脱毛コラム

「背中脱毛をしたいけど不安……」という女性へ

美しい肌は健康と若さの象徴。ピチピチしてなめらかな肌を思い切り露出するのは10代20代でしかできません。
女子高生や大学生などはその特権を享受するかのように、凍てつくような冬でもミニスカートをはいて、街を歩いています。

ただ艷やかな肌を見せびらかすのはいいのですが、その際に注意すべきなのが、いつの間にか成長しているムダ毛です。

いくら肌合いがキレイで、スタイルも素晴らしいとしても、ムダ毛を丁寧に処理していないと「あんなに露出しているくせに、ちゃんと手入れをしてないんだ」と思われ、軽蔑を含んだ目を向けられかねません。

そんな目にあわないためにはしっかりと自己処理しなければなりませんが、月に何度も毛抜きやカミソリで毛を処理していくのは面倒くさいものです。

しかも、脚、腕、それにデリケートゾーンの一部については自分で処理できますが、どうしても自己処理が無理なところがあります。

それが「背中」です。

幸いなことに、日本では人前で背中をさらす機会というのは多くありません。外国ではパーティへ出席する時など、背中全体を露出したドレスを身につけることもあるようですが、日本ではたとえパーティへ出るとしても、そんな大胆な服は好まれないようです。
その点では、背中のムダ毛を処理する必要は少ないと言えます。

ただ、そのせいで背中をそのまま放っておくことになり、知らないうちに毛が異常に伸びていた、ということもありえます。美容に気を使っている女性なら、そんな状態を知ったらショックを受けるでしょう。

そんな場合、上述したように背中の自己処理は大変なので、どうしてもサロンや医療クリニックに行く必要が出てきます。

最近は脱毛もプチブーム状態になっていて、施術してもらう女性の数も急激に増えました。テレビのコマーシャルもしつこく流れているので、有名サロンやクリニックの名前などは脱毛に興味がなくても覚えてしまうくらいです。

ただ、脱毛サロンや専門クリニックと縁がない女性もまだまだ少なくありません。興味はあるのに、何となく不安を感じて脱毛に踏み切れない女性はかなりの数にのぼります。

そこでそんな人のためにこのサイトを立ち上げてみました。
背中脱毛についての色々な情報を紹介し、脱毛することのメリットを解説していこうと思います。

背中脱毛の費用はいくらぐらい?

背中脱毛をするなら、サロンか医療クリニックのどちらかと契約する必要があります。

比較検討するために、それぞれの施術料を一覧にしてみることにしました。

まずはサロンから。サロンで施術を受けると、脱毛完了には最低でも12回はかかりますので、12回の合計額をあげてみます。

・ジェイエステ……97,200円[-32,484円] ・エピレ……134,424円[-116,260円] ・銀座カラー(リーズナブルコース)……136,036円[+6,352円] ・ディオーネ……168,480円[+38,796円] ・ミュゼ……233,280円[+103,596円]

(カッコ内の数値は、上記5店舗の平均費用129,684円との差額)

続いてクリニックです。クリニックの場合、脱毛に最低必要なのは5回なので、5回の値段をあげてみます(ただし湘南美容クリニックは6回)。

・リゼクリニック……79,800円[-45,286円] ・アリシアクリニック……110,000円[-15,086円] ・クレアクリニック……110,592円[-14,494円] ・レジーナクリニック……116,640円[-8,446円] ・トイトイトイクリニック……135,648円[+10,562円] ・表参道スキンクリニック……160,920円[+35,834円] ・湘南美容クリニック……162,000円[+36,914円]

(カッコ内の数値は、上記7クリニックの平均費用125,086円との差額)

こうして見てみると、医療クリニックの方が回数が少なく、費用が安くつくことがわかります。

なぜ背中の脱毛効果は上がりにくいのか?

ほかの部位に比べると、背中脱毛は効果が中々あらわれません。

それは他の部位より背中の毛が細いのが原因です。

また脱毛サロンや医療クリニックで用いられているマシンの種類によっても、効果の優劣、そして完了までのスピードに違いが出てくる、とされています。

サロンでの脱毛には、主にIPL脱毛と呼ばれる方式が使われています。

これはもともとエステサロンで、「フォトフェイシャル」という施術のために使われていたものです。IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系のライトが、シミ、くすみ、毛穴の引き締めなどに効果を発揮していました。

ところが、その施術を受けていた客から「毛が薄くなった」という意見が多数寄せられたため、「ひょっとしたらIPLには発毛機能を阻害する効果があるかもしれない」ということになり、検証テストが行われました。そして効果が確かめられたため、サロンで脱毛用として流用されるようになったのです。

IPLは照射時間が長いため、広範囲の肌に当てることができます。ですから、背中や足などの面積の広い部位にはピッタリ。効率的ということで、施術料も安価、というメリットがあります。

ただ、もともと顔のケア用に作られただけに、毛根に作用する威力はそれほど強くありません。

一方、医療クリニックで主に使われているのは「レーザー脱毛」という方式です。これは文字通り、レーザー光を肌に照射して脱毛効果を上げる、というもの。

実は脱毛の原理自体は、レーザー脱毛もIPL脱毛も同じです。レーザー光もIPLも、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化する特徴を備えています。

直接肌に照射すると、メラニン色素を含んだ組織、つまり毛と毛根で熱に変わり、それらに大きな損傷を与えます。特に毛根には毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった組織があるので、その発毛機能が弱体化し、ムダ毛が伸びてこないようになるわけです。

ただ原理は同一でも、両者の照射パワーは比較になりません。レーザー光の場合は破壊力がものすごく、毛根の組織は完膚なきまでに壊されます。そのため、うまくいくとその部位は一生ツルツルのままになります(これがいわゆる「永久脱毛」です)。

ではレーザー光なら背中脱毛でも効果が高いのでは、と思われるでしょうが、そう簡単にはいきません。

なぜかというと、上述したように背中の毛は細いものが多く、レーザー光を照射しても肝心の熱反応が生じにくいからです。

「じゃあ効果的な脱毛方法はないのか?」ということになりますが、それは以下のセクションで解説していきます。

背中脱毛で効果を発揮できる方式とは?

背中脱毛の効果的な方法はいくつかあります。

それらは以下の通りです——

・サロンのS.S.C.方式での施術
・ダイオードレーザーを使った施術
・美容電気脱毛

ひとつずつ説明していきましょう。

最初に、S.S.C.方式です。これはイタリアのDEKA社が開発したもので、S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」を略したもの。

それまで主流だったIPL方式との最大の差は、機械だけでなく専用のジェルを用いること。このジェルには独自に作られた成分「フィリニーブ」が配合されています。

このフィリニーブにはサルチル酸、尿素、セイヨウシロヤナギのエキスといった天然由来の物質が含まれていて、ライトと併用されることで毛根部位に浸透。優れた脱毛効果を発揮します。

上述したようにライトだけを使う脱毛では、背中の毛にはあまり効果がありません。
しかしジェルを使うS.S.C.方式なら、メラニン色素とは無関係に脱毛できるので、背中の毛にも大きな効果が期待できます。

続いて、ダイオードレーザーを使った脱毛です。

先に述べたようにクリニックではレーザー光で脱毛しますが、使われるレーザーには次のように3つの種類があります。

・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー
・ダイオードレーザー

この3つはそれぞれ特徴を備えているのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高い出力で施術できるのが大きなメリットです。

レーザー光の基準に「パルス持続時間」がありますが、ダイオードレーザーは、3/1000秒と非常に短いため、パワーを高くできるのです(それに、毛の色や太さ、肌の色に関わりなく施術できるという特徴もあります)。

ダイオードレーザーの機種には、「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」がありますので、これらを導入している医療クリニックに通えばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。こちらは「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」とも呼ばれ、以前は脱毛といえばこの方式が取られていました。

その方法ですが、レーザー系の光線を使う現行方式とは違い、毛穴に「絶縁針」あるいは「プローブ」という特別な針を刺し、電気反応を起こして毛根部位を破壊する、というものです。

針は絶縁加工されているので、メラニン色素で熱に変わる光線とは違って、毛穴そのものには影響を及ぼしません。直接毛根に電気を流すために破壊力が大きく、効果はレーザー脱毛よりも高いと言われています。

そのために背中脱毛でも効果は群を抜いており、確実に毛を処理できます。

ただ大きな欠点は、針を刺すという方法なので、痛みがどうしても激しいということ。

また一つ一つの毛穴を処理していくので、脱毛終了までに相当な期間と費用がかかります。それらのデメリットを理解した上でこの方式をチョイスすれば、他の方法よりも効果的に脱毛できます。

以上、方法を3つ紹介しました。

このうち、最も安上がりで済むのがS.S.C.方式です。自分の毛の質を考慮し、効果が簡単に上がりそうなら、S.S.C.方式で施術してもらうのがベストでしょう。

ただ確実に脱毛したいと思ったら、美容電気脱毛が第一候補となります。

背中脱毛についての疑問と回答

背中脱毛をしてもらう時の疑問点についてまとめてみました。

Q.施術後、部位がかゆくなると聞いたけど?

