毛を終えれば、確かに背中にあるニキビが治っていくようです。

なぜそうなるのかというと、毛穴の周りの炎症や皮脂の詰まりが改善されるからです。

背中にニキビができるのは、肌の表面付近の毛穴の角質が厚くなったり、皮脂が溜まったりするからです。脱毛が完了すれば開いていた毛穴が締まってくるので、周辺の肌トラブルも少なくなってニキビができにくくなります。

ただ、注意しなければならないのは、施術直後です。熱のせいで肌が乾くので、皮脂の分泌量が一時的ではありますが増えてしまいます。そうなるとニキビも発生しやすくなりますから、施術後はクリームや化粧水を用いて保湿を怠らないようにして下さい。

Q.施術前日にはシェービングしなければならないの?

確かに、施術前日に該当部位を電気シェーバーで処理する必要があります。

ただ、ひとりで背中の毛を剃るのは難しいでしょう。サロンやクリニックによってはサービスで処理してくれるところもありますから、それを利用しましょう。

たとえばキレイモというサロンだと、4つの部位(うなじ、背中、ヒップ、Oライン)はスタッフにシェービングを頼めます。

月額料金プランの場合、複数部位をシェービングしても料金は1,000円しかかかりません。

またパックプランだと、すべて無料でシェービングをやってもらえます。

以上、背中脱毛に関する情報を細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

夏を迎えると海水浴やバカンスに行く機会もあり、普段は隠している背中を人目にさらすことが多くなります。
脱毛をしてムダ毛をなくし、他人が見ても恥ずかしくない肌にしましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@浜松

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

浜松でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

浜松にあるミュゼの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111-2
アクトタワー3F
イオン浜松西店 静岡県浜松市西区入野町6244-1
イオン浜松西3F

浜松のミュゼの店舗イメージ

浜松のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ浜松

浜松にあるジェイエステティックの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市東区上西町1020-1 浜松プラザ・フレスポ 2F
JR/遠州鉄道 浜松駅より車で約15分
東名高速道路浜松ICより車で約15分
県道45号線沿い 浜松プラザ・フレスポ 2F

浜松のジェイエステの店舗イメージ

浜松のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ浜松

浜松にある脱毛ラボの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市中区鍛冶町1-37オーシャンビル4F
新浜松駅のスクランブル交差点のシャンボール前を元イトーヨーカドー方面に数メートル進んで頂くと左手にワインバーが。そのビルの4階。

浜松の脱毛ラボの店舗イメージ

浜松の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

VIO脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.Vラインのデザインに関して
3.Oライン脱毛に関して
4.サロンと医療クリニックにはどんな違いがあるの?
5.VIO脱毛の料金は一体いくらぐらい?
6.施術後は必ず肌への刺激を控える
7.脱毛すると、しばらく肌がザラザラするのはどうして?

1.サロン選びの際の注意点!

「VIO」というのは、一言でいえばデリケートゾーン、つまり女性の陰部周辺のこと。V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(ビキニライン。両脚の付け根付近)
・Iライン(女性器の両側。もっともデリケートな部分)
・Oライン(肛門を中心にした半径2センチの部分)

をあらわします。

要するに「VIO脱毛」というのは、アンダーヘアーの脱毛というわけです。

脱毛に全然興味を持たない人は「わざわざそんなところをサロンや医療クリニックで処理してもらうの?」と不思議に思うかもしれませんが、実はVIOというのは、プロの手で脱毛してもらいたいパーツの第2位となっています(1位はワキ)。

それほど人気のVIO脱毛ですが、次のような長所があります——

・生理中のムレや嫌なニオイが減る
・毛先によるかゆみやチクチクがなくなる
・Tバックの水着や下着が着用できる

また、自己処理の手間がなくなることも大きな長所です。

実は毛抜きやカミソリでムダ毛を処理していると、その肌への刺激のせいでメラニンが活性化し、肌が黒みを帯びてきます。

しかしVIO脱毛することによって自己処理が不要となり、キレイな肌が保たれるのです。

2.Vラインのデザインに関して

VIOの中でも、Vラインは特別人気を呼んでいる部位です。アンケートでも「脱毛を希望するパーツ」として常に上位にランキングされています。

Vラインを施術する場合、全くのツルツル状態にする人は少なく、一部を残すことが多いようです。
その時「どんな形にヘアーを残すのか」が問題となります。

店によって色々とデザインは違いますが、定番とされているのは以下のものです——

・逆三角形

最も人気のデザイン。脱毛したようには見えず、非常に自然な感じです。

・オーバル型

別名「楕円型」。丸みがあるせいで、女性らしさがアピールできます。

・Iライン型

文字通りI字の形に残します。露出度の高い水着や下着にはピッタリ。足が長く見えるというメリットもあります。

・Uライン型

逆三角形に丸みをもたせたもので、やはり自然な感じです。

・スクエア型

「Iラインはちょっと……」という人がよく指定しています。ただ少し不自然さがあるので、好き嫌いは分かれるでしょう。

ちなみに、医療クリニックで脱毛するなら、デザインは慎重に選ぶことをオススメします。というのもクリニックの場合、一旦脱毛すると永久にそのままになる可能性があるからです。そのことをよく考えて決めましょう。

3.Oライン脱毛に関して

アンケートでも、VラインとIラインは「処理を希望する部位」としてよくランキングの上位となります。大胆な水着や下着を着る時にどうしても処理する必要があるからでしょう。

ところが、Oラインは自分では見づらいこともあって後回しにされがち。
「特に脱毛する必要はないのでは?」と考えるのか、施術する人が少なくなっています。

でも、Oラインを脱毛すると非常に衛生的です。ムレやニオイの不快感を軽くできます。

また、エッチの時も体位によってはOラインが目立ってきますので、処理しておく方が彼氏や旦那さんに不快感を与えずにすみます。

実際にサロンやクリニックで施術してもらう時は、店側が用意した紙パンツをはきます。それをスタッフがちょっとずらし、お尻を広げながら、脱毛マシンで光を照射していくわけです。

体勢は各店舗や医院によって違いますが、「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」かになるようです。
恥ずかしさの点では前者の方がマシなので、スタッフに「うつ伏せで」とお願いするといいでしょう。

施術そのものは10〜15分程度しかかかりません。あっという間なので施術中は恥ずかしさを我慢しましょう。また施術を繰り返すうちに、徐々に見られることに慣れてきます。

少しの手間だけで肛門の周辺がキレイになりますから、ぜひOライン脱毛をやってみて下さい。

4.サロンと医療クリニックにはどんな違いがあるの?

VIO脱毛をすると決めたら、サロン、医療クリニックのどちらかに通う必要があります。

この両者の違いは色々あるのですが、1番大きな差は施術に用いる方式。

サロンの場合、ほとんどの店が使っているのがIPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

IPLというのは、intense pulsed lightを略したもの。紫外線をカットした特別な光線で、黒いメラニン色素に反応する特徴を持っています。

ムダ毛の伸びた肌に当てると、肌の奥にある毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化。
発毛機能に大きなダメージを与え、ムダ毛の成長を阻害します。

一方、医療クリニックで採用されているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にはダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどの種類がありますが、どれも働く原理はIPLと変わりません。毛根に含有されたメラニン色素にレーザー光が反応し、高熱に変わることで組織を破壊。脱毛効果をあげます。

IPLとレーザー光の違いというのは、波長、およびパルス幅で、照射パワーは格段に差があります。

パワーが強力なのはレーザーの方です。数回の照射によって毛根組織は完璧なまでに破壊され、ツルツルの無毛状態が半永久的に続きます。毛根組織を壊すのは医療行為とみなされるので、マシンの操作は医師免許を持っているスタッフしかできません。

効果は抜群ですが、その分肌の負担も大きく、「痛みが激しい」といわれています。

IPLの方は照射パワーが抑制されているだけに肌の負担は軽微で、痛みもレーザー光に比べればはるかにマシです。
その代りに脱毛が終わるまでの日数がどうしても長くなり、施術回数も増えてしまいます。

またIPLだと発毛機能はただ弱まるだけなので、脱毛完了から数年以内に再び毛が再生する可能性が高くなります。

もし脱毛効果を長持ちさせたいなら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるようにしましょう。

5.VIO脱毛の料金は一体いくらぐらい?

