トラブルの多い自己処理はやめて足脱毛をしよう

夏を迎えると上半身は半袖やノースリーブ、下は短いスカートなどで暑さしのぎをしたくなります。

また暑さ対策だけでなく、最近はずっと露出度の高いファッションが流行っています。特に10代から20代の女性は、自慢の足を見せびらかしたい、と思うでしょう。

シルエットの美しい足というのは男性ばかりでなく、女性でもつい視線を向けてしまいます。ただ、露出するのはいいのですが、気にかかってしまうのがそこに生えているムダ毛の存在です。

処理をしっかりおこなっていないとみっともないですし、「だらしがない」と思われがち。

そんなことのないようにキッチリと自己処理をしている人も多いでしょうが、毛抜きやカミソリ、あるいは除毛クリームなどは肌への刺激が強く、せっかくのキレイな足に色素沈着などを生じさせる可能性があります。

美しくするために自己処理をやっているのに、ダメージを与えては本末転倒です。

「厄介な自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックで脱毛してみようかな……」

そういう考えが頭をよぎる女性も少なくないでしょう。

ただ、脱毛を経験したことのない人にとって、契約した上で施術に通うというのは、他人が思う以上にハードルが高いものです。

「完了までにどれくらい通い続けるの?」
「施術って何回してもらうんだろ?」
「痛みがひどいって噂だけど、なんとかならない?」
「料金は大体どれくらい?」

これらの疑問がネックとなって結局は脱毛には行かず、肌に刺激の強い自己処理を相変わらず続けている、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、足脱毛の特徴、費用、痛みはどうなのか、足脱毛にピッタリのサロンやクリニックなどを紹介し、上記の疑問に答えてみることにしました。

このページが、足脱毛を考えている女性の一助になれば幸いです。

足脱毛の情報、および料金について

「足脱毛」と一口にいっても、サロンや医療クリニックではいくつかの部位に分けて脱毛するというのが一般的です。

そのため、太ももからつま先まで一気に脱毛したいという人は、「足全セットコース」といったパックを契約するか、「ひざ下、足の甲、太もも」といった風に部位を組み合わせることになります。

では、その部位はどんな風に分けられているかというと、各サロン、各クリニックで違いがあります。

ただ大抵のところでは——

「ひざ上」
「ひざ下」
「ひざ」
「足の甲」
「足指」

と5つに分けているようです。

このうち、1番施術希望者が多いと言われるのが「ひざ下」です。

ひざ下という部位は暑い寒いにかかわらず、スカートをはいたときに露出することが多いので、これは当然でしょう。
また、ひざ下の脱毛ではくるぶしも施術の対象なので、ワイドパンツ、アンクルパンツなどをはく時にも安心です。

気になる足脱毛の費用ですが、これもサロンやクリニックによって違いがあります。

サロンの場合、ひざ下だけの脱毛なら8回くらいで約3〜5万円、太ももから足指までの脱毛だとやはり8回くらいで約10〜15万円です。

足というのは面積が広いために施術に時間がかかります。したがってワキ、顔などの部位と比べると、どうしても料金が割高となってしまいます。

実はサロンでは、全身脱毛の契約についてはかなりのディスカウントをおこなうのが恒例です。ですから、足単独よりも全身脱毛コースを申し込んで施術した方がリーズナブルなこともあります。

その点は、サロンや医療クリニックの公式サイトで判断して下さい。

脱毛の効果はいつ実感できるの?

脱毛効果というのは何回ぐらい施術してもらうと実感できるのでしょうか?