確かに施術してもらうと肌が一時的に乾くので、部位にかゆみが起こることがあります。

かゆみを防ぐには、アフターケアに気を配っているサロンや医療クリニックを選ぶことが肝心です(サロンの場合は施術後にローションを塗るなど、ほとんどの店で保湿に気をつけているようです)。

なお、帰宅してからも、保湿ケアは続けて下さい。ひとりで背中にローションやクリームを塗るのはなかなか難しいのですが、手の届く範囲で頑張ってみましょう。

Q.硬毛化が起こりやすくなるって本当?

硬毛化というのは、本来は細い毛なのに、何かのきっかけで濃くなってしまう現象を指します。確かに脱毛すると硬毛化が起こることがありますが、科学的に施術が原因かどうかは突き止められていません。

硬毛化は避けたいことですが、一時的に毛が濃くなっても、脱毛マシンやその方法を替えるなどして施術を続ければ、他のムダ毛と同じように処理は可能です。

Q.施術で背中にあるニキビが治るって本当?

脱毛を終えれば、確かに背中にあるニキビが治っていくようです。

なぜそうなるのかというと、毛穴の周りの炎症や皮脂の詰まりが改善されるからです。

背中にニキビができるのは、肌の表面付近の毛穴の角質が厚くなったり、皮脂が溜まったりするからです。脱毛が完了すれば開いていた毛穴が締まってくるので、周辺の肌トラブルも少なくなってニキビができにくくなります。

ただ、注意しなければならないのは、施術直後です。熱のせいで肌が乾くので、皮脂の分泌量が一時的ではありますが増えてしまいます。そうなるとニキビも発生しやすくなりますから、施術後はクリームや化粧水を用いて保湿を怠らないようにして下さい。

Q.施術前日にはシェービングしなければならないの?

確かに、施術前日に該当部位を電気シェーバーで処理する必要があります。

ただ、ひとりで背中の毛を剃るのは難しいでしょう。サロンやクリニックによってはサービスで処理してくれるところもありますから、それを利用しましょう。

たとえばキレイモというサロンだと、4つの部位(うなじ、背中、ヒップ、Oライン)はスタッフにシェービングを頼めます。

月額料金プランの場合、複数部位をシェービングしても料金は1,000円しかかかりません。

またパックプランだと、すべて無料でシェービングをやってもらえます。

以上、背中脱毛に関する情報を細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

夏を迎えると海水浴やバカンスに行く機会もあり、普段は隠している背中を人目にさらすことが多くなります。
脱毛をしてムダ毛をなくし、他人が見ても恥ずかしくない肌にしましょう。

現在大人気のVIO脱毛って一体どんなもの?

現在、脱毛はかつてないほどのブームを呈しています。

むかし「脱毛」というと、一本一本の毛穴に特殊な針を刺して電気を通す方式が普通でした。これは時間と手間がかかるため、どうしてもその料金も高額になります。そのせいで「脱毛というのは一部の富裕層がやるもの」というイメージが付いていました。

それがレーザー技術を利用した効率的な脱毛機の発明で状況が一変。
施術が簡単になったせいもあって、料金が驚くほどディスカウントされました。

キャンペーンも大々的におこなわれて「脱毛したい」と思う人が多くなり、脱毛人口は一気にアップ。現在、脱毛初心者をターゲットにしたサロンや医療クリニックが続々とオープンしています。

また、以前に比べて脱毛できる部位もはるかに増えました。施術の対象となる部位といえばワキや足がメインだったのですが、現在では腕、顔はもちろん、VIO部分が施術希望の人気部位となっています。

これを聞いて「え、VIOってどこ?」という人ももちろんいると思います。

そんな初心者のために、このページではVIO脱毛の詳細を解説し、あわせて脱毛全般についての注意点も紹介してみることにしました。

VIO脱毛って一体なんなの?

「VIO」というのは、一言でいえばデリケートゾーン、つまり女性の陰部周辺のこと。V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(ビキニライン。両脚の付け根付近)
・Iライン(女性器の両側。もっともデリケートな部分)
・Oライン(肛門を中心にした半径2センチの部分)

をあらわします。

要するに「VIO脱毛」というのは、アンダーヘアーの脱毛というわけです。

脱毛に全然興味を持たない人は「わざわざそんなところをサロンや医療クリニックで処理してもらうの?」と不思議に思うかもしれませんが、実はVIOというのは、プロの手で脱毛してもらいたいパーツの第2位となっています(1位はワキ)。

それほど人気のVIO脱毛ですが、次のような長所があります——

・生理中のムレや嫌なニオイが減る
・毛先によるかゆみやチクチクがなくなる
・Tバックの水着や下着が着用できる

また、自己処理の手間がなくなることも大きな長所です。

実は毛抜きやカミソリでムダ毛を処理していると、その肌への刺激のせいでメラニンが活性化し、肌が黒みを帯びてきます。

しかしVIO脱毛することによって自己処理が不要となり、キレイな肌が保たれるのです。

Vラインのデザインに関して

VIOの中でも、Vラインは特別人気を呼んでいる部位です。アンケートでも「脱毛を希望するパーツ」として常に上位にランキングされています。

Vラインを施術する場合、全くのツルツル状態にする人は少なく、一部を残すことが多いようです。
その時「どんな形にヘアーを残すのか」が問題となります。

店によって色々とデザインは違いますが、定番とされているのは以下のものです——

・逆三角形

最も人気のデザイン。脱毛したようには見えず、非常に自然な感じです。

・オーバル型

別名「楕円型」。丸みがあるせいで、女性らしさがアピールできます。

・Iライン型

文字通りI字の形に残します。露出度の高い水着や下着にはピッタリ。足が長く見えるというメリットもあります。

・Uライン型

逆三角形に丸みをもたせたもので、やはり自然な感じです。

・スクエア型

「Iラインはちょっと……」という人がよく指定しています。ただ少し不自然さがあるので、好き嫌いは分かれるでしょう。

ちなみに、医療クリニックで脱毛するなら、デザインは慎重に選ぶことをオススメします。というのもクリニックの場合、一旦脱毛すると永久にそのままになる可能性があるからです。そのことをよく考えて決めましょう。

Oライン脱毛に関して

アンケートでも、VラインとIラインは「処理を希望する部位」としてよくランキングの上位となります。大胆な水着や下着を着る時にどうしても処理する必要があるからでしょう。

ところが、Oラインは自分では見づらいこともあって後回しにされがち。
「特に脱毛する必要はないのでは?」と考えるのか、施術する人が少なくなっています。

でも、Oラインを脱毛すると非常に衛生的です。ムレやニオイの不快感を軽くできます。

また、エッチの時も体位によってはOラインが目立ってきますので、処理しておく方が彼氏や旦那さんに不快感を与えずにすみます。

実際にサロンやクリニックで施術してもらう時は、店側が用意した紙パンツをはきます。それをスタッフがちょっとずらし、お尻を広げながら、脱毛マシンで光を照射していくわけです。

体勢は各店舗や医院によって違いますが、「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」かになるようです。
恥ずかしさの点では前者の方がマシなので、スタッフに「うつ伏せで」とお願いするといいでしょう。

施術そのものは10〜15分程度しかかかりません。あっという間なので施術中は恥ずかしさを我慢しましょう。また施術を繰り返すうちに、徐々に見られることに慣れてきます。

少しの手間だけで肛門の周辺がキレイになりますから、ぜひOライン脱毛をやってみて下さい。

サロンと医療クリニックにはどんな違いがあるの?