VIO脱毛をすると決めた時に、1番気になるのはその料金でしょう。

実は「脱毛」といっても色々な方法があります。

たとえば、サロンでフラッシュ脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるのか。減毛くらいでいいのか、完全に無毛状態にしたいのか。
高くても脱毛完了までの期間を少なくしたいのか、あるいはあくまで料金の安さにこだわるのか……。

それらのケースケースによって、料金にもまた大きな幅が出てきます。

ここではいくつかの場合について各料金を紹介してみます(なお、以下に出てくるのは「VIOすべて脱毛するプラン」です。
V、I、Oを単独で脱毛する場合はまた値段も異なります)。

まず、サロンでIPL脱毛をする場合、有名店舗の料金は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回の料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回の料金は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回の料金は8,640円)

完全にツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回の料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回の料金は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回の料金は9,180円)

続いて医療クリニックでレーザー脱毛をする場合。定評のあるクリニックの料金をまとめてみます——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回の料金は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回の料金は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回の料金は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回の料金は18,540円)

完全にツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回の料金は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回の料金は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、VIO脱毛については医療クリニックの方が全般に安く、とりわけ湘南美容外科のリーズナブルな料金が目立ちます。

VIO脱毛をしたい人は、とりあえず湘南美容外科をチョイスすれば間違いないでしょう。

6.施術後は必ず肌への刺激を控える

脱毛は毛根を燃やす光を浴びせるため、周辺の肌組織も軽い火傷状態になります。皮膚に含まれる水分も蒸発し、バリア機能が一時的に衰えることに。

そのため、敏感肌の体質の人は、特に赤み、かゆみ、炎症などが起こりやすくなります。

サロンやクリニックへ行く時の服装は別にどんなものでもいいのですが、施術後に生じがちな肌トラブルを予防するためには、なるべく肌への負担が少ない、ゆったりとしたものにしましょう。

さらに、「天然素材の生地にし、化学繊維などは避ける」「通気のよいものにする」「日焼け予防のため、肌を露出した服はやめる」など、術後の肌を守る工夫を色々おこなって下さい。

7.脱毛すると、しばらく肌がザラザラするのはどうして?

サロンやクリニックで施術を受けた後、部位の肌ざわりがザラザラしていることがあります。

原因についてはいくつか考えられますが、1番可能性の高いのが、「脱毛マシンの照射威力が高い」こと。

サロンではキセノンランプによるIPL、医療クリニックではレーザー光を使いますが、ムダ毛に光を当てると毛全体が高熱に包まれます。

この時、毛根を含めて毛だけが損傷を受けるといいのですが、何しろその熱エネルギーが強烈なために、どうしても毛穴やその周りの肌にも熱が伝わってしまいます。

そうなると、当然角質層にあった潤い成分もどんどん蒸発してしまい、皮膚は乾燥状態に。それがさらに進行すると肌がザラザラになってしまうのです。

気をつけなければならないのは、肌トラブルの防止。ザラザラ状態になった肌は本来のバリア機能が弱体化しているため、ちょっとした刺激でもすぐにトラブルが生じます。

カユミ、赤み、むくみ程度ならまだいいのですが、かゆみのあるところを掻きむしったりすると、傷のついた肌の内部に様々な菌が入り込み、毛嚢炎などの面倒な症状を引き起こしかねません。

毛嚢炎は肌の表面だけなら1週間くらいで簡単に治癒できますが、毛穴の奥の部分まで菌が入り込むとオデキに似た状態になり、かゆみや痛みが悪化します。

さらに症状が慢性化すると炎症が周りに拡大していき、完治したとしても見苦しい傷跡が残ることがあります。

そんな悲惨な結果を避けるためにも、術後はクリームやローションを塗るなどしてケアに努め、弱体化した肌を十分にいたわるようにして下さい。

以上、VIO脱毛の詳細と、脱毛一般についての情報を色々と解説してみました。いかがだったでしょうか?

もしここまで読んでこられた方の中に「デリケートゾーンを自己処理している」という女性がいたら、ぜひ脱毛にチャレンジしてみることをオススメします。カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は肌への刺激が強く、黒ずみなどの肌トラブルの元凶となります。脱毛で自己処理の必要をなくし、キレイなデリケートゾーンを保ちましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@浜松

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

浜松で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

浜松にあるミュゼの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111-2
アクトタワー3F
イオン浜松西店 静岡県浜松市西区入野町6244-1
イオン浜松西3F

浜松のミュゼの店舗イメージ

浜松のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ浜松

浜松にあるジェイエステティックの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市東区上西町1020-1 浜松プラザ・フレスポ 2F
JR/遠州鉄道 浜松駅より車で約15分
東名高速道路浜松ICより車で約15分
県道45号線沿い 浜松プラザ・フレスポ 2F

浜松のジェイエステの店舗イメージ

浜松のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ浜松

浜松にある脱毛ラボの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市中区鍛冶町1-37オーシャンビル4F
新浜松駅のスクランブル交差点のシャンボール前を元イトーヨーカドー方面に数メートル進んで頂くと左手にワインバーが。そのビルの4階。

浜松の脱毛ラボの店舗イメージ

浜松の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

足脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.脱毛の効果はいつ実感できるの?
3.足脱毛の完了まではどのくらいの回数が?
4.足脱毛するとブツブツの毛穴が治療できる?
5.おすすめしたいサロンとクリニック
6.足脱毛に関するQ&A

1.サロン選びの際の注意点!

「足脱毛」と一口にいっても、サロンや医療クリニックではいくつかの部位に分けて脱毛するというのが一般的です。

そのため、太ももからつま先まで一気に脱毛したいという人は、「足全セットコース」といったパックを契約するか、「ひざ下、足の甲、太もも」といった風に部位を組み合わせることになります。

では、その部位はどんな風に分けられているかというと、各サロン、各クリニックで違いがあります。

ただ大抵のところでは——

「ひざ上」
「ひざ下」
「ひざ」
「足の甲」
「足指」

と5つに分けているようです。

このうち、1番施術希望者が多いと言われるのが「ひざ下」です。

ひざ下という部位は暑い寒いにかかわらず、スカートをはいたときに露出することが多いので、これは当然でしょう。
また、ひざ下の脱毛ではくるぶしも施術の対象なので、ワイドパンツ、アンクルパンツなどをはく時にも安心です。

気になる足脱毛の費用ですが、これもサロンやクリニックによって違いがあります。

サロンの場合、ひざ下だけの脱毛なら8回くらいで約3〜5万円、太ももから足指までの脱毛だとやはり8回くらいで約10〜15万円です。

足というのは面積が広いために施術に時間がかかります。したがってワキ、顔などの部位と比べると、どうしても料金が割高となってしまいます。

実はサロンでは、全身脱毛の契約についてはかなりのディスカウントをおこなうのが恒例です。ですから、足単独よりも全身脱毛コースを申し込んで施術した方がリーズナブルなこともあります。

その点は、サロンや医療クリニックの公式サイトで判断して下さい。

2.脱毛の効果はいつ実感できるの?

脱毛効果というのは何回ぐらい施術してもらうと実感できるのでしょうか?