実はサロンとクリニックでは結果が違いますので、それぞれ説明してみましょう。

サロンの場合

足脱毛したいと考えた時、クリニックよりもサロンの方が気軽に出かけられます。有名エステが経営母体の店も多く、キャンペーンを利用すれば相当お安く施術ができます。

サロンに関しては、1回だけの施術ではムダ毛が生えにくくなるといった効果はまず実感できません。

サロンでおこなわれている脱毛方法は、主にIPLというレーザー系の光を使ったもの。毛が新しく生え変わるサイクル(毛周期)に合わせて施術を繰り返すことにより、徐々に徐々に足のムダ毛が細くなったり生えにくくなったりといった結果があらわれます。

とにかく効果が現れるのはゆっくりなので、「少し毛が薄くなった」と感じるためには、最低3回は施術してもらう必要があります。

ほとんどのサロンでは施術と施術の間は2ヶ月ほど置きます。
ですから3回目の施術をおこなうまでには、半年くらいかかるということになります。

クリニックの場合

足脱毛は、医療クリニックでもおこなわれています。

こちらで脱毛に使用されるのはレーザー光。サロンで用いられるIPLよりも照射パワーが強く、より少ない施術で効果があがります。

そのためクリニックで施術を受けると、わずか1回で効果を実感する方もいます。

つまり、脱毛完了を早めたい人にとってはサロンよりもクリニックがベターなわけですが、その代りにデメリットもあります。

それはレーザー照射時の痛みが強いこと。

クリニックによってはあらかじめ麻酔を打つ場合もあり、痛みに弱い人は施術がイヤになるかもしれません。

ただ、クリニックは早く効果があらわれるだけでなく、毛根を完全に死滅されることもできるため、脱毛効果を確実にしたいという人にも向いています。

もし痛みが心配の場合は、最初に足以外の狭い部位を施術するのもいいかもしれません。

足脱毛の完了まではどのくらいの回数が?

効果があらわれる回数については上で述べましたが、ではツルツルの状態になるにはどのくらいかかるのでしょうか?

サロンの場合

サロンにおける足脱毛の終了は、施術8回〜12回が目安だと言われています。

施術は普通2ヶ月に1回なので、およそ2年もの日数が必要となります。

しかし、生まれつき足の毛が太かったり、毛根の再生力が強靭な場合、上の回数では効果が不十分なこともあるようです。
そのようなケースでは、施術回数は14〜18回に達してしまいます。

なお、気をつけてほしいのは、足全体を1万円前後で脱毛するとうたっているサロンです。

こういった店は、施術回数にリミットが設けられていて、大体3回程度となっています。この回数では脱毛効果などほとんど感じられません。しかも追加の施術をすすめられるので、結果的に1万円よりはるかに高額になってしまいます。

サロンで足脱毛をするなら、自分はどの部位を中心に脱毛したいのか、自己処理が不要となるにはどれくらいの施術が要るのか、初回のカウンセリングなどでスタッフに聞いておきましょう。

なるべくなら複数のサロンのサイトをネットでチェックし、事前の下調べをしっかりとおこなっておくことが大事です。

クリニックの場合

サロンよりも効果が早く実感できると言われるクリニックですが、それでも部位がツルツルの状態になるには、ある程度の施術が不可欠です。

平均的な回数を調べてみると、 大体5回から6回。

こちらもサロンと同じように、最初から足のムダ毛が多い、毛が太いといった人は回数が8〜10回になり、クリニックに通う日数も1年を超えることになります。

しかし、サロンと比較すると、期間も施術回数もおよそ2分の1ですみます。多忙なのでできるだけ効果的に脱毛したいという人は、サロンよりもクリニックを選んだ方がいいでしょう。

ただ上で書いたようにクリニックの施術は痛みが激しい上、費用が高いというデメリットがあります。

自分の毛の質、それに費用と効果のバランスを考えた上で、サロンにするかクリニックにするかを決定して下さい。

足脱毛するとブツブツの毛穴が治療できる?