VIO脱毛をすると決めたら、サロン、医療クリニックのどちらかに通う必要があります。

この両者の違いは色々あるのですが、1番大きな差は施術に用いる方式。

サロンの場合、ほとんどの店が使っているのがIPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

IPLというのは、intense pulsed lightを略したもの。紫外線をカットした特別な光線で、黒いメラニン色素に反応する特徴を持っています。

ムダ毛の伸びた肌に当てると、肌の奥にある毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化。
発毛機能に大きなダメージを与え、ムダ毛の成長を阻害します。

一方、医療クリニックで採用されているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にはダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどの種類がありますが、どれも働く原理はIPLと変わりません。毛根に含有されたメラニン色素にレーザー光が反応し、高熱に変わることで組織を破壊。脱毛効果をあげます。

IPLとレーザー光の違いというのは、波長、およびパルス幅で、照射パワーは格段に差があります。

パワーが強力なのはレーザーの方です。数回の照射によって毛根組織は完璧なまでに破壊され、ツルツルの無毛状態が半永久的に続きます。毛根組織を壊すのは医療行為とみなされるので、マシンの操作は医師免許を持っているスタッフしかできません。

効果は抜群ですが、その分肌の負担も大きく、「痛みが激しい」といわれています。

IPLの方は照射パワーが抑制されているだけに肌の負担は軽微で、痛みもレーザー光に比べればはるかにマシです。
その代りに脱毛が終わるまでの日数がどうしても長くなり、施術回数も増えてしまいます。

またIPLだと発毛機能はただ弱まるだけなので、脱毛完了から数年以内に再び毛が再生する可能性が高くなります。

もし脱毛効果を長持ちさせたいなら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるようにしましょう。

VIO脱毛の料金は一体いくらぐらい?

VIO脱毛をすると決めた時に、1番気になるのはその料金でしょう。

実は「脱毛」といっても色々な方法があります。

たとえば、サロンでフラッシュ脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるのか。減毛くらいでいいのか、完全に無毛状態にしたいのか。
高くても脱毛完了までの期間を少なくしたいのか、あるいはあくまで料金の安さにこだわるのか……。

それらのケースケースによって、料金にもまた大きな幅が出てきます。

ここではいくつかの場合について各料金を紹介してみます(なお、以下に出てくるのは「VIOすべて脱毛するプラン」です。
V、I、Oを単独で脱毛する場合はまた値段も異なります)。

まず、サロンでIPL脱毛をする場合、有名店舗の料金は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回の料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回の料金は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回の料金は8,640円)

完全にツルツルにしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回の料金は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回の料金は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回の料金は9,180円)

続いて医療クリニックでレーザー脱毛をする場合。定評のあるクリニックの料金をまとめてみます——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回の料金は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回の料金は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回の料金は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回の料金は18,540円)

完全にツルツルにしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回の料金は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回の料金は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、VIO脱毛については医療クリニックの方が全般に安く、とりわけ湘南美容外科のリーズナブルな料金が目立ちます。

VIO脱毛をしたい人は、とりあえず湘南美容外科をチョイスすれば間違いないでしょう。

施術後は必ず肌への刺激を控える

脱毛は毛根を燃やす光を浴びせるため、周辺の肌組織も軽い火傷状態になります。皮膚に含まれる水分も蒸発し、バリア機能が一時的に衰えることに。

そのため、敏感肌の体質の人は、特に赤み、かゆみ、炎症などが起こりやすくなります。

サロンやクリニックへ行く時の服装は別にどんなものでもいいのですが、施術後に生じがちな肌トラブルを予防するためには、なるべく肌への負担が少ない、ゆったりとしたものにしましょう。

さらに、「天然素材の生地にし、化学繊維などは避ける」「通気のよいものにする」「日焼け予防のため、肌を露出した服はやめる」など、術後の肌を守る工夫を色々おこなって下さい。

脱毛すると、しばらく肌がザラザラするのはどうして?

サロンやクリニックで施術を受けた後、部位の肌ざわりがザラザラしていることがあります。

原因についてはいくつか考えられますが、1番可能性の高いのが、「脱毛マシンの照射威力が高い」こと。

サロンではキセノンランプによるIPL、医療クリニックではレーザー光を使いますが、ムダ毛に光を当てると毛全体が高熱に包まれます。

この時、毛根を含めて毛だけが損傷を受けるといいのですが、何しろその熱エネルギーが強烈なために、どうしても毛穴やその周りの肌にも熱が伝わってしまいます。

そうなると、当然角質層にあった潤い成分もどんどん蒸発してしまい、皮膚は乾燥状態に。それがさらに進行すると肌がザラザラになってしまうのです。

気をつけなければならないのは、肌トラブルの防止。ザラザラ状態になった肌は本来のバリア機能が弱体化しているため、ちょっとした刺激でもすぐにトラブルが生じます。

カユミ、赤み、むくみ程度ならまだいいのですが、かゆみのあるところを掻きむしったりすると、傷のついた肌の内部に様々な菌が入り込み、毛嚢炎などの面倒な症状を引き起こしかねません。

毛嚢炎は肌の表面だけなら1週間くらいで簡単に治癒できますが、毛穴の奥の部分まで菌が入り込むとオデキに似た状態になり、かゆみや痛みが悪化します。

さらに症状が慢性化すると炎症が周りに拡大していき、完治したとしても見苦しい傷跡が残ることがあります。

そんな悲惨な結果を避けるためにも、術後はクリームやローションを塗るなどしてケアに努め、弱体化した肌を十分にいたわるようにして下さい。

以上、VIO脱毛の詳細と、脱毛一般についての情報を色々と解説してみました。いかがだったでしょうか?

もしここまで読んでこられた方の中に「デリケートゾーンを自己処理している」という女性がいたら、ぜひ脱毛にチャレンジしてみることをオススメします。カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は肌への刺激が強く、黒ずみなどの肌トラブルの元凶となります。脱毛で自己処理の必要をなくし、キレイなデリケートゾーンを保ちましょう。

トラブルの多い自己処理はやめて足脱毛をしよう

夏を迎えると上半身は半袖やノースリーブ、下は短いスカートなどで暑さしのぎをしたくなります。

また暑さ対策だけでなく、最近はずっと露出度の高いファッションが流行っています。特に10代から20代の女性は、自慢の足を見せびらかしたい、と思うでしょう。

シルエットの美しい足というのは男性ばかりでなく、女性でもつい視線を向けてしまいます。ただ、露出するのはいいのですが、気にかかってしまうのがそこに生えているムダ毛の存在です。

処理をしっかりおこなっていないとみっともないですし、「だらしがない」と思われがち。

そんなことのないようにキッチリと自己処理をしている人も多いでしょうが、毛抜きやカミソリ、あるいは除毛クリームなどは肌への刺激が強く、せっかくのキレイな足に色素沈着などを生じさせる可能性があります。

美しくするために自己処理をやっているのに、ダメージを与えては本末転倒です。

「厄介な自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックで脱毛してみようかな……」

そういう考えが頭をよぎる女性も少なくないでしょう。

ただ、脱毛を経験したことのない人にとって、契約した上で施術に通うというのは、他人が思う以上にハードルが高いものです。

「完了までにどれくらい通い続けるの?」
「施術って何回してもらうんだろ?」
「痛みがひどいって噂だけど、なんとかならない?」
「料金は大体どれくらい?」

これらの疑問がネックとなって結局は脱毛には行かず、肌に刺激の強い自己処理を相変わらず続けている、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、足脱毛の特徴、費用、痛みはどうなのか、足脱毛にピッタリのサロンやクリニックなどを紹介し、上記の疑問に答えてみることにしました。

このページが、足脱毛を考えている女性の一助になれば幸いです。

足脱毛の情報、および料金について

「足脱毛」と一口にいっても、サロンや医療クリニックではいくつかの部位に分けて脱毛するというのが一般的です。

そのため、太ももからつま先まで一気に脱毛したいという人は、「足全セットコース」といったパックを契約するか、「ひざ下、足の甲、太もも」といった風に部位を組み合わせることになります。

では、その部位はどんな風に分けられているかというと、各サロン、各クリニックで違いがあります。

ただ大抵のところでは——

「ひざ上」
「ひざ下」
「ひざ」
「足の甲」
「足指」

と5つに分けているようです。

このうち、1番施術希望者が多いと言われるのが「ひざ下」です。

ひざ下という部位は暑い寒いにかかわらず、スカートをはいたときに露出することが多いので、これは当然でしょう。
また、ひざ下の脱毛ではくるぶしも施術の対象なので、ワイドパンツ、アンクルパンツなどをはく時にも安心です。

気になる足脱毛の費用ですが、これもサロンやクリニックによって違いがあります。

サロンの場合、ひざ下だけの脱毛なら8回くらいで約3〜5万円、太ももから足指までの脱毛だとやはり8回くらいで約10〜15万円です。

足というのは面積が広いために施術に時間がかかります。したがってワキ、顔などの部位と比べると、どうしても料金が割高となってしまいます。

実はサロンでは、全身脱毛の契約についてはかなりのディスカウントをおこなうのが恒例です。ですから、足単独よりも全身脱毛コースを申し込んで施術した方がリーズナブルなこともあります。

その点は、サロンや医療クリニックの公式サイトで判断して下さい。

脱毛の効果はいつ実感できるの?