実はサロンとクリニックでは結果が違いますので、それぞれ説明してみましょう。

サロンの場合

足脱毛したいと考えた時、クリニックよりもサロンの方が気軽に出かけられます。有名エステが経営母体の店も多く、キャンペーンを利用すれば相当お安く施術ができます。

サロンに関しては、1回だけの施術ではムダ毛が生えにくくなるといった効果はまず実感できません。

サロンでおこなわれている脱毛方法は、主にIPLというレーザー系の光を使ったもの。毛が新しく生え変わるサイクル(毛周期)に合わせて施術を繰り返すことにより、徐々に徐々に足のムダ毛が細くなったり生えにくくなったりといった結果があらわれます。

とにかく効果が現れるのはゆっくりなので、「少し毛が薄くなった」と感じるためには、最低3回は施術してもらう必要があります。

ほとんどのサロンでは施術と施術の間は2ヶ月ほど置きます。
ですから3回目の施術をおこなうまでには、半年くらいかかるということになります。

クリニックの場合

足脱毛は、医療クリニックでもおこなわれています。

こちらで脱毛に使用されるのはレーザー光。サロンで用いられるIPLよりも照射パワーが強く、より少ない施術で効果があがります。

そのためクリニックで施術を受けると、わずか1回で効果を実感する方もいます。

つまり、脱毛完了を早めたい人にとってはサロンよりもクリニックがベターなわけですが、その代りにデメリットもあります。

それはレーザー照射時の痛みが強いこと。

クリニックによってはあらかじめ麻酔を打つ場合もあり、痛みに弱い人は施術がイヤになるかもしれません。

ただ、クリニックは早く効果があらわれるだけでなく、毛根を完全に死滅されることもできるため、脱毛効果を確実にしたいという人にも向いています。

もし痛みが心配の場合は、最初に足以外の狭い部位を施術するのもいいかもしれません。

3.足脱毛の完了まではどのくらいの回数が?

効果があらわれる回数については上で述べましたが、ではツルツルの状態になるにはどのくらいかかるのでしょうか?

サロンの場合

サロンにおける足脱毛の終了は、施術8回〜12回が目安だと言われています。

施術は普通2ヶ月に1回なので、およそ2年もの日数が必要となります。

しかし、生まれつき足の毛が太かったり、毛根の再生力が強靭な場合、上の回数では効果が不十分なこともあるようです。
そのようなケースでは、施術回数は14〜18回に達してしまいます。

なお、気をつけてほしいのは、足全体を1万円前後で脱毛するとうたっているサロンです。

こういった店は、施術回数にリミットが設けられていて、大体3回程度となっています。この回数では脱毛効果などほとんど感じられません。しかも追加の施術をすすめられるので、結果的に1万円よりはるかに高額になってしまいます。

サロンで足脱毛をするなら、自分はどの部位を中心に脱毛したいのか、自己処理が不要となるにはどれくらいの施術が要るのか、初回のカウンセリングなどでスタッフに聞いておきましょう。

なるべくなら複数のサロンのサイトをネットでチェックし、事前の下調べをしっかりとおこなっておくことが大事です。

クリニックの場合

サロンよりも効果が早く実感できると言われるクリニックですが、それでも部位がツルツルの状態になるには、ある程度の施術が不可欠です。

平均的な回数を調べてみると、 大体5回から6回。

こちらもサロンと同じように、最初から足のムダ毛が多い、毛が太いといった人は回数が8〜10回になり、クリニックに通う日数も1年を超えることになります。

しかし、サロンと比較すると、期間も施術回数もおよそ2分の1ですみます。多忙なのでできるだけ効果的に脱毛したいという人は、サロンよりもクリニックを選んだ方がいいでしょう。

ただ上で書いたようにクリニックの施術は痛みが激しい上、費用が高いというデメリットがあります。

自分の毛の質、それに費用と効果のバランスを考えた上で、サロンにするかクリニックにするかを決定して下さい。

4.足脱毛するとブツブツの毛穴が治療できる?

ずっとムダ毛の自己処理を続けている人には、足の表面に黒いブツブツができていることがあります。

これは自己処理のせいで肌のコンディションが悪くなっている証拠です。

自己処理に1番よく使われるのはカミソリですが、肌に繰り返し当てることにより表皮がダメージが加えられ、それを回復しようと皮膚が新しく再生されます。

それが順調に元通りになればいいのですが、運悪くフタのように毛穴にかぶさってしまうことがあります。

そうなると、毛が伸びていっても表面から出られません。埋没毛といって表皮の中で成長し、黒いブツブツのようになってしまうのです。

また、カミソリによってムダ毛を処理しているとどうしても角質層に損傷が残り、最終的にはいわゆるカミソリ負けの症状を呈して、赤いブツブツとなります。

プロによる脱毛なら肌にも優しく、このようなトラブルは起こりません。また、すでに足にブツブツがある状態でも、施術によって自己処理の回数は減少するので、自然に治っていきます。

さらにサロンやクリニックの中には、術後のトリートメントを念入りにおこなうところもあります。
これにより皮膚に水分が供給され、治癒効果もアップします。

自己処理の中止とこの保湿ケアのおかげで、足の肌は施術前よりキレイになるでしょう。

店や医院では肌トラブルについて相談も受け付けているところも多いので、気になることは施術の度に訊ねてみましょう。

5.おすすめしたいサロンとクリニック

ひざ上、ひざ下といった足のパーツは、ワキの次によく施術される部位。サロン、クリニックともリーズナブルなプランを用意しています。

ジェイエステティック

なるべく安くで足を脱毛したいなら、ジェイエステティックがオススメです。

創業は1979年で、もう40年になろうという老舗です。知名度では、銀座カラー、脱毛ラボ、ミュゼ程ではありませんが、実はメリットの多い店。

足脱毛では、「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」から好きなパーツを選んで施術できます。

また足以外にも、両ワキを12回まで無料で施術してもらえます。

通常コースの料金が他のサロンよりずっとリーズナブルで、回数ごとにアップしていくディスカウント率の高さも大きな魅力です。

さらに肌トリートメントも念入りにやってくれるので、術後の乾燥した肌もしっかりと保湿できます。

まずはお試しコースを体験し、気に入ったら契約して通うのがいいでしょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、クリニックでは他に類をみないほど料金がリーズナブル。足全体コースの料金は5回で92,900円。ほとんどのサロンよりも安いのですから驚きです。

しかも脱毛マシンに関しても、ライトシェアデュエット、メディオスターNexTという2種類をそろえています。

クリニックは脱毛効果が抜群ですが、施術時の痛みが激しいのが大きなデメリットです。しかし、アリシアクリニックで採用されているこれらのマシンは、極力痛みを減らすようにできています。

「クリニックに通いたいけど、痛みがイヤで」という人も、アリシアクリニックなら安心して施術できます。

6.足脱毛に関するQ&A

Q.施術に出かける時はどんな服装をすればいい?

これはサロンやクリニックによって違います。店や医院によってはガウンが用意してあって、それに着替えて施術します。そういうところではどんな服装でも問題はありません。

そのままの格好で施術を受けるサロンやクリニックの場合は、下半身はショーツだけになり、バスタオルで肌を覆いながら施術してもらいます。

なお、照射の時に専用ジェルを塗る方式のサロンでは、ジェルがショーツについてしまうことがあります。
紙ショーツの用意がない店では、替えのショーツを自分で持ってくると安心です。

Q.色素沈着している肌も施術できる?

4つのサロンと2つのクリニックに質問しましたが、大抵のところは「色素沈着があると施術は不可」という返事でした。

施術時に照射される光やレーザーはメラニン色素にぶつかると高熱に変わります。
そのため、黒っぽい傷あと、タトゥー、アートメイクなどは熱によって火傷状態となる危険性があります。

ただ、リゼクリニックの場合、看護師が目で見当をつけ、危険性が低いようなら脱毛するということです。

Q.肌が乾燥している部位は施術できる?