ずっとムダ毛の自己処理を続けている人には、足の表面に黒いブツブツができていることがあります。

これは自己処理のせいで肌のコンディションが悪くなっている証拠です。

自己処理に1番よく使われるのはカミソリですが、肌に繰り返し当てることにより表皮がダメージが加えられ、それを回復しようと皮膚が新しく再生されます。

それが順調に元通りになればいいのですが、運悪くフタのように毛穴にかぶさってしまうことがあります。

そうなると、毛が伸びていっても表面から出られません。埋没毛といって表皮の中で成長し、黒いブツブツのようになってしまうのです。

また、カミソリによってムダ毛を処理しているとどうしても角質層に損傷が残り、最終的にはいわゆるカミソリ負けの症状を呈して、赤いブツブツとなります。

プロによる脱毛なら肌にも優しく、このようなトラブルは起こりません。また、すでに足にブツブツがある状態でも、施術によって自己処理の回数は減少するので、自然に治っていきます。

さらにサロンやクリニックの中には、術後のトリートメントを念入りにおこなうところもあります。
これにより皮膚に水分が供給され、治癒効果もアップします。

自己処理の中止とこの保湿ケアのおかげで、足の肌は施術前よりキレイになるでしょう。

店や医院では肌トラブルについて相談も受け付けているところも多いので、気になることは施術の度に訊ねてみましょう。

おすすめしたいサロンとクリニック

ひざ上、ひざ下といった足のパーツは、ワキの次によく施術される部位。サロン、クリニックともリーズナブルなプランを用意しています。

ジェイエステティック

なるべく安くで足を脱毛したいなら、ジェイエステティックがオススメです。

創業は1979年で、もう40年になろうという老舗です。知名度では、銀座カラー、脱毛ラボ、ミュゼ程ではありませんが、実はメリットの多い店。

足脱毛では、「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」から好きなパーツを選んで施術できます。

また足以外にも、両ワキを12回まで無料で施術してもらえます。

通常コースの料金が他のサロンよりずっとリーズナブルで、回数ごとにアップしていくディスカウント率の高さも大きな魅力です。

さらに肌トリートメントも念入りにやってくれるので、術後の乾燥した肌もしっかりと保湿できます。

まずはお試しコースを体験し、気に入ったら契約して通うのがいいでしょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、クリニックでは他に類をみないほど料金がリーズナブル。足全体コースの料金は5回で92,900円。ほとんどのサロンよりも安いのですから驚きです。

しかも脱毛マシンに関しても、ライトシェアデュエット、メディオスターNexTという2種類をそろえています。

クリニックは脱毛効果が抜群ですが、施術時の痛みが激しいのが大きなデメリットです。しかし、アリシアクリニックで採用されているこれらのマシンは、極力痛みを減らすようにできています。

「クリニックに通いたいけど、痛みがイヤで」という人も、アリシアクリニックなら安心して施術できます。

足脱毛に関するQ&A

Q.施術に出かける時はどんな服装をすればいい?

これはサロンやクリニックによって違います。店や医院によってはガウンが用意してあって、それに着替えて施術します。そういうところではどんな服装でも問題はありません。

そのままの格好で施術を受けるサロンやクリニックの場合は、下半身はショーツだけになり、バスタオルで肌を覆いながら施術してもらいます。

なお、照射の時に専用ジェルを塗る方式のサロンでは、ジェルがショーツについてしまうことがあります。
紙ショーツの用意がない店では、替えのショーツを自分で持ってくると安心です。

Q.色素沈着している肌も施術できる?

4つのサロンと2つのクリニックに質問しましたが、大抵のところは「色素沈着があると施術は不可」という返事でした。

施術時に照射される光やレーザーはメラニン色素にぶつかると高熱に変わります。
そのため、黒っぽい傷あと、タトゥー、アートメイクなどは熱によって火傷状態となる危険性があります。

ただ、リゼクリニックの場合、看護師が目で見当をつけ、危険性が低いようなら脱毛するということです。

Q.肌が乾燥している部位は施術できる?

上記と同じように各サロン、クリニックに質問しましたが、肌が乾燥している部位については施術することができないようです。

というのも、乾燥した皮膚に光を照射すると、重い肌トラブルが起こりやすくなるからです。

また傷がある場合も、化膿を起こすケースがあるので施術できないとのことでした。

以上、足脱毛について様々な情報をご紹介しました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べたように、ムダ毛の自己処理は肌のコンディションを悪くします。
美肌をキープするためにも、自分に合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて施術してもらいましょう。