脱毛効果というのは何回ぐらい施術してもらうと実感できるのでしょうか?

実はサロンとクリニックでは結果が違いますので、それぞれ説明してみましょう。

サロンの場合

足脱毛したいと考えた時、クリニックよりもサロンの方が気軽に出かけられます。有名エステが経営母体の店も多く、キャンペーンを利用すれば相当お安く施術ができます。

サロンに関しては、1回だけの施術ではムダ毛が生えにくくなるといった効果はまず実感できません。

サロンでおこなわれている脱毛方法は、主にIPLというレーザー系の光を使ったもの。毛が新しく生え変わるサイクル(毛周期)に合わせて施術を繰り返すことにより、徐々に徐々に足のムダ毛が細くなったり生えにくくなったりといった結果があらわれます。

とにかく効果が現れるのはゆっくりなので、「少し毛が薄くなった」と感じるためには、最低3回は施術してもらう必要があります。

ほとんどのサロンでは施術と施術の間は2ヶ月ほど置きます。
ですから3回目の施術をおこなうまでには、半年くらいかかるということになります。

クリニックの場合

足脱毛は、医療クリニックでもおこなわれています。

こちらで脱毛に使用されるのはレーザー光。サロンで用いられるIPLよりも照射パワーが強く、より少ない施術で効果があがります。

そのためクリニックで施術を受けると、わずか1回で効果を実感する方もいます。

つまり、脱毛完了を早めたい人にとってはサロンよりもクリニックがベターなわけですが、その代りにデメリットもあります。

それはレーザー照射時の痛みが強いこと。

クリニックによってはあらかじめ麻酔を打つ場合もあり、痛みに弱い人は施術がイヤになるかもしれません。

ただ、クリニックは早く効果があらわれるだけでなく、毛根を完全に死滅されることもできるため、脱毛効果を確実にしたいという人にも向いています。

もし痛みが心配の場合は、最初に足以外の狭い部位を施術するのもいいかもしれません。

足脱毛の完了まではどのくらいの回数が?

効果があらわれる回数については上で述べましたが、ではツルツルの状態になるにはどのくらいかかるのでしょうか?

サロンの場合

サロンにおける足脱毛の終了は、施術8回〜12回が目安だと言われています。

施術は普通2ヶ月に1回なので、およそ2年もの日数が必要となります。

しかし、生まれつき足の毛が太かったり、毛根の再生力が強靭な場合、上の回数では効果が不十分なこともあるようです。
そのようなケースでは、施術回数は14〜18回に達してしまいます。

なお、気をつけてほしいのは、足全体を1万円前後で脱毛するとうたっているサロンです。

こういった店は、施術回数にリミットが設けられていて、大体3回程度となっています。この回数では脱毛効果などほとんど感じられません。しかも追加の施術をすすめられるので、結果的に1万円よりはるかに高額になってしまいます。

サロンで足脱毛をするなら、自分はどの部位を中心に脱毛したいのか、自己処理が不要となるにはどれくらいの施術が要るのか、初回のカウンセリングなどでスタッフに聞いておきましょう。

なるべくなら複数のサロンのサイトをネットでチェックし、事前の下調べをしっかりとおこなっておくことが大事です。

クリニックの場合

サロンよりも効果が早く実感できると言われるクリニックですが、それでも部位がツルツルの状態になるには、ある程度の施術が不可欠です。

平均的な回数を調べてみると、 大体5回から6回。

こちらもサロンと同じように、最初から足のムダ毛が多い、毛が太いといった人は回数が8〜10回になり、クリニックに通う日数も1年を超えることになります。

しかし、サロンと比較すると、期間も施術回数もおよそ2分の1ですみます。多忙なのでできるだけ効果的に脱毛したいという人は、サロンよりもクリニックを選んだ方がいいでしょう。

ただ上で書いたようにクリニックの施術は痛みが激しい上、費用が高いというデメリットがあります。

自分の毛の質、それに費用と効果のバランスを考えた上で、サロンにするかクリニックにするかを決定して下さい。

足脱毛するとブツブツの毛穴が治療できる?

ずっとムダ毛の自己処理を続けている人には、足の表面に黒いブツブツができていることがあります。

これは自己処理のせいで肌のコンディションが悪くなっている証拠です。

自己処理に1番よく使われるのはカミソリですが、肌に繰り返し当てることにより表皮がダメージが加えられ、それを回復しようと皮膚が新しく再生されます。

それが順調に元通りになればいいのですが、運悪くフタのように毛穴にかぶさってしまうことがあります。

そうなると、毛が伸びていっても表面から出られません。埋没毛といって表皮の中で成長し、黒いブツブツのようになってしまうのです。

また、カミソリによってムダ毛を処理しているとどうしても角質層に損傷が残り、最終的にはいわゆるカミソリ負けの症状を呈して、赤いブツブツとなります。

プロによる脱毛なら肌にも優しく、このようなトラブルは起こりません。また、すでに足にブツブツがある状態でも、施術によって自己処理の回数は減少するので、自然に治っていきます。

さらにサロンやクリニックの中には、術後のトリートメントを念入りにおこなうところもあります。
これにより皮膚に水分が供給され、治癒効果もアップします。

自己処理の中止とこの保湿ケアのおかげで、足の肌は施術前よりキレイになるでしょう。

店や医院では肌トラブルについて相談も受け付けているところも多いので、気になることは施術の度に訊ねてみましょう。

おすすめしたいサロンとクリニック

ひざ上、ひざ下といった足のパーツは、ワキの次によく施術される部位。サロン、クリニックともリーズナブルなプランを用意しています。

ジェイエステティック

なるべく安くで足を脱毛したいなら、ジェイエステティックがオススメです。

創業は1979年で、もう40年になろうという老舗です。知名度では、銀座カラー、脱毛ラボ、ミュゼ程ではありませんが、実はメリットの多い店。

足脱毛では、「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」から好きなパーツを選んで施術できます。

また足以外にも、両ワキを12回まで無料で施術してもらえます。

通常コースの料金が他のサロンよりずっとリーズナブルで、回数ごとにアップしていくディスカウント率の高さも大きな魅力です。

さらに肌トリートメントも念入りにやってくれるので、術後の乾燥した肌もしっかりと保湿できます。

まずはお試しコースを体験し、気に入ったら契約して通うのがいいでしょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、クリニックでは他に類をみないほど料金がリーズナブル。足全体コースの料金は5回で92,900円。ほとんどのサロンよりも安いのですから驚きです。

しかも脱毛マシンに関しても、ライトシェアデュエット、メディオスターNexTという2種類をそろえています。

クリニックは脱毛効果が抜群ですが、施術時の痛みが激しいのが大きなデメリットです。しかし、アリシアクリニックで採用されているこれらのマシンは、極力痛みを減らすようにできています。

「クリニックに通いたいけど、痛みがイヤで」という人も、アリシアクリニックなら安心して施術できます。

足脱毛に関するQ&A

Q.施術に出かける時はどんな服装をすればいい?

これはサロンやクリニックによって違います。店や医院によってはガウンが用意してあって、それに着替えて施術します。そういうところではどんな服装でも問題はありません。

そのままの格好で施術を受けるサロンやクリニックの場合は、下半身はショーツだけになり、バスタオルで肌を覆いながら施術してもらいます。

なお、照射の時に専用ジェルを塗る方式のサロンでは、ジェルがショーツについてしまうことがあります。
紙ショーツの用意がない店では、替えのショーツを自分で持ってくると安心です。

Q.色素沈着している肌も施術できる?