上記と同じように各サロン、クリニックに質問しましたが、肌が乾燥している部位については施術することができないようです。

というのも、乾燥した皮膚に光を照射すると、重い肌トラブルが起こりやすくなるからです。

また傷がある場合も、化膿を起こすケースがあるので施術できないとのことでした。

以上、足脱毛について様々な情報をご紹介しました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べたように、ムダ毛の自己処理は肌のコンディションを悪くします。
美肌をキープするためにも、自分に合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて施術してもらいましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@浜松

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

浜松で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

浜松にあるミュゼの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111-2
アクトタワー3F
イオン浜松西店 静岡県浜松市西区入野町6244-1
イオン浜松西3F

浜松のミュゼの店舗イメージ

浜松のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ浜松

浜松にあるジェイエステティックの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市東区上西町1020-1 浜松プラザ・フレスポ 2F
JR/遠州鉄道 浜松駅より車で約15分
東名高速道路浜松ICより車で約15分
県道45号線沿い 浜松プラザ・フレスポ 2F

浜松のジェイエステの店舗イメージ

浜松のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ浜松

浜松にある脱毛ラボの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市中区鍛冶町1-37オーシャンビル4F
新浜松駅のスクランブル交差点のシャンボール前を元イトーヨーカドー方面に数メートル進んで頂くと左手にワインバーが。そのビルの4階。

浜松の脱毛ラボの店舗イメージ

浜松の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

腕脱毛をする前に知っておきたい10のこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.腕脱毛の料金について
3.脱毛方法はどんなものなのか?
4.腕脱毛完了までの回数、及び期間
5.サロンとクリニックではどちらがベター?
6.1回の施術の所要時間は?
7.腕脱毛するなら月額プランにすべき?
8.脱毛するなら「通い放題」にしよう
9.脱毛を早く終わらせるには?
10.推薦したいサロンとクリニック

1.サロン選びの際の注意点!

サロンやクリニックでの腕脱毛には、以下のように2つのメリットがあります。

1つ目は当たり前のことですが、ツルツルしたキレイな肌が得られること。

経験者なら分かるでしょうが、自己処理というのは仕上がりがあまりキレイではありません。特に毛が濃い場合は、毛穴が結構目立ってしまいます。

プロの脱毛ならそんなこともなく、非常にツルツルのお肌になります。
他人がジロジロと視線を向けてきても、恥ずかしい思いをすることがありません。
むしろ積極的に腕の露出ができるようになります。

そしてメリットの2つ目は、自己処理の必要がなくなってその分ヒマができる、ということ。

脱毛の施術が成功すれば、新しいムダ毛は当分の間生えてきません。当然、自己処理が必要なくなるので、これまで毛のお手入れに要していた時間が余ることになります。

体毛が濃い場合、多い人では連日抜いたり剃ったりしている、というケースもあります。脱毛することでその手間が省ければ、余った時間を肌のお手入れや他のオシャレに使えます。

また、カミソリや毛抜きなどによる自己処理は肌へ負担をかけ、肌トラブルが起こりやすくなるという欠点もあります。

埋没毛や黒ずみなどで肌の状況を悪化させないという意味でも、施術で自己処理を不要にすることには大きな効果があるわけです。

2.腕脱毛の料金について

腕脱毛をやろうと決めたのはいいのですが、心配になるのはその予算です。
なるべくリーズナブルなプランを選ぶとしても、最終的にはどれくらい費用がかかるのでしょうか?

まずはサロンの料金を知ろうと、20店舗の公式サイトで調べてみたところ、

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

となりました。

一方、医療クリニックの場合も同様に調べてみると、

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額です。

つまり、医療クリニックで脱毛するなら、サロンの倍近くの予算になってしまうわけです。

これだけ見るとサロンの方がお得なようですが、クリニックにも高いだけの理由があります。

サロンとクリニックのメリットとデメリットについては下の部分で書いているので、参考にして下さい。

3.脱毛方法はどんなものなのか?

現在、脱毛の施術でメインとなっている方法には2つあります。それが、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛です。

フラッシュ脱毛は、主にサロンで採用されています。
IPLなど、黒いメラニン色素に反応する光(フラッシュ)を肌に当て、毛根部分に高熱の損傷を与えることで脱毛します。

レーザーと比べるとはるかに威力が弱く、脱毛効果も穏やかです。
施術完了までに日数はかかるものの料金は安く、肌に負担が少ない、というメリットがあります。

一方、レーザー脱毛はクリニックだけで採用されている方法。アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど、使用されるレーザーはパワーが強く、毛根組織を完全に破壊することが可能です。そのため、サロンの脱毛と違って、永久脱毛ができるようになっています。

痛みが強いという欠点はあるのですが、短い日数で脱毛が終わるのは魅力的です。

4.腕脱毛完了までの回数、及び期間

脱毛の施術は、毛の成長サイクル(毛周期)に準じてスケジュールを組み立てる必要があります。これは脱毛サロンでも医療クリニックでも変わりません。

脱毛して効果があるのは、毛周期でも「成長期」と呼ばれる時期のみ。
そのために、施術は2ヶ月〜3ヶ月に1回というスローペースになるのです。

自己処理が不要になるまでの照射回数と期間は、以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

腕のムダ毛は色の薄くて細いものばかりなので施術の効果が出にくく、他の部位より回数が多くなります。

早く終わらせたいなら医療クリニックを選ぶべきですが、それでも終了までに1年はかかります。

5.サロンとクリニックではどちらがベター?

脱毛するなら、サロンにすべきかクリニックにすべきか……?

2つにはそれぞれ長所欠点があるため、はっきりどちらがいいとは決められません。

サロンがいいのは、何と言っても費用が安いこと。
なるべくリーズナブルに脱毛したい人に向いています。

それに施術でも肌への負担が少ないため、痛いのが苦手な人にもピッタリ。

一方、早く脱毛を終えたい人にはクリニックが向いています。

料金はサロンより高額ですが、脱毛効果は確実ですし、完了までの日数も短くなります。

またクリニックは医療機関なので麻酔が可能です。
「痛いのだけは絶対イヤ」という人にとっては大きなメリットといえるでしょう。

それに毛が濃いという人にはクリニックの方が向いていますし、毛が薄いならサロンでも十分と言えます。

6.1回の施術の所要時間は?

ヒジ下やヒジ上だけを施術する場合

腕は他の部位よりも形状がすっきりしているので、時間は短めです。
腕の一部だけを処理するなら、1回あたり30分ですむでしょう。

もし連射が可能なマシンなら、15分くらいで完了することもあります。

腕の全体を脱毛する場合

腕全体を施術してもらう場合、ヒジも含まれます。ヒジは肌が柔らかく、形も球状をしているのでちょっと施術が面倒です。それに面積が大きいため、どうしても手間がかかります。

1回の施術の所要時間は、50分〜1時間というところでしょう。

これは連射式のマシンでも変わりません。
やはり1時間弱と考えておくべきです。

7.腕脱毛するなら月額プランにすべき?

腕は施術範囲が他の部位よりも大きいので、脱毛が終わるまで時間がかかりやすいと言われています。

また個人個人によって毛の質・量も相違があるため、必要とされる回数も多くなる場合があります。

ということで、もし回数制のプランを契約すると結局は追加施術をする羽目になって、予算を超えた料金になることが少なくありません。

「毛の量が多い」と感じている方は、回数制ではなく月額制を選びましょう。
最初は「値段が高い」と思うかもしれませんが、その方が結果的にリーズナブル、というケースが多いのです。

幸い、最近は完全月額制を取っているサロンも増えています。そういった店なら、得心がいくまで通い続けることができます。

また、いつでもやめたい時に施術を中止できるのも完全月額制の大きな長所。施術をやめさえすれば支払い義務はありません。

ちなみに単なる分割払いを「月額制」と呼んでいるサロンもありますので、その点は注意して下さい。

8.脱毛するなら「通い放題」にしよう

上で書いたように腕脱毛の場合、脱毛が完了するまでにサロンなら12回以上、クリニックなら5回は施術しなければならないといわれています。

これは「毛周期」という毛の成長サイクルがあり、それに従って施術する必要があるためです。

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、「成長期」のムダ毛にしか効果を発揮しません。
腕の場合だと、成長期の毛は全体の20%と言われています。

ということで、サロンやクリニックでは、2ヶ月置きの成長期に照射を続けていきます。
そうすることでやっと全部のムダ毛に光を当てられるわけです。

しかし、脱毛が無事済んだからといって毛が一生生えないとは限りません。

実はサロンのフラッシュ脱毛は毛根に損傷を与えるだけなので、単なる減毛効果しか得られないのです。

そのため脱毛終了からしばらくすると、また毛が伸びてくる可能性があります。

クリニックのレーザー脱毛の方はどうかというと、こちらも「永久脱毛」と言われてはいるものの、絶対に生えてこないという保証はありません。

「永久脱毛」というのは、「脱毛1ヶ月後の毛の再生率が20%以下」の施術方法とされています(米国電気脱毛協会の定義)。つまり、永久に毛が生えてこないわけではなく、あくまで「毛が生える確率がかなり低い」だけなのです。

ということで、脱毛をおこなう時は、施術終了後のケアが重要になってきます。

なるべくなら通い放題プランを選ぶべきです。
これなら、サロンやクリニックが営業をやめない限りずっと通えます。

また、「5年」といった長期保証のついたプランもいいでしょう。

サロンやクリニックでの施術料金は決して安くありません。せっかく脱毛してもらうのですから、なるべくケア期間の長いプランを選んで下さい。

9.脱毛を早く終わらせるには?

脱毛完了までに、クリニックなら1年、サロンの場合は2年以上必要です。
できるだけ効率的に脱毛を完了させるために、以下のポイントに注意しましょう。

予約の容易なサロン・クリニックを選ぶ

脱毛の効果を上げるには、毛周期に合致したタイミングで施術してもらわなければなりません。

店や医院の予約がうまく入れられず、施術時期を逸してしまうと、短期間で脱毛を終えるのが難しくなってしまいます。

サロンやクリニックと契約する時は、予約がどれだけ取りやすいか、という点も重要です。

通うのが楽なサロンやクリニックを選ぶ

交通の便が悪く、通うのが大変なサロンやクリニックを選ぶと、つい施術もサボりがちとなります。

脱毛は完了させないと意味がないので、契約するならなるべく通うのが楽なサロンやクリニックにしましょう。

普段から生活を健康的にする

「そんなこと当然」と思われるでしょうが、毎日健康的な生活を心がけることも大事なポイントです。

体調と肌のコンディションは密接な関係があります。脱毛の施術では毛穴が高熱に包まれるため、肌が乾きすぎていると施術が不可となります。

スムーズな施術のためにも、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動に気を配りましょう。
健康管理を熱心に行えば、脱毛も早く終了します。

10.推薦したいサロンとクリニック

腕脱毛で人気のあるサロンやクリニックを紹介してみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

銀座カラーは、「効果的に脱毛できる」「予約を取るのが楽」など、ネットでも高評価を得ているサロンです。

全身脱毛コースは当然ですが、単独の部位でも通い放題プランを設けているのが大きな特徴。

腕の施術は完了までに日数がかかる場合が多いので、通い放題プランがあるのは魅力です。

レイビス

レイビスは業界でも老舗なので安心感が違います。また完全月額制ということで、やめるのも簡単。

選べるパーツの数に応じてコースが3つあり、4ヶ所なら月額たった2,980円と格安。

脱毛の完了時期は個人によって差がありますが、ここなら自分の都合に合わせるのも楽です。

ミュゼ

業界でも最大手のサロン・ミュゼ。北海道から沖縄まで店舗数は170を越えています。

また格安キャンペーンも毎月のようにおこなっていて、初心者でも施術しやすいのが特徴。

SSC脱毛という新方式の導入で、他のサロンより痛みがグッと軽減されました。
痛みが苦手という人にももってこいです。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

お得なのは「腕脱毛セット」。腕を施術してもらいたい人にピッタリです。また、クリニックではめったにない通い放題プランが用意されています。

湘南美容クリニック

CMでおなじみのクリニック。全国各地に分院があり、地方在住の方も通いやすくなっています。

リゼクリニック

アフターケアが充実しているのが特徴。
リーズナブルな腕セットがあり、腕脱毛したい場合は最適です。

以上、腕脱毛に関して、詳しい情報をお届けしました。いかがだったでしょうか?

これらの情報を参考にしながら、ぜひサロンへ行って腕脱毛を受けてみて下さい。施術によって自己処理から解放され、肌のコンディションが改善されるはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@浜松

bana

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

顔脱毛

浜松で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック

ジェイエステ浜松

浜松にあるジェイエステティックの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市東区上西町1020-1 浜松プラザ・フレスポ 2F
JR/遠州鉄道 浜松駅より車で約15分
東名高速道路浜松ICより車で約15分
県道45号線沿い 浜松プラザ・フレスポ 2F

浜松のジェイエステの店舗イメージ

浜松のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

ミュゼ

ミュゼ

浜松にあるミュゼの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111-2
アクトタワー3F
イオン浜松西店 静岡県浜松市西区入野町6244-1
イオン浜松西3F

浜松のミュゼの店舗イメージ

浜松のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ浜松

浜松にある脱毛ラボの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市中区鍛冶町1-37オーシャンビル4F
新浜松駅のスクランブル交差点のシャンボール前を元イトーヨーカドー方面に数メートル進んで頂くと左手にワインバーが。そのビルの4階。

浜松の脱毛ラボの店舗イメージ

浜松の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

TBC

TBC

浜松にあるTBCの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111−2 アクトプラザ

浜松のTBCの店舗イメージ

浜松のTBCで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

顔脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.施術できる箇所はサロンによって違う
3.脱毛にかかる料金ってどれくらい?
4.まず「お試しコース」を選ぶのがオススメ
5.どのサロンがオススメなのか?
6.歯医者に通っていても脱毛はできる?
7.ニキビがあると施術は無理?
8.脱毛でそばかすやシミができる?
9.サロンに行くとき、すっぴんでないといけない?

1.サロン選びの際の注意点!

顔の部位
最初に、脱毛の施術がどんなものなのか述べておきましょう。

昔は脱毛というと「ニードル脱毛」が普及していて、電気針を毛穴に刺していくという方法が一般的でした。

これはかなりの痛みが生じます。そのため、「脱毛は痛い」というイメージが定着してしまいました。

しかし、現在では新しい技術が開発され、特殊な光を用いた脱毛(フラッシュ脱毛)が一般的になっています。

サロンで最もよく使われている方式が「IPL脱毛」です。これはインテンスパルスライトというメラニン色素に反応する光を肌に当てるもの。

このIPLは元来、エステサロンで美肌ケア用に使用されていたもので、ニキビ痕、赤ら顔、くすみの改善、毛穴の引き締め、などに効果があります。

それらの効果は脱毛用の機器にも引き継がれているので、IPL脱毛によって肌のコンディションも良くなっていきます。

ただ、最近ではIPL以外の機器を導入するサロンも増えています。
各方式は特徴が違いますから、なるべく自分のやりたい脱毛に合ったものを選ぶようにしましょう。

2.施術できる箇所はサロンによって違う

OKサイン
サロンで顔脱毛を行なう時に忘れてはならないのは、店舗によって施術できる部位が違う、という点。

アンケートによると、特に産毛脱毛の需要が高いのは、眉間、鼻の下、アゴの3つとなっていますが、これもサロンによってできるところとできないところがあります。

たとえば、以下のように脱毛サロンでも特にメジャーな店の場合——

ディオーネ……ひたい、頬、顎、鼻下、鼻

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

というように可能な部位が決められています。

ということで、「顔脱毛対応」と宣伝されていても希望の部位が施術できるかは細かく調べないと分かりません。

サロンまで足を運んだのに施術できないと言われると無駄になりますので、必ずホームページなどで可能な部位をチェックしておくようにしましょう。

3.脱毛にかかる料金ってどれくらい?