4つのサロンと2つのクリニックに質問しましたが、大抵のところは「色素沈着があると施術は不可」という返事でした。

施術時に照射される光やレーザーはメラニン色素にぶつかると高熱に変わります。
そのため、黒っぽい傷あと、タトゥー、アートメイクなどは熱によって火傷状態となる危険性があります。

ただ、リゼクリニックの場合、看護師が目で見当をつけ、危険性が低いようなら脱毛するということです。

Q.肌が乾燥している部位は施術できる?

上記と同じように各サロン、クリニックに質問しましたが、肌が乾燥している部位については施術することができないようです。

というのも、乾燥した皮膚に光を照射すると、重い肌トラブルが起こりやすくなるからです。

また傷がある場合も、化膿を起こすケースがあるので施術できないとのことでした。

以上、足脱毛について様々な情報をご紹介しました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べたように、ムダ毛の自己処理は肌のコンディションを悪くします。
美肌をキープするためにも、自分に合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて施術してもらいましょう。

トラブルの多い自己処理はやめて腕脱毛をしよう

腕は気温が高くなると露出することが多くなり、人目につきやすくなります。
体の中でも自分で処理できるので、「腕のムダ毛の自己処理を欠かさない」という女性も少なくありません。

ただ、毛抜き、カミソリ、あるいは除毛クリームを用いた自己処理は、簡単におこなえる代わりにデメリットも多くなっています。

そこで推薦したいのが、医療クリニックやサロンでの脱毛です。

最近は新しい技術が開発されたこともあって、脱毛の費用が下がっています。
そのためにちょっとしたブームが起こり、思い切って施術を受けに行く女性が増加しています。

ただ全くの初心者でサロンにも無縁だった人は、脱毛についてボンヤリしたイメージしか持っていないかもしれません。

そこで、このページでは美肌をキープしながらムダ毛処理のできる、腕脱毛の長所について紹介してみます。

腕脱毛をするとどんなメリットがあるの?

サロンやクリニックでの腕脱毛には、以下のように2つのメリットがあります。

1つ目は当たり前のことですが、ツルツルしたキレイな肌が得られること。

経験者なら分かるでしょうが、自己処理というのは仕上がりがあまりキレイではありません。特に毛が濃い場合は、毛穴が結構目立ってしまいます。

プロの脱毛ならそんなこともなく、非常にツルツルのお肌になります。
他人がジロジロと視線を向けてきても、恥ずかしい思いをすることがありません。
むしろ積極的に腕の露出ができるようになります。

そしてメリットの2つ目は、自己処理の必要がなくなってその分ヒマができる、ということ。

脱毛の施術が成功すれば、新しいムダ毛は当分の間生えてきません。当然、自己処理が必要なくなるので、これまで毛のお手入れに要していた時間が余ることになります。

体毛が濃い場合、多い人では連日抜いたり剃ったりしている、というケースもあります。脱毛することでその手間が省ければ、余った時間を肌のお手入れや他のオシャレに使えます。

また、カミソリや毛抜きなどによる自己処理は肌へ負担をかけ、肌トラブルが起こりやすくなるという欠点もあります。

埋没毛や黒ずみなどで肌の状況を悪化させないという意味でも、施術で自己処理を不要にすることには大きな効果があるわけです。

腕脱毛の料金について

腕脱毛をやろうと決めたのはいいのですが、心配になるのはその予算です。
なるべくリーズナブルなプランを選ぶとしても、最終的にはどれくらい費用がかかるのでしょうか?

まずはサロンの料金を知ろうと、20店舗の公式サイトで調べてみたところ、

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

となりました。

一方、医療クリニックの場合も同様に調べてみると、

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額です。

つまり、医療クリニックで脱毛するなら、サロンの倍近くの予算になってしまうわけです。

これだけ見るとサロンの方がお得なようですが、クリニックにも高いだけの理由があります。

サロンとクリニックのメリットとデメリットについては下の部分で書いているので、参考にして下さい。

脱毛方法はどんなものなのか?

現在、脱毛の施術でメインとなっている方法には2つあります。それが、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛です。

フラッシュ脱毛は、主にサロンで採用されています。
IPLなど、黒いメラニン色素に反応する光(フラッシュ)を肌に当て、毛根部分に高熱の損傷を与えることで脱毛します。

レーザーと比べるとはるかに威力が弱く、脱毛効果も穏やかです。
施術完了までに日数はかかるものの料金は安く、肌に負担が少ない、というメリットがあります。

一方、レーザー脱毛はクリニックだけで採用されている方法。アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど、使用されるレーザーはパワーが強く、毛根組織を完全に破壊することが可能です。そのため、サロンの脱毛と違って、永久脱毛ができるようになっています。

痛みが強いという欠点はあるのですが、短い日数で脱毛が終わるのは魅力的です。

腕脱毛完了までの回数、及び期間

脱毛の施術は、毛の成長サイクル(毛周期)に準じてスケジュールを組み立てる必要があります。これは脱毛サロンでも医療クリニックでも変わりません。

脱毛して効果があるのは、毛周期でも「成長期」と呼ばれる時期のみ。
そのために、施術は2ヶ月〜3ヶ月に1回というスローペースになるのです。

自己処理が不要になるまでの照射回数と期間は、以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

腕のムダ毛は色の薄くて細いものばかりなので施術の効果が出にくく、他の部位より回数が多くなります。

早く終わらせたいなら医療クリニックを選ぶべきですが、それでも終了までに1年はかかります。

サロンとクリニックではどちらがベター?

脱毛するなら、サロンにすべきかクリニックにすべきか……?

2つにはそれぞれ長所欠点があるため、はっきりどちらがいいとは決められません。

サロンがいいのは、何と言っても費用が安いこと。
なるべくリーズナブルに脱毛したい人に向いています。

それに施術でも肌への負担が少ないため、痛いのが苦手な人にもピッタリ。

一方、早く脱毛を終えたい人にはクリニックが向いています。

料金はサロンより高額ですが、脱毛効果は確実ですし、完了までの日数も短くなります。

またクリニックは医療機関なので麻酔が可能です。
「痛いのだけは絶対イヤ」という人にとっては大きなメリットといえるでしょう。

それに毛が濃いという人にはクリニックの方が向いていますし、毛が薄いならサロンでも十分と言えます。

1回の施術の所要時間は?

ヒジ下やヒジ上だけを施術する場合

腕は他の部位よりも形状がすっきりしているので、時間は短めです。
腕の一部だけを処理するなら、1回あたり30分ですむでしょう。

もし連射が可能なマシンなら、15分くらいで完了することもあります。

腕の全体を脱毛する場合

腕全体を施術してもらう場合、ヒジも含まれます。ヒジは肌が柔らかく、形も球状をしているのでちょっと施術が面倒です。それに面積が大きいため、どうしても手間がかかります。

1回の施術の所要時間は、50分〜1時間というところでしょう。

これは連射式のマシンでも変わりません。
やはり1時間弱と考えておくべきです。

腕脱毛するなら月額プランにすべき?

腕は施術範囲が他の部位よりも大きいので、脱毛が終わるまで時間がかかりやすいと言われています。

また個人個人によって毛の質・量も相違があるため、必要とされる回数も多くなる場合があります。

ということで、もし回数制のプランを契約すると結局は追加施術をする羽目になって、予算を超えた料金になることが少なくありません。

「毛の量が多い」と感じている方は、回数制ではなく月額制を選びましょう。
最初は「値段が高い」と思うかもしれませんが、その方が結果的にリーズナブル、というケースが多いのです。

幸い、最近は完全月額制を取っているサロンも増えています。そういった店なら、得心がいくまで通い続けることができます。

また、いつでもやめたい時に施術を中止できるのも完全月額制の大きな長所。施術をやめさえすれば支払い義務はありません。

ちなみに単なる分割払いを「月額制」と呼んでいるサロンもありますので、その点は注意して下さい。

脱毛するなら「通い放題」にしよう

上で書いたように腕脱毛の場合、脱毛が完了するまでにサロンなら12回以上、クリニックなら5回は施術しなければならないといわれています。

これは「毛周期」という毛の成長サイクルがあり、それに従って施術する必要があるためです。

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、「成長期」のムダ毛にしか効果を発揮しません。
腕の場合だと、成長期の毛は全体の20%と言われています。