費用

顔脱毛してもらう場合、1番気がかりなのはその費用でしょう。

有名サロン計20社のデータから、平均料金を出してみたところ、「41,033円」という結果になりました。

これを安いとみるのか、高いとみるのかは、どれだけ顔を脱毛したいか、という気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛が可能なのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術してもらえます。

こちらも平均料金を計算してみると「131,325円」となりました。

他の部位ではそれぞれ異なるのですが、顔脱毛に関しては、クリニックがサロンの3倍以上の費用がかかります。

「高すぎる」と思われるかもしれませんが、クリニックの大きなメリットは永久脱毛が可能なこと。
値段と効果を考慮しながら、自分の好みのところを選ぶべきでしょう。

4.まず「お試しコース」を選ぶのがオススメ

コース
最近はサロン側も顧客獲得に必死で、毎月のように様々なキャンペーンを実施しています。

初心者のために「お試しコース」を設けている店も多く、以前よりも気楽に脱毛ができるようになっています。

せっかくですから、初心者はそのお試しコースで施術を受けてみましょう。

もちろん、回数の多いプランを最初から契約してしまうのもいいのですが、後から不満が出てくると面倒なので、お試しから始める方が無難です。

申し込みに関しては、店舗に電話をするより、公式サイトから手続きをする方が色々お得のようです。興味のあるサロンのサイトをまずチェックし、良さそうならばそこから申し込むようにして下さい。

その後の手順を説明すると、まず申込み時に決めた日時にサロンへ行きます。

この時、必ずやらなければならないのが、カウンセリング。これは大抵のサロンで無料となっています。

カウンセリングでは、料金プラン、脱毛方法、肌の状態の細かい説明が行なわれます。絶好の機会なので、

「脱毛が完了するまで何回施術すればいいのか」
「導入している脱毛機器はどの方式のものか」
「永久脱毛は可能?」

などの点を、スタッフに質問しましょう。

これで初日は終わりです。あとは予約を取った上で施術に通うことになります。

施術では、

「スタッフ対応はどうか」
「痛みはどれくらいか」
「術後の肌トラブルは起きないか」

などの点をチェックしましょう。

これで合格点が出れば本コースを申し込むことになりますし、不満があればそのまま終了。後者の場合は、またサイトで他のサロンを調べ、再び体験コースに出かけることになります。

現在サロンは急増しているので、いずれは自分の好みのところに出会えるはずです。

5.どのサロンがオススメなのか?

オススメサロン
顔脱毛に関して特に人気のあるサロンを2つ紹介してみます。

まずオススメしたいのが、板野友美、ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美など、人気タレントを起用したCMで知られたキレイモです。

キャンペーン期間中に限り、顔を含んだ全身脱毛が初月だけ無料。

さらに助かるのは、他のサロンだと施術の可能範囲が相当限られているのに、キレイモなら広範囲に渡って施術が可能だということ。

施術によって美肌ケアも期待できるので、総合的な肌のお手入れを目指している女性には一石二鳥。

次に推薦したいのは、ジェイエステティック。

「フェイス6」というプランは、1回の料金がたった2,500円。「なるべくリーズナブルに顔脱毛を体験したい」という女性にピッタリです。

またヒアルロン酸のジェルを用いているので、フラッシュ脱毛でダメージを受けた肌をしっかりと保湿してくれます。

「顔脱毛を受けたいけど、どの店にしようか迷っている……」。そんな女性は、ぜひこの2店をチェックしてみて下さい。

以上で顔脱毛に関するメインの情報を紹介しました。

以下、脱毛についての細かい疑問点や、気をつけるべきポイントを述べていきましょう。

6.歯医者に通っていても脱毛はできる?

歯を気にする
脱毛は短い日数では終わらないのが普通です。
数ヶ月から数年に渡ってサロンやクリニックに通わなければならないので、その期間中に虫歯などの治療をする機会もあるかもしれません。

顔脱毛の場合、IPLなどを顔に当てるわけですから、歯の治療が施術に悪い影響を及ぼすかどうか気になります。

実際に店側に訊ねてみると、通常の虫歯治療なら脱毛そのものは問題なくできる、とのこと。

ただ注意が必要なのは、歯医者で処方してもらった痛み止めを摂っている場合です。

実はそれらの薬によって、「光線過敏症(光過敏症)」という症状が引き起こされることがあります。

この症状が起こると、普段なら問題なく行われる光の照射によって、肌にむくみ、かゆみ、水ぶくれなどが生じてしまいます。

痛み止めの中にはこの症状を誘引する成分が含有される可能性があるため、摂っていると施術してもらうことができません。

症状が重篤なものになると危ないので、痛み止めを服用している場合は必ずスタッフに言うようにして下さい。

ちなみに虫歯の痛み自体も、施術の光のために激しくなることがあります。
そのため、痛みがひどい場合、口周りの施術は後回しにし、他の部位を先にしてもらうようにしましょう。

また、歯列矯正の目的で歯科に通院しているという人もいると思います。そういうケースでは、光が矯正器具に当たると熱が生じることがあるので、施術は不可です。

ただ最近ではプラスチックやセラミックの器具も多いので、それなら施術は可能。

このようにパターンは色々考えられますので、必ず施術前に店側と相談して下さい。

7.ニキビがあると施術は無理?

ニキビがある女性
脱毛は健康に影響することもあるので、施術に関して色々と制限があります。

例えば肌の乾燥がひどいと施術不可ということが多いですし、施術前の自己処理で剃り残しがあるとその部分の施術は後回しになります。

このように予約をとっても、条件を満たしていないために施術ができない、という場合は結構あります。

では、ニキビができているとどうでしょうか?

調べてみると、大抵のサロンで施術可能です。

というのも、上述したようにサロンのIPL脱毛機は、もともとエステで美容ケアに用いられていたもの。ですから肌に悪影響はありません。

IPLはメラニン色素に反応して毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織に損傷を与えます。つまり、ニキビなどの色の薄い部位ならIPLも反応せず、高熱が生じることもありません。

ただ炎症が進んでいる時は、毛根の高熱がニキビへも影響する可能性があります。
その時は、ニキビを避けて施術することになるでしょう。

スムーズに脱毛するためにも、ニキビはしっかりケアし、早めに治すようにして下さい。

8.脱毛でそばかすやシミができる?

そばかすやシミを気にする
現在、脱毛サロンで主流となっている脱毛法は、IPLなどの特殊な光を肌に当てるというもの。

「肌にそんな光を照射するとそばかすやシミができてしまうのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに、陽光を浴びるとそこに含有される紫外線のせいでメラニン色素が沈着し、シミなどができます。サロンの光も強烈なので、同じように肌にシミを作るのではないか、と思われがちです。

しかし、もともとIPL脱毛機というのは、毛穴の引き締めやシミ・くすみの軽減のためにエステで使われていたもの。決して、肌に対して害を及ぼすものではありません。

では、「顔脱毛してもらったら、そばかすやシミができた」という口コミがネットに何件か投稿されているのは、なぜなのでしょうか?

これには、いくつか理由が考えられます。

まず、元々見えないところに隠れていたシミが、ターンオーバーのせいで表面に現れてきた、というもの。

施術してもらうと新陳代謝が活発になり、皮膚の奥に隠れていたシミが肌に出てくることがあります。

ただ、大抵は一時的なもの。さらにターンオーバーが進めば消えてしまいます。

あと、乾燥して敏感になっている肌へ軽微な傷がつき、それが痕になって残ることがあります。これをてっきりシミだと勘違いしてしまうのです。

こんな事態を起こさないためには、保湿をキッチリするなど、施術後のケアが肝心。

いずれにせよ、施術によって直接起こるものではないので、問題ありません。

9.サロンに行くとき、すっぴんでないといけない?

すっぴん
サロンの初心者にとっての不安のひとつが、
「顔の脱毛をしてもらいに行く時、化粧していても問題ないのか?」

ということ——。

素顔でも平気な10代の学生ならともかく、いつもしっかりとメイクをしている女性にとって、職場や自宅からサロンに着くまでずっとすっぴんでいるのは結構キツいことです。

結論から先に言ってしまうと、メイクしてサロンに出かけても大丈夫です。

脱毛サロンには専用ブースが用意してあることが多く、そこでメイクをオフすることが可能です。またサロンによっては、サービスとしてスタッフが施術前にメイクを落としてくれる場合もあります。

ただ、いくらその場で落とせるからといっても、あまりに念入りに化粧をしていくと、オフするだけで時間がかかってしまいます。

普段よりもメイクは控えめにし、時間の余裕を持って脱毛するようにしましょう。

以上、顔脱毛の情報とその疑問等に関して詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の文章を参考に自分に合ったサロンを見つけ、顔脱毛を受けてみて下さい。
肌の状態もきっとよくなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@浜松

おすすめの脇脱毛サロン@浜松

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@浜松

天王寺で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼ

ミュゼ

浜松にあるミュゼの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111-2
アクトタワー3F
イオン浜松西店 静岡県浜松市西区入野町6244-1
イオン浜松西3F

浜松のミュゼの店舗イメージ

浜松のミュゼで
無料カウンセリングを予約する

ジェイエステティック

ジェイエステ浜松

浜松にあるジェイエステティックの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市東区上西町1020-1 浜松プラザ・フレスポ 2F
JR/遠州鉄道 浜松駅より車で約15分
東名高速道路浜松ICより車で約15分
県道45号線沿い 浜松プラザ・フレスポ 2F

浜松のジェイエステの店舗イメージ

浜松のジェイエステで
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

脱毛ラボ浜松

浜松にある脱毛ラボの店舗情報

浜松店 静岡県浜松市中区鍛冶町1-37オーシャンビル4F
新浜松駅のスクランブル交差点のシャンボール前を元イトーヨーカドー方面に数メートル進んで頂くと左手にワインバーが。そのビルの4階。

浜松の脱毛ラボの店舗イメージ

浜松の脱毛ラボで
無料カウンセリングを予約する

TBC

TBC

浜松にあるTBCの店舗情報

浜松アクトタワー店 静岡県浜松市中区板屋町111−2 アクトプラザ

浜松のTBCの店舗イメージ

浜松のTBCで
無料カウンセリングを予約する

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.そもそも「脱毛」って?
3.ワキ脱毛の詳細(施術回数・料金・痛み)は?
4.ワキ脱毛で失敗を避けるために
5.脱毛サロンと医療クリニックってどう違うの?
6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?
7.ワキ脱毛が終わっても、効果に不満がある場合は?
8.脱毛のせいでワキの汗が増える?

1.サロン選びの際の注意点!

夏になると、どうしても露出の多い服を着ることになります。

そんな際、気になるのがワキに生えているムダ毛でしょう。

特にノースリーブを着る場合は注意が必要。
ワキ毛を処理していないと、腕を上げた時に他人にはっきり見られてしまいます。

とはいっても処理というのは面倒。おまけに自己処理を続けていると肌トラブルが起こりがちです。

埋もれ毛、黒ずみなどがトラブルの主なもの。黒ずみなどがあると、かえってワキの見栄えが悪くなります。

「自己処理をやめてサロンに通って脱毛したい!」

そう思っている女性も多いでしょう。でも未経験者にとって、脱毛の施術というのはハードルが高いものです。

「何回くらい通わないとダメないの?」
「痛みはどれくらいひどい?」
「料金は最終的にどれくらいくらいかかるの?」

これらの疑問が解決されないまま、結局、サロンへ行かずにムダ毛に悩んでいる、という人も少なくありません。

そこで、このページではワキ脱毛の値段やその効果などについて詳しく説明し、そんな女性のお悩みを解消してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になれば幸いです。

2.そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報をお伝えする前に、まず、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを説明しておきます。

勘違いしている人が多いのですが、サロンや医療クリニックで行っている「脱毛」の施術は、単に毛を抜くというものではありません。

考えてみれば分かりますが、毛を抜くだけなら、わざわざ高い料金を払ってサロンに通うメリットなどありません。

では、プロによる脱毛というのは、どういうものなのでしょうか?

実はサロンや医療クリニックでの施術においてターゲットとなるのは、ムダ毛そのものではないのです。

ではどこなのか、というと、皮膚の中にある毛根部分。

現在サロンやクリニックでは、特殊な光をムダ毛部分に照射することで、その毛根にアプローチする手段をとっています。

このIPLやレーザー光は、黒いメラニン色素に反応する性質を持っています。ムダ毛の生えている肌に照射すると、皮膚の奥にある毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛母細胞、毛乳頭などの組織に大きな損傷を与えます。このことで発毛機能がダメージを受けるわけです。

最近は脱毛がちょっとしたブームです。顔、VIOなど、様々な部位を脱毛する人が増えています。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラー。
脱毛初心者のほとんどが最初に施術してもらう部位だと言われています。

やはり、ワキというのは夏になると露出の機会が増えます。「ムダ毛処理をするならまずワキ」と考える女性が多いのでしょう。需要は非常に高く、実は夏だけでなく、年間を通して人気のある脱毛部位となっています。

また、ワキは汗腺が集中している部位でもあります。そのこともあって他の部位よりも汚れが溜まりやすく、黒ずみ、ブツブツなどの肌トラブルになったり、ひどくなると埋没毛(埋もれ毛)や毛のう炎などの厄介な症状になることがあります。

肌の良い状態を保つためにも、ワキ毛は早く脱毛してもらい、できるだけ自己処理を止めるのがおすすめです。

3.ワキ脱毛の詳細(施術回数・料金・痛み)は?

以上の説明でワキ脱毛のメリットがお分かりになったかと思います。

「そんなメリットがあると聞いて、さっそくサロンに通いたくなった」という女性もいるでしょう。

ただ、実際に施術してもらうとなると、以下のような点が気になると思います——

・施術の回数はどれくらい必要か?
・料金は全部でいくらぐらいかかる?
・施術時の痛みはあるの、ないの?

では、これらの疑問について、ひとつひとつお答えしていきましょう。

まず施術回数について。実は脱毛というのは1回や2回ではすみません。完了するまでに長い期間がかかります。

特にワキは意外に厄介な部位です。太いムダ毛がまとまって生えている上、毛根が他の部位に比べて深いところにあり、顔や脚よりも多くの施術回数が必要となります。

店舗によって違いはあるのですが、サロンの場合、完了まで12回から18回、というのが一般的です。

次に料金。これはサロンによってかなりの幅があり、中には驚くような高額のところも少なくありません。

ただ、ワキ脱毛に関しては、おすすめの店があります。

それは「ミュゼ」。全国展開をしているチェーン店です。

なぜおすすめかというと、一番人気の「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」というプランを選ぶと、たった100円で施術が受けられるからです。

これだけリーズナブルに脱毛をしてくれるところは他にはありません。なるべく安くで脱毛を試してみたい人にはピッタリなサロンです。

さらに、ミュゼのメリットは料金だけではありません。実は、施術時の痛みを軽減するように工夫を凝らしています。

具体的にいうと、他の多くのサロンがIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を採用しています。

キセノンランプでインテンスパルスライトを照射するIPL方式に対して、SSC方式ではクリプトンライトというものを使います。キセノンランプはそれ自体が脱毛効果を備えていますが、クリプトンライトの場合、光線は毛根に直接の影響を与えません。

ではどうやってムダ毛処理するのかというと、照射前に専用のジェルをムダ毛周辺に塗ります。

この上からクリプトンライトを当てると毛根にダメージが加わり、毛が生えなくなるのです。

この方式の最大の長所は、光そのもののパワーは弱くてもジェルと組み合わせることで効果を発揮する、というところ。これで毛穴が熱くなることもなく、痛みも少なくてすみます。