ということで、サロンやクリニックでは、2ヶ月置きの成長期に照射を続けていきます。
そうすることでやっと全部のムダ毛に光を当てられるわけです。

しかし、脱毛が無事済んだからといって毛が一生生えないとは限りません。

実はサロンのフラッシュ脱毛は毛根に損傷を与えるだけなので、単なる減毛効果しか得られないのです。

そのため脱毛終了からしばらくすると、また毛が伸びてくる可能性があります。

クリニックのレーザー脱毛の方はどうかというと、こちらも「永久脱毛」と言われてはいるものの、絶対に生えてこないという保証はありません。

「永久脱毛」というのは、「脱毛1ヶ月後の毛の再生率が20%以下」の施術方法とされています(米国電気脱毛協会の定義)。つまり、永久に毛が生えてこないわけではなく、あくまで「毛が生える確率がかなり低い」だけなのです。

ということで、脱毛をおこなう時は、施術終了後のケアが重要になってきます。

なるべくなら通い放題プランを選ぶべきです。
これなら、サロンやクリニックが営業をやめない限りずっと通えます。

また、「5年」といった長期保証のついたプランもいいでしょう。

サロンやクリニックでの施術料金は決して安くありません。せっかく脱毛してもらうのですから、なるべくケア期間の長いプランを選んで下さい。

脱毛を早く終わらせるには?

脱毛完了までに、クリニックなら1年、サロンの場合は2年以上必要です。
できるだけ効率的に脱毛を完了させるために、以下のポイントに注意しましょう。

予約の容易なサロン・クリニックを選ぶ

脱毛の効果を上げるには、毛周期に合致したタイミングで施術してもらわなければなりません。

店や医院の予約がうまく入れられず、施術時期を逸してしまうと、短期間で脱毛を終えるのが難しくなってしまいます。

サロンやクリニックと契約する時は、予約がどれだけ取りやすいか、という点も重要です。

通うのが楽なサロンやクリニックを選ぶ

交通の便が悪く、通うのが大変なサロンやクリニックを選ぶと、つい施術もサボりがちとなります。

脱毛は完了させないと意味がないので、契約するならなるべく通うのが楽なサロンやクリニックにしましょう。

普段から生活を健康的にする

「そんなこと当然」と思われるでしょうが、毎日健康的な生活を心がけることも大事なポイントです。

体調と肌のコンディションは密接な関係があります。脱毛の施術では毛穴が高熱に包まれるため、肌が乾きすぎていると施術が不可となります。

スムーズな施術のためにも、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動に気を配りましょう。
健康管理を熱心に行えば、脱毛も早く終了します。

推薦したいサロンとクリニック

腕脱毛で人気のあるサロンやクリニックを紹介してみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

銀座カラーは、「効果的に脱毛できる」「予約を取るのが楽」など、ネットでも高評価を得ているサロンです。

全身脱毛コースは当然ですが、単独の部位でも通い放題プランを設けているのが大きな特徴。

腕の施術は完了までに日数がかかる場合が多いので、通い放題プランがあるのは魅力です。

レイビス

レイビスは業界でも老舗なので安心感が違います。また完全月額制ということで、やめるのも簡単。

選べるパーツの数に応じてコースが3つあり、4ヶ所なら月額たった2,980円と格安。

脱毛の完了時期は個人によって差がありますが、ここなら自分の都合に合わせるのも楽です。

ミュゼ

業界でも最大手のサロン・ミュゼ。北海道から沖縄まで店舗数は170を越えています。

また格安キャンペーンも毎月のようにおこなっていて、初心者でも施術しやすいのが特徴。

SSC脱毛という新方式の導入で、他のサロンより痛みがグッと軽減されました。
痛みが苦手という人にももってこいです。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

お得なのは「腕脱毛セット」。腕を施術してもらいたい人にピッタリです。また、クリニックではめったにない通い放題プランが用意されています。

湘南美容クリニック

CMでおなじみのクリニック。全国各地に分院があり、地方在住の方も通いやすくなっています。

リゼクリニック

アフターケアが充実しているのが特徴。
リーズナブルな腕セットがあり、腕脱毛したい場合は最適です。

以上、腕脱毛に関して、詳しい情報をお届けしました。いかがだったでしょうか?

これらの情報を参考にしながら、ぜひサロンへ行って腕脱毛を受けてみて下さい。施術によって自己処理から解放され、肌のコンディションが改善されるはずです。

ワキ脱毛に興味がある

ワキ脱毛に興味があるけど、どの店を選べばいいの?

夏になると、どうしても露出の多い服を着ることになります。

そんな際、気になるのがワキに生えているムダ毛でしょう。

特にノースリーブを着る場合は注意が必要。
ワキ毛を処理していないと、腕を上げた時に他人にはっきり見られてしまいます。

とはいっても処理というのは面倒。おまけに自己処理を続けていると肌トラブルが起こりがちです。

埋もれ毛、黒ずみなどがトラブルの主なもの。黒ずみなどがあると、かえってワキの見栄えが悪くなります。

「自己処理をやめてサロンに通って脱毛したい!」

そう思っている女性も多いでしょう。でも未経験者にとって、脱毛の施術というのはハードルが高いものです。

「何回くらい通わないとダメないの?」
「痛みはどれくらいひどい?」
「料金は最終的にどれくらいくらいかかるの?」

これらの疑問が解決されないまま、結局、サロンへ行かずにムダ毛に悩んでいる、という人も少なくありません。

そこで、このページではワキ脱毛の値段やその効果などについて詳しく説明し、そんな女性のお悩みを解消してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になれば幸いです。

そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報をお伝えする前に、まず、「脱毛とはそもそもどういうものか?」ということを説明しておきます。

勘違いしている人が多いのですが、サロンや医療クリニックで行っている「脱毛」の施術は、単に毛を抜くというものではありません。

考えてみれば分かりますが、毛を抜くだけなら、わざわざ高い料金を払ってサロンに通うメリットなどありません。

では、プロによる脱毛というのは、どういうものなのでしょうか?

実はサロンや医療クリニックでの施術においてターゲットとなるのは、ムダ毛そのものではないのです。

ではどこなのか、というと、皮膚の中にある毛根部分。

現在サロンやクリニックでは、特殊な光をムダ毛部分に照射することで、その毛根にアプローチする手段をとっています。

このIPLやレーザー光は、黒いメラニン色素に反応する性質を持っています。ムダ毛の生えている肌に照射すると、皮膚の奥にある毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛母細胞、毛乳頭などの組織に大きな損傷を与えます。このことで発毛機能がダメージを受けるわけです。

最近は脱毛がちょっとしたブームです。顔、VIOなど、様々な部位を脱毛する人が増えています。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラー。
脱毛初心者のほとんどが最初に施術してもらう部位だと言われています。

やはり、ワキというのは夏になると露出の機会が増えます。「ムダ毛処理をするならまずワキ」と考える女性が多いのでしょう。需要は非常に高く、実は夏だけでなく、年間を通して人気のある脱毛部位となっています。

また、ワキは汗腺が集中している部位でもあります。そのこともあって他の部位よりも汚れが溜まりやすく、黒ずみ、ブツブツなどの肌トラブルになったり、ひどくなると埋没毛(埋もれ毛)や毛のう炎などの厄介な症状になることがあります。

肌の良い状態を保つためにも、ワキ毛は早く脱毛してもらい、できるだけ自己処理を止めるのがおすすめです。

ワキ脱毛の詳細(施術回数・料金・痛み)は?

以上の説明でワキ脱毛のメリットがお分かりになったかと思います。

「そんなメリットがあると聞いて、さっそくサロンに通いたくなった」という女性もいるでしょう。

ただ、実際に施術してもらうとなると、以下のような点が気になると思います——

・施術の回数はどれくらい必要か?
・料金は全部でいくらぐらいかかる?
・施術時の痛みはあるの、ないの?

では、これらの疑問について、ひとつひとつお答えしていきましょう。

まず施術回数について。実は脱毛というのは1回や2回ではすみません。完了するまでに長い期間がかかります。

特にワキは意外に厄介な部位です。太いムダ毛がまとまって生えている上、毛根が他の部位に比べて深いところにあり、顔や脚よりも多くの施術回数が必要となります。

店舗によって違いはあるのですが、サロンの場合、完了まで12回から18回、というのが一般的です。

次に料金。これはサロンによってかなりの幅があり、中には驚くような高額のところも少なくありません。

ただ、ワキ脱毛に関しては、おすすめの店があります。

それは「ミュゼ」。全国展開をしているチェーン店です。

なぜおすすめかというと、一番人気の「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」というプランを選ぶと、たった100円で施術が受けられるからです。

これだけリーズナブルに脱毛をしてくれるところは他にはありません。なるべく安くで脱毛を試してみたい人にはピッタリなサロンです。

さらに、ミュゼのメリットは料金だけではありません。実は、施術時の痛みを軽減するように工夫を凝らしています。

具体的にいうと、他の多くのサロンがIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を採用しています。

キセノンランプでインテンスパルスライトを照射するIPL方式に対して、SSC方式ではクリプトンライトというものを使います。キセノンランプはそれ自体が脱毛効果を備えていますが、クリプトンライトの場合、光線は毛根に直接の影響を与えません。

ではどうやってムダ毛処理するのかというと、照射前に専用のジェルをムダ毛周辺に塗ります。

この上からクリプトンライトを当てると毛根にダメージが加わり、毛が生えなくなるのです。

この方式の最大の長所は、光そのもののパワーは弱くてもジェルと組み合わせることで効果を発揮する、というところ。これで毛穴が熱くなることもなく、痛みも少なくてすみます。

痛いのがイヤで脱毛を避けている、という人もいるでしょうが、そんな方にもミュゼはおすすめできます。

ワキ脱毛で失敗を避けるために

ワキ脱毛をするならミュゼ、という風におすすめしましたが、近所に店舗がないこともあるでしょう。そんな時は他のサロンを選ばなければなりません。

ただ、脱毛サロンの数は以前に比べて増えていて、初心者はどこと契約すればいいのか目移りしてしまいます。

料金に関しても様々な目を引くキャンペーンを行っているのですが、そのプラン設定は複雑。一見しただけでは、どれがお得なのか判断がつきにくいでしょう。

そこでサロンを選ぶとき、絶対に気をつけるべき点をいくつかあげてみます。

施術可能回数が少なすぎるサロンはやめる

脱毛に関してはまだまだ勘違いする人が多いようです。

たとえばサロンや医療クリニックで施術を1回受ければ、ムダ毛は一生生えてこない、と思っている人がいます。

実は、1回程度の施術では、脱毛の効果というのはほとんど実感できません。
確かに施術後10日ほどでツルツルの無毛状態にはなりますが、時間が経過するとまた新しい毛が生えてきてしまいます。

毛がずっと生えないようにするには、数ヶ月から数年かけて特殊な光を何度も当てなければなりません。

しかも太いムダ毛が集中的に生えているワキのような場合、上に述べたように12回から18回ほどの照射がどうしても必要となります。

ということで「料金が安いから」というだけの理由で6回ほどの施術回数の契約を行っていると、その回数を終えても脱毛が完了せず、結局は追加料金をとられて予想以上に高くつく、という場合が少なくありません。

最終的にリーズナブルに脱毛するためには、安いプランは無視し、何回でも施術ができるサロンを選ぶ方が無難です。

返金制度や施術期限に注意を払う

ワキ脱毛を完了させるためには、最低でも3年間、脱毛サロンに通う必要があります。

サロンと一旦契約しても、「効果に不満を感じる」「スタッフの教育がなってない」等の理由から、契約を途中で解約する場合もあると思います。

その場合、店側は当然渋い顔をします。施術回数はわずかなのに半額以上の料金を取られる、というケースも多いのですが、良心的なところだと、1年以内ならば全額返金、という店もあるようです。

「ひょっとしたら施術を中断するかも…」という人は、その条件についてスタッフの人に詳細を聞いておきましょう。

また施術期間にリミットがあり、数年経つと施術不可、という場合もあります。いつまで施術を受けられるのか、事前にチェックしておくことが肝心です。

いずれにしても「ワキの脱毛は長い期間が必要」ということを忘れず、回数や施術期間に制限のないサロンを選ぶべきです。

施術後のケアをキッチリ行ってくれるサロンがいい

ワキはムダ毛を処理することも大切ですが、それだけだと「ケアは十分」とはいえません。
さらに黒ずみやブツブツなどのトラブルを改善することで、美しさが保てます。

脱毛サロンにはそれを考慮し、施術後の保湿サービスを無料で行っているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できますから、一石二鳥です。

また、施術によって高温になった毛穴は熱を持ち、どうしても肌を乾燥させてしまいます。

乾燥はお肌の美容の大敵です。
無用な肌トラブルを防ぐためにも、保湿サービスのついた店を選んだほうがいいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックってどう違うの?

ワキ脱毛を行ってくれるのは脱毛サロンだけではありません。料金は高くなりますが、医療クリニックでも施術は可能です。

ではサロンとクリニックでは、どんな違いがあるのでしょうか?

脱毛サロンで施術方法の主流となっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)。そしてクリニックの場合、レーザー脱毛が主に使われています。

メラニン色素だけに反応する光を使うという点で、脱毛の原理そのものは「2つとも同じ」といっていいでしょう。

ではどういう差があるのか、というと、毛根部分にダメージを与えるパワーです。

レーザーの光は波長が長いのが特徴。その威力も大きく、毛根の組織は徹底的に破壊されてしまい、発毛機能が永久に損なわれることが多いのです。

また、脱毛完了に至る回数も違いがあります。フラッシュ脱毛だと10回以上かかるところ、レーザー脱毛だと5回くらいですんでしまいます。

もし「短い期間で脱毛したい」と思っているなら、医療クリニックで施術してもらった方がいいでしょう。

ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?

ワキ脱毛というのは他の部位と比べてリーズナブル。初心者にとっては気楽に施術が受けられるため、最初の脱毛にワキを選ぶ人が多くなっています。

では、ワキ脱毛の料金はなぜこんなに安いのでしょう?

第1に上げられる理由としては、元々ワキが他の部位より狭い、ということ。

サロンでは面積によって料金が決定されるため、ワキは安価に施術できるパーツです。

そして次に、サロン側の”戦略”も見逃せません。ワキという部位は需要が高いため、「その料金をリーズナブルにすることで、より多くの客をひきつけられる」と店側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは大変安くで施術できます。
そのサロンの脱毛技術も分かりますから、脱毛するなら最初にワキを施術してもらいましょう。

ワキ脱毛が終わっても、効果に不満がある場合は?

ワキ脱毛が完了。ところがその結果に満足できない——。

そんな場合、さらに施術を続けることも可能です。ただ、そうなると追加料金が高くついてしまいます。

そんな事態を避けるためにも、最初の契約時に必ず12回以上のプランを選ぶようにしましょう。

また、別のサロンで改めて契約するという方法もありますが、この場合、またカウンセリングからやりなおす必要があるので、時間と手間がムダです。

とにかく施術回数及び期間は多めに見ておきましょう。
その上でなるべく施術回数に制限のない店と契約するようにして下さい。

脱毛のせいでワキの汗が増える?

最後にワキ脱毛完了後のことについて、ひとつ書いておきます。

ネットを見ていると「脱毛をしてからワキの汗の量が増えてしまった」という口コミが多く投稿されているようです。

これって本当のことなのでしょうか?

答えを先にいいましょう。——そんなことはありません。

ではなぜ「ワキの汗の量が増えた」と勘違いする人が多いのでしょう?

それは、それまでワキの汗をせき止めていたムダ毛がなくなり、汗の流れを肌で直接感じる機会が増えるから……。

これは単なる感覚の問題で、汗の量は脱毛前と同じです。

そのうち汗が流れていく感触にも慣れ、違和感も覚えなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? 色々なポイントからワキ脱毛の詳細やサロンの選び方について書いてみました。

以上の点を参考に、ぜひとも自分に合ったサロンでワキ脱毛の施術を受けてみて下さい。

ワキへの視線が気にならなくなり、肌のコンデションもきっと改善されるはずです。

脱毛施術のルール

禁止事項

施術に関する禁止事項とは?