痛いのがイヤで脱毛を避けている、という人もいるでしょうが、そんな方にもミュゼはおすすめできます。

4.ワキ脱毛で失敗を避けるために

ワキ脱毛をするならミュゼ、という風におすすめしましたが、近所に店舗がないこともあるでしょう。そんな時は他のサロンを選ばなければなりません。

ただ、脱毛サロンの数は以前に比べて増えていて、初心者はどこと契約すればいいのか目移りしてしまいます。

料金に関しても様々な目を引くキャンペーンを行っているのですが、そのプラン設定は複雑。一見しただけでは、どれがお得なのか判断がつきにくいでしょう。

そこでサロンを選ぶとき、絶対に気をつけるべき点をいくつかあげてみます。

施術可能回数が少なすぎるサロンはやめる

脱毛に関してはまだまだ勘違いする人が多いようです。

たとえばサロンや医療クリニックで施術を1回受ければ、ムダ毛は一生生えてこない、と思っている人がいます。

実は、1回程度の施術では、脱毛の効果というのはほとんど実感できません。
確かに施術後10日ほどでツルツルの無毛状態にはなりますが、時間が経過するとまた新しい毛が生えてきてしまいます。

毛がずっと生えないようにするには、数ヶ月から数年かけて特殊な光を何度も当てなければなりません。

しかも太いムダ毛が集中的に生えているワキのような場合、上に述べたように12回から18回ほどの照射がどうしても必要となります。

ということで「料金が安いから」というだけの理由で6回ほどの施術回数の契約を行っていると、その回数を終えても脱毛が完了せず、結局は追加料金をとられて予想以上に高くつく、という場合が少なくありません。

最終的にリーズナブルに脱毛するためには、安いプランは無視し、何回でも施術ができるサロンを選ぶ方が無難です。

返金制度や施術期限に注意を払う

ワキ脱毛を完了させるためには、最低でも3年間、脱毛サロンに通う必要があります。

サロンと一旦契約しても、「効果に不満を感じる」「スタッフの教育がなってない」等の理由から、契約を途中で解約する場合もあると思います。

その場合、店側は当然渋い顔をします。施術回数はわずかなのに半額以上の料金を取られる、というケースも多いのですが、良心的なところだと、1年以内ならば全額返金、という店もあるようです。

「ひょっとしたら施術を中断するかも…」という人は、その条件についてスタッフの人に詳細を聞いておきましょう。

また施術期間にリミットがあり、数年経つと施術不可、という場合もあります。いつまで施術を受けられるのか、事前にチェックしておくことが肝心です。

いずれにしても「ワキの脱毛は長い期間が必要」ということを忘れず、回数や施術期間に制限のないサロンを選ぶべきです。

施術後のケアをキッチリ行ってくれるサロンがいい

ワキはムダ毛を処理することも大切ですが、それだけだと「ケアは十分」とはいえません。
さらに黒ずみやブツブツなどのトラブルを改善することで、美しさが保てます。

脱毛サロンにはそれを考慮し、施術後の保湿サービスを無料で行っているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できますから、一石二鳥です。

また、施術によって高温になった毛穴は熱を持ち、どうしても肌を乾燥させてしまいます。

乾燥はお肌の美容の大敵です。
無用な肌トラブルを防ぐためにも、保湿サービスのついた店を選んだほうがいいでしょう。

5.脱毛サロンと医療クリニックってどう違うの?

ワキ脱毛を行ってくれるのは脱毛サロンだけではありません。料金は高くなりますが、医療クリニックでも施術は可能です。

ではサロンとクリニックでは、どんな違いがあるのでしょうか?

脱毛サロンで施術方法の主流となっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)。そしてクリニックの場合、レーザー脱毛が主に使われています。

メラニン色素だけに反応する光を使うという点で、脱毛の原理そのものは「2つとも同じ」といっていいでしょう。

ではどういう差があるのか、というと、毛根部分にダメージを与えるパワーです。

レーザーの光は波長が長いのが特徴。その威力も大きく、毛根の組織は徹底的に破壊されてしまい、発毛機能が永久に損なわれることが多いのです。

また、脱毛完了に至る回数も違いがあります。フラッシュ脱毛だと10回以上かかるところ、レーザー脱毛だと5回くらいですんでしまいます。

もし「短い期間で脱毛したい」と思っているなら、医療クリニックで施術してもらった方がいいでしょう。

6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?

ワキ脱毛というのは他の部位と比べてリーズナブル。初心者にとっては気楽に施術が受けられるため、最初の脱毛にワキを選ぶ人が多くなっています。

では、ワキ脱毛の料金はなぜこんなに安いのでしょう?

第1に上げられる理由としては、元々ワキが他の部位より狭い、ということ。

サロンでは面積によって料金が決定されるため、ワキは安価に施術できるパーツです。

そして次に、サロン側の”戦略”も見逃せません。ワキという部位は需要が高いため、「その料金をリーズナブルにすることで、より多くの客をひきつけられる」と店側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは大変安くで施術できます。
そのサロンの脱毛技術も分かりますから、脱毛するなら最初にワキを施術してもらいましょう。

7.ワキ脱毛が終わっても、効果に不満がある場合は?

ワキ脱毛が完了。ところがその結果に満足できない——。

そんな場合、さらに施術を続けることも可能です。ただ、そうなると追加料金が高くついてしまいます。

そんな事態を避けるためにも、最初の契約時に必ず12回以上のプランを選ぶようにしましょう。

また、別のサロンで改めて契約するという方法もありますが、この場合、またカウンセリングからやりなおす必要があるので、時間と手間がムダです。

とにかく施術回数及び期間は多めに見ておきましょう。
その上でなるべく施術回数に制限のない店と契約するようにして下さい。

8.脱毛のせいでワキの汗が増える?

最後にワキ脱毛完了後のことについて、ひとつ書いておきます。

ネットを見ていると「脱毛をしてからワキの汗の量が増えてしまった」という口コミが多く投稿されているようです。

これって本当のことなのでしょうか?

答えを先にいいましょう。——そんなことはありません。

ではなぜ「ワキの汗の量が増えた」と勘違いする人が多いのでしょう?

それは、それまでワキの汗をせき止めていたムダ毛がなくなり、汗の流れを肌で直接感じる機会が増えるから……。

これは単なる感覚の問題で、汗の量は脱毛前と同じです。

そのうち汗が流れていく感触にも慣れ、違和感も覚えなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? 色々なポイントからワキ脱毛の詳細やサロンの選び方について書いてみました。

以上の点を参考に、ぜひとも自分に合ったサロンでワキ脱毛の施術を受けてみて下さい。

ワキへの視線が気にならなくなり、肌のコンデションもきっと改善されるはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら

顔脱毛
脇脱毛
腕脱毛
足脱毛
背中脱毛
VIO脱毛

top

脱毛施術のルール

禁止事項

施術に関する禁止事項とは?

脱毛の施術というのはマッサージのような手軽なものではありません。
特に脱毛完了までに日数がかかる全身脱毛については、守るべき禁止事項が色々と設けられています。

どんな禁止事項があるのか、代表的な3つについてまとめてみました——

妊娠中の施術

どこのサロンでも必ず禁止しているのが妊娠中の施術です。長期の契約をしていても、妊娠が判明した時点で出産まで施術はお休みとなります。

「お腹付近はダメだろうけど、顔や足なら施術可能では?」と思われるかも知れませんが、光にしろレーザーにしろ、施術で使われる機器は肌を軽いやけど状態にします。
そのことで体調自体が悪くなり、お腹にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性も否定できません。

妊娠がわかったら、必ずその旨を告げて、施術を中断するようにして下さい。

体調不良時の施術

上述したように光やレーザーを使った施術では皮膚の内側に熱がこもり、肌がしばらく乾燥状態におちいります。そうなると肌が本来備えているバリア機能が低下。様々な雑菌に感染しやすくなります。特に体調不良時にそんな状態になると重篤な病気を引き起こしかねません。

体調が悪い場合は、予約をキャンセルしてしっかり休息を取るようにしましょう。

濃い日焼けのある肌への施術

施術に使われる光やレーザーは、毛や毛根に含まれるメラニン色素に反応します。そうやって熱を起こして発毛機能にダメージを与えるわけです。ところが肌自体が黒みを帯びていると同じように反応してしまい、やけどを起こしかねません。

施術の前には紫外線をなるべく避け、日焼けしないようにして下さい。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