脱毛の施術というのはマッサージのような手軽なものではありません。
特に脱毛完了までに日数がかかる全身脱毛については、守るべき禁止事項が色々と設けられています。

どんな禁止事項があるのか、代表的な3つについてまとめてみました——

妊娠中の施術

どこのサロンでも必ず禁止しているのが妊娠中の施術です。長期の契約をしていても、妊娠が判明した時点で出産まで施術はお休みとなります。

「お腹付近はダメだろうけど、顔や足なら施術可能では?」と思われるかも知れませんが、光にしろレーザーにしろ、施術で使われる機器は肌を軽いやけど状態にします。
そのことで体調自体が悪くなり、お腹にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性も否定できません。

妊娠がわかったら、必ずその旨を告げて、施術を中断するようにして下さい。

体調不良時の施術

上述したように光やレーザーを使った施術では皮膚の内側に熱がこもり、肌がしばらく乾燥状態におちいります。そうなると肌が本来備えているバリア機能が低下。様々な雑菌に感染しやすくなります。特に体調不良時にそんな状態になると重篤な病気を引き起こしかねません。

体調が悪い場合は、予約をキャンセルしてしっかり休息を取るようにしましょう。

濃い日焼けのある肌への施術

施術に使われる光やレーザーは、毛や毛根に含まれるメラニン色素に反応します。そうやって熱を起こして発毛機能にダメージを与えるわけです。ところが肌自体が黒みを帯びていると同じように反応してしまい、やけどを起こしかねません。

施術の前には紫外線をなるべく避け、日焼けしないようにして下さい。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛する理由

施術を受けたいと思った理由

脱毛の施術を受けたいと思った理由とは?

脱毛ブームということで、テレビ・雑誌でサロンの広告を毎日のように見かけるようになりました。
いくつかの有名店は大変な繁盛ぶりで、予約を取ることすら大変のようです。

やはりお客さんには女性が多いようですが、そもそもなぜ脱毛をしたいと思ったのでしょう?

アンケートで何人かの女性に「あなたがサロンや医療クリニックで脱毛を始めた(始めたい)理由はなんですか?」とたずねたところ、以下のような回答がありました——

「幼い頃から剛毛のことでからかわれてきたから」

硬い毛というのは体質から来るので、自分で改善しようと思っても手の施しようがありません。また、太い毛はクセ毛になることが多く、特に美容に関心のある女性だと早いうちに脱毛したくなるようです。

「肌が弱く、カミソリなどで自己処理をすることができない」

自己処理の方法には、カミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛テープ、ワックスなどがありますが、どの方法も肌への負担が大きく、くすみ、肌荒れ、黒ずみ(色素沈着)はもちろん、埋没毛、毛嚢炎などの症状を起こしがちです。

脱毛の施術を受けるメリットのひとつは、この自己処理の必要がなくなること。肌が弱い人はたいへん助かります。

「VIOラインを清潔にしたかった」

最近デリケートゾーンをキレイにするVIO脱毛が流行っています。VIOとは、V=ビキニライン、I=大陰唇や小陰唇の周辺、O=肛門の周りのこと。

実はデリケートゾーンは蒸れやすく、衛生状態が良いとはいえない部位です。アンダーヘアを処理すれば蒸れも改善され、清潔さも保ちやすくなるのです。

他にも「特に理由はない」「なんとなく」という回答も多く、脱毛サロンがそれだけ手軽なものになっていることが分かります。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の予算はいくらぐらい?

脱毛の料金に満足

脱毛の料金はいくらぐらい?

最近はちょっとした脱毛ブーム。サロンやクリニックで脱毛してもらう人が増えました。
初心者がカウンセリングしてもらおうと思っても予約で一杯ということも多く、その繁盛ぶりがうかがわれます。

ただ興味があっても問題となるのは予算です。たとえ月謝制だとしても最終的にはどれくらい費用がかかるのでしょうか?

そこで脱毛サロン、医療クリニックの両方について、その脱毛費用の相場がどれくらいなのか、公式サイトを元に調べてみました。

まずは脱毛サロン。口コミの多いサロン計20社から、それぞれ部位ごとの平均費用を出してみたところ——

・全身……164,700円
・ワキ……16,833円
・顔……41,033円
・VIO……58,633円
・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円
・足(ヒザ上)……56,300円
・足(ヒザ下)……55,100円
・背中(上下)……71,600円
・うなじ……19,000円

という結果が出ました。

そして脱毛を行っている医療クリニック。こちらも口コミの多い20院の平均価格です——

・全身……401,945円
・ワキ……14,825円
・顔……131,325円
・VIO……67,975円
・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円
・足(ヒザ上)……108,750円
・足(ヒザ下)……100,500円
・背中(上下)……91,917円
・うなじ……57,250円

ご覧になって分かる通り、サロンよりもクリニックでの施術の方がはるかに高くなっています。特に顔の脱毛など、クリニックで施術してもらうとサロンの3倍以上の料金をとられます。

ただ、サロンでは禁止されている永久脱毛がクリニックではできます。
効果と値段を考えて、自分に合ったところを選んでみて下さい。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛後の運動を避けるべき理由

運動を避ける

施術後の運動を避けるべき理由

サロンや医療クリニックで施術してもらった後、「しばらく激しい運動は避けるようにして下さい」と注意されることがあります。

「大きな手術を受けたわけでもあるまいし、なぜ脱毛の施術で運動を禁じられるんだろう」と不思議に感じる人もいるかもしれません。

もちろん、これには然るべき理由があります。

まず、運動を避けるべき理由というのは「運動そのもの」にあるわけではありません。運動によって血行が良くなること、そして汗をかくことが問題なのです。

サロンでの光脱毛にしろ、医療クリニックでのレーザー脱毛にしろ、脱毛の原理は同じです。メラニン色素に反応する特殊な光(レーザー)によって毛根部分に熱を与え、毛乳頭や毛母細胞を弱体化。そのことで発毛を阻害します。

毛根部分だけがダメージを受ければいいのですが、その熱は毛穴や周辺の皮膚にまで伝わり、軽いやけど状態となります。

こうなると肌の潤いは失われ、バリア機能は低下。非常にデリケートな状態になり、わずかな刺激でも赤みやかゆみなどが生じやすいのです。

熱が伝わるのを防ぐために、ほとんどのサロンやクリニックでは肌を冷やしながら照射を行ったり、施術後も冷却ジェルを用いて肌をクールダウンしてくれます。

このように肌の熱を下げようとしているのに、その直後に激しい運動を行うと血行が良くなって体温が上がってしまい、苦労してクールダウンしていたことが無意味になってしまいます。

また、運動をすると汗が出てきますが、汗のせいで肌に雑菌が繁殖しやすくなります。

施術後は上記のように肌のバリア機能が低下しているため、雑菌が開いた毛穴に入りこむと、肌トラブルにつながります。

要するに、なぜ施術後の運動を禁じているのかというと、体温の上昇と雑菌による肌トラブルの発生・悪化を予防するためです。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンに遅刻したら

遅刻する女性

サロンの予約時間に遅刻するとどうなるの?

脱毛サロンで施術してもらうとなると、ほとんどの店は予約制なので、事前に決めた時間に店舗へ向かうことになります。

ただ予約をしていても、仕事や病気でどうしても行けなくなることもあるでしょう。

注意してほしいのは、この手の店舗では遅刻などに対して結構厳しいペナルティーを課す店が多い、ということ。

例えば大手のあるサロンでは、連絡を入れずに予約時間から10分以上遅刻すると、施術してもらえないばかりでなく、1回分が消化されたとみなされてしまいます。

脱毛の費用は決して安いものではありません。もし全身脱毛のプランを契約していたとすると、場合によっては1回分が3万円近くします。これが10分遅刻するだけでまるまる損になるわけです。

こんな事態を避けるためには、とにかく店舗に早めに連絡を入れることです。そうすれば1回分の施術消化という最悪のペナルティーは避けられます。

また、事故・悪天候などの不可抗力で電車・バスが遅れ、予約時間に間に合わない場合、駅や事務所で遅延証明などを貰い、サロンに持っていくようにして下さい。ほとんどの店で特別措置を取ってもらえます。

なお電車なら、過去の遅延であっても1週間〜1ヶ月くらいなら遅延証明の発行が可能です。あきらめないで申請しに行きましょう。

あと気をつけたいのは、生理中は施術を断られるケースがあるということ。

VIO脱毛は、衛生面の問題で不可能。他の部位に関しても「肌が荒れやすい」「脱毛の痛みを感じやすくなる」などの理由で施術を不可とするサロンが多いようです。

予約した日に生理が重なるようでしたら、店に連絡し、施術してもらえるかどうか確認しておくのが無難です。

浜松の人気脱毛サロンランキングTOPへ